艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)

  • 61人登録
  • 4.35評価
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岩本薫
制作 : 北上 れん 
  • リブレ出版 (2015年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799725566

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はぁ、納得の一冊!
    もちろん予想通りのラストではありますが、そこまでにいく過程が読み応えあり飽きずに一気読みでした。
    自分の気持ちに気づき迷いながらもアーサーと共にいる事を決意する峻仁、またアーサーも仲間と戦い傷ついてまで峻仁を守りぬく… そんな2人の姿が良い!
    これから家族で大いなる自然の中幸せに暮らしていくんでしょうね。
    三つ子ちゃんの絵が見たかった~。
    次はキヅの番かな? あと一人群れを去っていったエドガーが気になる! 彼の話もちょっと読んでみたいと思った。

  • 大好きな人狼一族とその"つがい"たちの『発情』シリーズ。
    前後編なので
    『艶情・王者の呼び声』
    『艶情・つがいの宿命』
    まとめて一気読みヾ(≧▽≦)ノ

    今回は『欲情』カップルに生まれた双子の弟・峻仁(高校一年/16歳)と
    因縁がある英国のゴスフォード家の人狼・アーサー(37歳)のお話。
    存続の危機に瀕した英国の人狼・ゴスフォード家は
    日本の人狼で女体化可能な「イヴ」である
    迅人の息子、双子の弟・峻仁を拉致、監禁、そして…。

    前半愛が全くないような感じがするが
    そこは"つがい"の話なので後半安心して読める。
    お互い"つがい"と自覚し愛を知る。
    ラストのモフモフが萌え (〃艸〃)ムフッ

  • いやぁ、アーサー目線のお話部分がたまらなかった!一気にグッときました。このもふもふ…もっともふもふ読みたい!

  • memo: 初回限定書き下ろし小説ペーパー&オリジナルブックマーク封入、コミコミ特典イラストカード

全4件中 1 - 4件を表示

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)の作品紹介

峻仁を圧倒的な力でねじ伏せ、監禁し、陵辱した人狼一族ゴスフォードの長・アーサー。このままだと妊娠してしまうかも…そんな不安にさいなまれる一方で、峻仁は敵同士でありながら、屈強で雄々しく、リーダーとしての魅力に満ちたアーサーと惹かれ合ってしまう。だが、そんな二人の前にゴスフォードの他の人狼が獰猛に立ちふさがり…!?

艶情 つがいの宿命 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする