カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)

  • 314人登録
  • 4.03評価
    • (31)
    • (36)
    • (18)
    • (2)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 緒川千世
  • リブレ出版 (2016年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799729458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)の感想・レビュー・書評

  • 今回はあつむ君の葛藤と成長がメイン。梓との絆もできました。心だけでなくてね…。エロなんだけど苦しくてね、シーンでした。
    カースト制度を知らない外部の人間の教育実習生が。今後出てくるのかは分からないけど、あいつ本当に嫌なやつだな~。

  • 隙あらば、刈野を陥れようとする梓ほんと可愛くない(だがそこがいい)でも素直じゃないけど母親思いだよね、彼。なんとなく梓とあつむは、梓が素直になれば仲良くなりそう・・・?まぁ周り(刈野と久世が黙ってないだろうけど 笑)
    あつむが久世を理解するのが唐突な気もしたけど、ラスト自分の意思をきちんと持てるようになったのが良かった。でも結局このカースト制から逃げ出せないのか。あと久世くんあつむ前でめっちゃぶりっ子w
    学校に外の人間である教育実習生がきて、最終日にこのクラスの異質さ階級ゲームに気付くんだけど自分も参加したいと願望を持つ側の人間でゾックとした。刈野兄はいきなり弾けちゃって驚いた(笑)彼氏の仙崎もなんかすごいけど

  • やはり久世くん怖かったーーー
    あつむくんが本能的に感じ取っているのは、まちがいではない。あつむくんが小動物にしか見えない……
    と今回は前巻からの続きで久世くんとあつむくんがメインの回。
    初っ端からエロくて、お、おう( ˆ꒳​ˆ; )と言った感じ。これだけじゃなく下位者が上位者に虐げられるシーンが多い&攻めが相変わらず歪んでいるとわかるシーンが多くて、苦手な人は苦手だと思うので注意⚠️ 後味のすっきり感はないです!
    やはり刈野くんと梓くんが気になる…!けど次巻は最後に出てきた仙崎くんと巽くんがメインになるのかなあ。

  • 【友借り本】登場CPが増えた。相変わらず歪んでいびつな関係に成り立ってる。仙崎×巽の行く末が一番気になる。

  • 新たなカップルが現れた。受け全員愛でたいなぁ…攻めの奴らイカれてる(いい意味で)から、ほのぼのしたくなるよねぇ。いや、この殺伐感大好きなんですけどね。

  • 今回も面白かった!受け同士が心を通わせてる描写にきゅんときた。身体も通わせていたけれどw あつむはほんとに良い子だなぁ でもやっぱりめげない梓が好きです。下剋上された上のさらなる下剋上を期待します!

  • ▼あらすじ

    あつむはクラスの最底辺(いじめの標的)として、辛い毎日を送っていた。
    だが、憧れの存在である久世に救い出され、ハイクラスの「ジャック」となった。
    久世から与えられる快楽に溺れ、違和感を覚えるも抗えない。
    「本当の君は何?」あつむの問いかけに対し、久世は――…。

    ***

    待望の第2巻!!!カーストヘヴンは読むと精神的にかなりやられるので
    覚悟して読んだんですが、もう初っ端から嫌な予感しかしないし、ハラハラするしで
    面白いんだけどメンタルがゴリゴリ削られて行く内容でした…(笑)
    2巻は1巻を上回る勢いでハードでしたね…うん。間違いない。
    1巻は大丈夫でも、2巻は駄目って人、多いような気がします。

    特に私は例の3Pシーンがショック過ぎて心が折れかけました…。
    あつむと梓の間に仄かな友情が芽生えたと思って喜んでた矢先に、ですよ。
    まさに上げて落とすって感じのシーンで、もう見てられないって感じでしたね…。
    ここはとにかく攻めが下衆レベルの容赦の無さ(特に刈野)で、
    読んでいて怒りすら沸くほどでした。何でコイツこんな最低なんだろうと。
    それでも、この時の梓が対応が凄く男前だったので本当に、それだけが救いでした。
    壊れてしまったかのようにボロボロと涙を溢しながら
    「もう誰とも仲良くしない。しないから」と呟くあつむを目の前にした梓が
    抵抗するのを止めて「こんなこと屁でもねえよ。来いよ、あつむ」と、
    あつむを受け入れる姿勢を見せたのがもう本当に…本当に素敵で…!!!
    これが無かったら胸糞悪いなんてもんじゃなかったですね。

    まぁ、でも…久世が本当にあつむの事を好きだった点は少しホッとしたかな。
    2巻を読むまで、久世の事を全く信用してなかったので…(笑)
    勿論、裏があるキャラなのは確かなんですが、物凄くヤンデレなだけなんですね。
    あつむへの強い執着心は、幼少期のトラウマが原因だって事も分かったし、
    色々あったけど最後は依存するような形じゃなくて、ちゃんと対等な
    関係になってくれたのが良かったかな。最初は久世のせいであつむが
    闇堕ちするんじゃないかと思ってヒヤヒヤしましたが…(笑)
    とにかくこれから先、久世があつむに酷い事することはまず無さそうなので一安心。

    あと、最後に新しいCP、仙崎×巽のお話が載っていましたが、
    これがまた凄い衝撃的な内容(良い意味)で、今のところ一番好きなCPかもしれません。
    簡単に言ってしまえば不良と優等生のお話なんですが、何が衝撃的って
    仙崎のキャラですよ…!!ピアスに刺青、サングラスに胡散臭い話し方。
    おそらく今まで出て来たキャラの中で一番強烈であろう個性を放つキャラで、
    彼の訳の分からなさに物凄く惹かれてしまいました。安全ピンで乳首にピアスの穴を
    開けるシーンは流石にヒエッ…となりましたが、優等生だった巽が最後、仙崎の為に
    見た目は勿論、今まで守り続けてきた階級まであっさり捨てたのにはグッと来ました。
    仙崎はまだ謎の多いキャラですし、この二人が今後どうなるのか、
    展開が全く予想出来ないので続きが非常に気になります…!!

