むすんでひらいて 6 (BLADE COMICS EDEN)

  • 140人登録
  • 3.97評価
    • (9)
    • (16)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 水瀬マユ
  • マッグガーデン (2012年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800000224

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

むすんでひらいて 6 (BLADE COMICS EDEN)の感想・レビュー・書評

  • 5、6巻読了。
    高校恋愛オムニバス。ゆるゆるビバヒル青春白書か。
    で、こういう青春はどこで売ってたんですか?(笑

  • 夏ちゃんが天使すぎる青春恋愛オムニバス第6巻。

    うっかりすると河童に全てを持っていかれそうになるけどこれはギャグ漫画じゃない、恋愛漫画だ。

    新キャラ栗原くん、そうかあの時の彼か。よくあの超脇役を主役にお話を書けるもんだ。そして舞お姉様と天使夏ちゃんはやっぱり素敵。人気投票1〜2位は伊達じゃない。

  • 今巻は、朝木日摩裏/栗原春雪×橘柚/牧原理央...のお話。
    柚の策略が裏目に出て、日摩裏は男性恐怖症を克服しつつあります。広呂とのハッピーエンドに一歩前進?
    一方で傷心の柚は、まさかの再登場(初登場は3巻12結び「柚のなの!〈前編〉」)・栗原と、新たな関係を築けそうな予感。舞お姉さまのお言葉(117-120頁)は身に沁みますね*
    ラストは、友情と初恋に揺れて苦しい理央の話。でも夏も人が善いもんだから、心とは裏腹に明智と理央の世話なんか焼いちゃって…悪循環というか自分で首を絞めてるというか、切ないです。明智から動いてくれることはないんですかねぇ~?やっぱ、西野くんに夏を救ってもらうのを期待するしかなさそうかなぁ。
    次巻は、この切ない三角関係の結末に注目です。

  • ずっと食べごろの果物のような、みずみずしさと甘酸っぱさ持続中の7巻。恋愛感情は人間関係の現れだなと改めて感じるし、だからこそ自分の壁を乗り越えられるのかもしれない。トラウマを克服した日摩裏、一歩踏み出した春雪や柚の姿にグッときた。
    次巻では夏と理央だろうか。どうやって乗り越えるのかな……?

  • 柚ちゃんひとり報われないのかとおもったらちゃんと柚ちゃんのこと考えてくれてる人がいてよかったほんと柚ちゃんかわいい

  • 報われないけれど好きなんだから仕方ないっていう姿勢が好き

  • ゆずゆず可愛いよゆずゆず。

全8件中 1 - 8件を表示

むすんでひらいて 6 (BLADE COMICS EDEN)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

むすんでひらいて 6 (BLADE COMICS EDEN)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

むすんでひらいて 6 (BLADE COMICS EDEN)のKindle版

ツイートする