魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)

  • 127人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 木下さくら
  • マッグガーデン (2013年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800000972

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木下 さくら
有効な右矢印 無効な右矢印

魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻アニメイト特典ペーパー

  • 揚げナス犬…いや鳴神くんの笑顔なー;;; 若い神の中ならモージ派w
    このまま次々と女の子たちが死んでくだけじゃないよね~…??(´・_・`)

  • “「ちょっと——ロキくんっ
    ブラックキャット捕まえないで何偉そうにふんぞり返ってるわけ!?」
    「え、いやふんぞり返ってないし…
    しかも甘栗むいてんのって偉そうに見えなくないか?」
    「怪盗なんて探偵が活躍する絶好のチャンスなのに!!
    このまま放っといたら巷で噂の正義の味方 魔法少女リリィにお株奪われちゃうよ!?」
    「しかし本当なのかね正義の味方って…都市伝説じゃないの?
    しかものこのご時勢に怪盗なんて胡散臭い事する奴なんて…
    ん…待てよまさか…」”[P.62]

    甘栗のシーンのロキくんの顔で思わず笑う。
    死んだ女の子達が次にどうくるか。

    “「ラグナロクは我々の運命だ
    そしてその先に真の夜明けがある
    お前も滅びる運命にあるのだよヘイムダル
    どうせ滅びるのならば憎いアイツを苦しめながら殺したいと思わないか?
    奴を…ロキをこの深く暗い洞窟に縛りつけ 蛇の猛毒を滴らせ
    悶絶の中で息絶えさせるのだ…
    どうだ お前も私と手を組まないか」
    「オレはオレのやり方で奴と決着をつけてやる」”[P.122]

全4件中 1 - 4件を表示

魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)はこんなマンガです

魔探偵ロキ RAGNAROK ~新世界の神々~ 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)のKindle版

ツイートする