カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)

  • 465人登録
  • 3.85評価
    • (26)
    • (66)
    • (31)
    • (6)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 緒川千世
  • リブレ出版 (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799725436

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)の感想・レビュー・書評

  • クラスカースト物って避けてたんだけど、すごく面白かった。クラスのキングだった梓が、自分より下だと思っていた刈野に裏切られて最下位層のターゲットに堕とされて色々な標的になるのだけど、階級に屈服しないで噛みつきまくるので重くなり過ぎなくて良かった(かなりひどい目にあうけど)久世×あつむ編では、同じ時系列の話を二人視点からみると・・・・とい感じで面白かったです。それにしても、この学校カースト制度に依存し過ぎてて怖いな。

  • 下調べしたときにエロが多いとのことで躊躇ったものの、スクールカーストがトランプの札によって決まる、とありそうでなかった設定に惹かれて購入。

    イジメのシーンがあるので(カースト下位が上位に虐げられる)、苦手な人は苦手なんだろうな、と。やはり痛々しいので。エロは思ってたより平気でした。
    刈野くんの眼鏡姿サイコーすぎ…(*´q`*)♡
    今後梓くんが報復するのか、このまま懐柔されるのか気になるところ。
    あつむ編の久世くんいかにも裏があるでしょって感じで、、笑顔の裏にある本当の顔的なものが怖いです。。

  • この子たちはいつかちゃんと幸せになれるのかしら…心配だわぁ…(´・_・`)刈野が堕ちるところ見たいなぁ…。恋にだよ?純愛見せろやと。このぐちゃぐちゃからの。(笑)

  • 悪くはないけど読んでてどんどん言い様のない悲しさが込み上げてくるので元気があるときに読む本だなぁと。故に二巻購入に躊躇ってしまう。

  • スクールカーストがカードで決まる世界。
    受ヘイトとか差別ものがあんまり得意じゃなかったけど、リセットありだし、名シェフに調理されると苦手な食材でも美味しく頂けるの見本みたいな作品でございました。
    メガネ君めちゃめちゃ好みやーー!2巻!

  • トランプの札によってカーストが決められた高校。
    キングだった梓は部下の刈野に裏切られ、いじめの対象とされてしまう。
    それでも高潔さを失わない梓が美しい。
    今後、刈野への復讐をしていくだろうことが予想できて楽しみ。
    何となく二人の間に分かりにくいけど愛はあるような気がする。
    特に立場は違えど生まれに苦しんでいるところは、いつか和解できる共通点になるのではないかと思う。

    梓の前にいじめの対象だったあつむは、ジャックの札を取ったのに優しくて良い子のまま。腹黒くてこわ〜い久世に執着されています。2巻の内容になりますが、あつむと梓の絡みがおいしゅうございました。何となく久世と落ち着いて良かったです。後は、二人で梓と刈野の復讐劇を見守ることになるのかな。

    絵が本当に綺麗で、手を止めて魅入ってしまいます。ストーリーも今のところ三人主人公がいて、いずれ絡み合うのかなあと楽しみにしています。
    脇役でもそのうちCPになるのかなあというキャラもいて、わくわくしていますv

  • 刈野くんの気持ちはまだよく見えませんが、恋を知らない男の子の自分でもよくわからない独占欲、いいと思います!!!笑
    今後好敵手な感じでうちとけていくことを期待します!!