    2巻は1巻に比べると、後味の悪いシーンが多く、甘さも控え目なので、
    駄目な人は駄目かもしれません。私的にもどちらかと言うと苦手要素の方が
    多い作品ではあるのですが、その分、読み応えは1巻よりあると思いますし、
    何だかんだ言いつつも最後まで凄く楽しめたというのが正直な感想です。
    何より梓の事がこの巻で凄く好きになったのと、最後に気になるキャラが
    出て来たので3巻の発売が一層楽しみになりました。早く続きが読みたい…!!
    評価は★4.5という事で!^^

  • 学園下克上2巻目。
    エロ濃度がどんどん上がっていて、ドキドキさせられました。ドラマCD化決定なんですね…

    久世とあつむの話の続き、思ってた以上のエロ展開でした。臆病でビクついて毎日を過ごしていたあつむが、久世によってついに快楽に目覚めてしまうことに…
    もっと先かと思ったら、冒頭ですでにあんなことやこんなことをw
    めちゃくちゃエロかわいいです。

    あつむの抑圧されていた感情が一気に解放されたかんじ。久世との関係ができたことによって、素直な自分の気持ちを周囲に出せるようになったのはほっとさせるところです。
    久世を独占したくなったり、友達関係を築きたくなったりと以前とは歴然とした変化が感じられます。
    でも久世から見たら、保護して独り占めしておくつもりだった相手が、梓と仲良くしたりと徐々に強さを身につけだしたら面白くないわけで、とうとうブラック久世が出現w
    丁度相変わらず強気で従わない梓にイラつく刈野と利害一致で、とてもエロいお仕置き合体にww
    この3P(4P?)Hに萌えました。
    でも、あつむは自分だけじゃなく梓までも傷つけた久世たちの行為に怒りの抗議です。
    本当に弱いのは、実は久世の方だったのかも。そんな久世に対して、自分の本音や快楽に弱い本性もすべてさらけ出し、ありのままの姿でぶつかれるようになったあつむです。ちゃんと嫌なことは嫌だと主張する成長ぶりが、まぶしかったです。
    これからは互いに相手を大事にして、いい関係を築いてほしいです。

    刈野×梓編では、正義を振りかざしながらダークサイドへ堕ちる的な、キモウザい教育実習生が登場。今後絡んでくるんでしょうか?こわい。もう充分ですw
    …こちらもかなり煽られるエロ展開でした。

    新しいcpの仙崎×巽編が、今回一番ダーク&ハードで激萌えでした…!
    ちょっとフィジカルに痛いけど、色気がハンパなかったです。
    優等生と不良の典型でありながら、びっちなの??とびっちに見せてるの???と気になる巽のせいで、この二人の関係から目が離せません。
    それに仙崎と巽は学園カーストだけじゃなく、社会的にも対極ですよね…
    禁断の関係ってドキドキします。仙崎の刺青が高校生とは信じられないくらい曼荼羅曼荼羅しててww衝撃的。
    巽がこの先どうするのか、非常に気になります!

    激しくガン見、繰り返し読みしてしまいました…www
    一刻も早く、続きプリーズ!!

  • あつむくんの人間らしさにきゅん。そして久世くんの意味わからん感じにきゅん。えろがかわいい。刷り込み最高です!!!
    そして何よりもきになるのはバッドボーイのお二人ですね。痛い系はあんまり好きではないはずなのですが…!笑

  • 怖い。怖いのに目が離せない。

    今巻メインは久世くんと日下部あつむ。
    優しさの仮面を被ったイケメンくんとおどおどしているばかりの眼鏡くん。久世くんがどうしてあつむに?ということが紐解かれていくのですが…。

    うさぎのようなあつむ。守ってあげたいと思う久世くんが優しさだけでない怖さも持っていて。どれが本当の久世くんなのか、どれが本当のあつむなのか。あつむが徐々に強さを持ち始めていくのが嬉しく思える反面この後の久世くんが怖いと思ってしまう。

    一巻メインの梓くん、相変わらず孤高ですが心が強い。折れないでいるよ、健気です。
    キング刈野は親の地位もあってか、カーストゲームを遊んでいるけれど、大丈夫かって心配してしまう。
    梓くんを狙う新キャラ登場。← てっきりボコボコにされるのかと思っていたけれど違いました。梓くんが危険な目に合いそうな予感。 そしてキング刈野が関わるんじゃないのかしら。
    続きが気になります。

    一つ上の刈野の義兄 眼鏡優等生巽と仙崎の二人の始まりの話。巽くんは黒髪眼鏡優等生くん。
    一巻では黒髪だったのかな? 髪色抜いてた? 記憶ないです、ごめんなさい。


    緒川先生の眼鏡さんの目元が好き。
    キリッとしている時も蕩ける時も。


    「誤算のハート」とは全く違うダークな話ですが、心の闇と強さを感じられるからなのか一気に読まさせられました。

    CD化決まりました。

  • あつむが頑張って梓と友だちになろうとしているところに癒されるのに、久世くんがこわい。
    そして梓に心を奪われるキャラが新たに登場。
    不穏な空気のまま続くので気になる。
    仙崎と巽の話は、優等生×不良なのでとても好み。

全12件中 1 - 12件を表示

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に登録しているひと

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)はこんなマンガです

カーストヘヴン2 (ビーボーイコミックスデラックス)のKindle版

ツイートする