孤島の鬼 (ビーボーイコミックスデラックス)

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 環レン
制作 : 江戸川乱歩 
  • リブレ (2017年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799733509

孤島の鬼 (ビーボーイコミックスデラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼あらすじ

    江戸川乱歩の長編最高傑作衝撃のコミカライズ!!

    貿易会社に勤める普通の青年・蓑浦金之助は
    学生時代から諸戸道雄に求愛され続けていた。
    諸戸は、金之助の許嫁・初代に対して求婚してくる。
    そんな中、初代は何者かに殺されてしまい!?
    初代を殺した犯人は!?
    そして諸戸の狙いとは――!!

    ***

    原作も環レン先生の作品も大好きなので迷わず購入しました。
    正直、あの長編小説を一冊でまとめるのは無理があるだろうと思っていたのですが、
    なかなかどうして上手くまとまっているじゃありませんか。

    確かにページ数の関係でストーリーは全体的に駆け足気味だったと思います。
    端折ってる部分もあるので説明不足な点、分かりづらい点があるのも分かりますし、
    特に後半からラストにかけての怒涛の展開は「孤島の鬼」の見所でもあるので
    もう少しじっくり描いて欲しかったという不満も少なからずあります。

    ただ、それでも読み終わった後に「面白かった」と真っ先に思うくらいには
    楽しく読めましたし、何よりラストのアレンジが素晴らしくとても胸に沁みました。
    原作のラストは読者を突き放すイメージで読み終わった後に呆然となりましたが、
    こちらのラストは原作に沿いながらもじんわりと切なさが広がるような良い終わり方で、
    そこだけ何度も何度も繰り返し読んでしまいました。
    最後にやるせない気持ちが残るのは原作の時と変わりませんが、
    それでも原作よりも良い終わり方だと私は思います。

    あと、やっぱり絵柄がとても良かったですね。
    「孤島の鬼」の世界観にぴったりな絵で、雰囲気もかなり出ていたと思います。
    何より諸戸のビジュアルがイメージ通りで大変感動しました。
    蓑浦に劣情を向けるシーンも原作のイメージを崩し過ぎず非常に魅力的に描かれていて、
    洞窟のシーンは「いいぞ、もっとやれ!」状態でした(笑)
    (因みに原作ではDキスまではしていなかったはず…笑)

    それに諸戸の父親と母親についても、あの醜悪な見た目のキャラクターを
    よくここまで表現出来たな、と感心しました。
    私は原作を読んでもぼんやりとしか想像出来なかったので、
    環先生の絵で「これだ!」とピントがハッキリした感じです。

    …とまぁ、原作を読んでいるからこそ色々な発見や感動があって
    楽しめた部分もありますので、もしかしたら原作を読んでいて、
    尚且つ原作が好きな方の方が楽しめる作品かもしれません。
    私も原作を知らずに読んでいたら、ストーリーについては
    物足りなさや説明不足感を感じると思いますし、
    何より蓑浦に対する怒りと諸戸だけ死ぬ救いのない展開に
    感動よりもまず後味の悪さを覚えていたと思います。
    (現に私も初めて原作を読んだ時は後味悪過ぎて数日間落ち込みましたから…笑)

    ただ、原作を読んだ上での感想としては所々引っ掛かりを覚えつつも
    個人的にはかなり満足した作品でしたので評価は★5です。
    環先生が「孤島の鬼」を手掛けると知った時から期待はしていましたが、
    期待以上の素晴らしい作品でした。
    死ネタは苦手ですが、原作共に何度でも読み返したい作品の一つです。

  • 大型本でもない一冊の単行本にまとめるのは無理があると思ったが…かなり急ピッチで物語が進んでいきます。この物語をこの漫画で知る人は置いてけぼりくらわないかな?と思ってしまう。
    絵はちょっと表情が少ないとは思うが割りと合っている気がする。
    孤島の鬼の単行本化されたものは漫画によってラストの描き方が違ってて面白い。それを見比べるのも楽しみの一つでした。

全2件中 1 - 2件を表示

環レンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
松本 ミーコハウ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする