グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)

  • 77人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 本仁戻
  • リブレ出版 (2016年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799730263

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)の感想・レビュー・書評

  • 2016年。劇画タッチ耽美。続くのか…

  • 淫靡 禁欲 背徳 耽美 執事 貴族 スーツスーツスーツ!本仁先生の完璧な絵と重厚な背景。耐えることこそが愛…キスもしないのに視線と言葉、触れ合う指先でこの上なくエロい関係の二人。子爵須蛾がその性癖により美貌の執事コンラートを阿木乃男爵に犯させ、それを見て悦しむシーンもあったりと常人には理解できない二人の深ーい愛の世界にどっぷりと浸れる一冊……

  • この主従は破滅願望なんでしょうかね。耐えることが美学のどっちもMカポーなんでしょうかね。読むのにこっちの精神が酷く消耗します。でも先生の中で完結してるのだったら大人の事情ものともせず世に出してくださいよ。

  • 最高に退廃的でデカダンス背徳的でお耽美。これらのワードが好きな方なら確実にハマる。本仁さんの絵柄が芸術的なまでに美しい。ただ愛する相手の痴態を見るという行為が、どんな濃厚なセックルをするよりも淫美でいやらしくて鳥肌がたつほど萌えました。コンラートの狂気的な美しさ、それを歪んだ愛情で支配する須蛾子爵、倒錯的な主従と罪の共有の果てにあるものは…。その世界の続きをまだまだ知りたい。是非とも続きを出版して頂きたい。

  • 美しい絵柄。久々の本仁センセの新刊は、子爵と執事の元祖耽美系で禁断愛の真骨頂と言える、華麗でオドロオドロしたストーリーでした。
    かなりの年月をかけて、アンソロなどで描きためていた作品のようで、話がこの一冊では入りきらずぜひ2巻目を出したいと切望されている模様…w
    出版する側にもいろいろ事情があるんですね。
    ここまで読んだ内容を覆してしまうようなものすごい展開があるということで、ぜひ続きを読んでみたい!と思います。

    須蛾子爵にはいろいろ驚かされました…
    主従関係の「あるじ」として完璧なルックスと傲岸不遜さを備えていて、ずっとこの印象が変わることはないと思ってたけど、最後にびっくりした…
    他人のセックスを笑うな、ってよくいうけど、須蛾の性癖には根深いものがありますね。

    コンラートはクールで大変ストイックな美貌の執事。
    でも、プラトニックラブとはちょっと違う…
    隠微で背徳的な何かがダダ漏れてる人です。
    絶対、幸せとかラブラブが似合いそうにないタイプww

    ぱっと読んだだけじゃ、デカダンスな雰囲気だけの話にしか受け取れない難解さがあるんですよね…
    エロ的には、濃厚で隠微でドキドキ感MAXにさせられます。背徳感バツグン!
    特に阿木乃男爵が絡んでからの3Pは圧巻です。
    久しぶりにこんな風にいやらしいHに遭遇したような…
    ただし、ちょっと古風なので、美しいけど懐かしさで胸アツになるという複雑な気持ちになりました。
    須蛾とコンラートの会話が本当に深くていちいち考えさせられるものがありました。含むものがハンパないです。
    こんな重みがあるセリフを連ねることができるのは、さすがだなと思ってしまいました。

    もっと続きが読みたいと思わせるに足る内容の作品でした。続きプリーズ!

  • 耽美だよなあ。ん〜、一回読んだだけでは理解しがたい。

全6件中 1 - 6件を表示

グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)はこんなマンガです

グラン・ギニョール (ビーボーイコミックスデラックス)のKindle版

ツイートする