  • 梓はカーストゲームで最上級の札[キング]を手にし、クラスの頂点に君臨していた。
    だが、懐柔していたつもりの取り巻きに欺かれ、最底辺の[ターゲット](いじめの標的)に落ち、プライドは粉々に。
    しかも奴は、新キングの座を手にしたのだ。
    クラス全員にいたぶられる梓に「俺に犯されるか皆にマワされるか選べ」と究極の選択を迫り……。

  • 鬼畜攻めのBLは初めて読みましたが面白かったです。
    ただカーストヘヴンの存在を教師は知らないと言ってましたが、口内アナウンスとかしててよくバレないな?と個人的に疑問に思ってしまいました。
    後半の話の方が僕は好きでしたね。

  • 設定が新鮮で気になっていたんですが、
    蓋をあけてみると、やってることは夢見がちな王道ストーリー…という印象。
    うーん、ちょっと拍子抜けでした

  • ▼あらすじ

    手にした札によって、クラス内での自分の階級が決まる。
    これは教師は絶対知らない、生徒だけの秘密のゲームだ。

    梓はカーストゲームで最上級の[キング]を手にし、
    クラスの頂点に君臨していた。
    だが、懐柔していたつもりの取り巻きに欺かれ、
    最底辺の[ターゲット](いじめの標的)に落ち、プライドは粉々に。
    しかも奴は、新キングの座を手にしたのだ。
    クラス全員にいたぶられる梓に
    「俺に犯されるか皆にマワされるか選べ」
    と究極の選択を迫り……。

    ***

    期待通りの面白さで、話題作なのが頷ける内容でした。
    最初、梓(受)が調子乗り過ぎててターゲットになった瞬間はざまぁとか
    思っちゃったりもしたんですが、それでもあまりの扱いの酷さに
    途中から少し可哀想になってきてしまいました…。いじめよくない…。

    全体的に殺伐としていて、特に梓編は愛が無くてまだ
    萌えるとかそういう雰囲気ではない感じです。
    キャラは凄く良いんですけど。でも、まだ長編シリーズの内の
    1巻なので愛が無くても仕方ないですね。これはこれで良いと思います。
    あ、でも憔悴しきっている梓を刈野が優しく扱うシーンは
    ちょっぴり萌えました。優しくするなって泣いちゃう梓も可愛かった。

    ていうか周りに虐げられても、刈野の性奴隷にさせられても、
    屈服もしなければ媚びもしない梓の芯の強さがとても好印象でした。
    健気な受けも好きだけど、こういう強気な受けも良いですね。
    刈野に復讐心を抱く梓が、これからどう変化していくのか凄く楽しみです。

    因みにあつむ編ですが…私は眼鏡受けがあまり好きではないので
    キャラ的にはイマイチだったんですが、お話的には梓編とは
    また違った面白さがあって、続きが非常に気になるところでした。
    何より久世が気になります。だって胡散臭過ぎるでしょ、あのキャラ!(笑)
    一見、穏やかで優しそうに見える分、物凄くあやしいです。
    久世は謎が多過ぎてまだ信用出来ないし、この先、あつむの事を
    平気で裏切りそうでちょっと怖いです。お話的には裏切った方が
    インパクトあるんだろうけど、個人的には裏切らず、
    多少歪んでても良いからこのまま愛を貫いてほしいな、と。
    …どちらにせよ、あつむ編は凄く良いところで
    終わってるので、続きがかなり楽しみです。

    あとがきに最後はちゃんとハッピーエンドにすると書いてあったので
    ちょっと安心したのですが、1巻の雰囲気だけで判断すると、
    「これ本当にハッピーエンドになるのか…!?」って感じなので、
    とにかく今は2巻に期待したいと思います!

    評価については、萌えは少なめでしたが、エロと読み応えは十分あったのと、
    イラストが凄く綺麗だったので個人的にはほぼ文句なしの★4.5です!

  • ゲーム感覚ていうか、ジャンプ的要素ていうか、少女漫画要素ていうか、あまりBLには珍しいヒヤヒヤ感があって好き。

  • 久世くんが不気味…

  • こんな学校あるかよという常識は、途中から吹き飛ばされてこの集団心理に持ってかれそうになる。色々疑問に思うところはあっても追々解決していくかなー。

    鬼畜な攻め、格好いい。トランプのカード一枚で上下関係ひっくり返して受けをかしづかせるのはどうかと思いますが…。これも何か裏があるかもしれんしな・・。

    今のところもうひとcpの方が愛があって好き。だいぶ歪んでるけど…。
    攻メンズ二人とも腹黒くて今後どう転がるか楽しみ♪

  • 好き。痛いし容赦ないしとことん梓が不幸なんだけど、へこたれないしぶとさと下衆さがあるからなんか読めてしまう。緒川さんはやっぱりこれくらい仄暗いほうが好きかな?厨二的な設定なんだけど面白い。対するあつむ編は可愛いくて癒されました。あつむみたいな子はこのくらい甘いほうが萌えます。どっちにしても続きが楽しみです!

  • 一昔前の土曜9時のドラマっぽいw悔しいけど嫌いじゃない。役割に性格引きずられる様とか見たいなあ。これ本当にハッピーエンドになるのかな。

  • 緒川さんのは暗い方が好きなので、ドンピシャ。
    ハッピーエンドになるそうなので、2巻目期待してます。

  • 大丈夫?
    ちゃんとハッピーエンドになる???w

  • スクールカースト制度がトランプのゲームで決まる設定に惹かれて購入。
    いじめのシーンは胸糞悪いですが、お話的にはどうなるの?という感じで楽しめました。
    久世くん、今のところいい人だけど今後の展開でなにかありそうでこわい。

  • 緒川先生は前作のラクダ使いみたいな、ほのぼのした作風の方が好みなんですが
    絵も綺麗だし、お話作りが上手だなと思ってて。

    今回は胸糞悪い話ばかりなんだけどちょっとだけ(ほんとにちょっとだけ…笑)救いがあるのがいい。

    オムニバスとはまた違うのかな?刈野の話はあれで終わりじゃないよね…?評価は次巻までし難いけどとりあえず☆4つで。

  • 高校のクラス内での、容赦ない階級制度を軸としたストーリーでした。
    カーストの成り立ちが自然発生じゃないんですよね。手に入れたカードによってゲーム感覚で決まっちゃうところが、面白くて恐ろしいです…
    BLジャンルで言えば、主従、下克上、鬼畜攻などがぴったりくるかんじで、私的には最初のcpの刈野×梓の関係は痛いけど好物だったりしました。昨日のキングが今日のターゲットです。
    梓はいかにもキング様らしい傲慢な態度だったから、とりまきも実は敵だらけでしたね。でも梓はターゲットとなってもへつらわず矜持を捨てずに、自分を陥れて思い通りにしている刈野にあくまでも強気で立ち向かっていきます。その頂点でも底辺でも変わらない強さがとてもいいです。
    刈野の鬼畜加減がハンパないですね。愛はあるのかな…?
    「俺に犯されるか皆にマワされるか選べ」と究極の選択を迫った時にはひょっとして執着ヤンデレかと思ったけど、なんか梓への態度が恨みでもあるくらいの勢いなので、今のところキツいですね。糖分不足です…
    でも、だからこそどう二人の関係が展開していくのか激しく妄想させられてしまいます。続きが楽しみ。

    もうひとつのcp、久世×あつむの話もよかったです。最初の話とうまくシンクロしていて、ストーリー構成が絶妙。梓の殺伐とした逆転劇の裏側でこんな優しすぎる下克上があったとはwww
    でも、久世はかなりのタクラミ系ですね~
    ただ、優しいんじゃなさそう。
    臆病なあつむがいちいち怖がる反応がかわいかったです。久世に優しくされればいいよと思うけど、簡単にあの腹黒にとって食われそうですね。こっちもこれからの展開が気になります。

    希望的妄想ですが。
    受に酷い事をした腹黒攻はけしからんので、一度ギャフン(古!)となればいいですよね。

全21件中 1 - 21件を表示

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)はこんなマンガです

カーストヘヴン1 (ビーボーイコミックスデラックス)のKindle版

ツイートする