小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)

  • 415人登録
  • 4.15評価
    • (39)
    • (41)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
制作 : Production I.G×ニトロプラス 
  • マッグガーデン (2013年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800001412

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ところどころアニメと異なる場面があったが、気になるほどではなく、これはこれで良いかもしれないと思えた。特に、六合塚が朱をかばって負傷するところなどは、アニメであまり派手な見せ場がなかった六合塚がちょっと目立ってくれたので。でも、征陸さんと槙島の攻防はやはりアニメの方がいいように思う。

    また、槙島の「そうか、君は…」が無かったこと、朱が潜在犯を「同じ人間だけれど」と表現するのが省かれていたのが残念。

    狡噛さんと槙島の決戦の場面は、アニメでは動きが速くわかりにくかった部分を補って解説してくれていてありがたい。ボーナストラックをつけてくれたことも評価。

    アニメの内容からして面白い作品なので、小説としての評価ではなく作品としての評価ならば満点。少し誤字が目立ったような。

  • 実際はゼロとの特装版。

    上巻と同じく脚本のト書きにプラスアルファなかんじかなあ、ていう印象でした。あと誤字脱字目立つな~。
    内容は上巻の3話と違ってほぼアニメ通りで、地の文でキャラの心境とか(特に16話終りとか、その辺)、おそらくアニメの尺でカットになった部分(青柳監視官と神月執行官とか、21,2話の弥生ちゃんとか)追加になってるのでそのへん少し印象が違う感じ。

    あと狡噛さんの対あかねちゃんへの仕打ちが割増でひどい気がするのは気のせいかとか……(笑)(アニメより利用している感じが強め)その辺は虚淵さんと深見さんと、塩谷監督の解釈の差なのかな、と思うけど。
    22話はアニメ版でほんとうによかったですありがとう。特に槙島と朱ちゃんの辺り。最後の狡噛さんと朱ちゃんのシーンもアニメでよかったなあ、と思いました。交わす言葉が少ない方が、らしい気がする。
    深見版だと、誰もかれもちょっと女々しくなる? のかな……。

    あと朱ちゃんマジで状況的に先がないので、外野の状況が少しでも変わるといいなあと思います(多分内野からは無理な気がする。せいぜい関係者だけどちょっと距離のある弥生・志恩・美佳辺りが事情を把握しないまでも、ちょっと荷物を下ろす手助けしてあげれば違いそう)
    ほんとにある日突然ぽっきり折れたらそのまま死んじゃいそう。こわい。

  • 上巻も含めての感想。
    最後まで飽きることなく読めた。
    最初はなかなか登場人物が頭に入ってこなかったけど、最後には各キャラクターに愛着が湧いてきた。
    何が正義かわからなくなるけど、こんな世界、本当に来るかもって考えてしまう。

  • アニメでははっきりと描写されていない赤い本がサドの『悪徳の栄え』だったことに小説を読んで初めてわかる。過去のエピソードが加わっているのもよい。ただ、弥生の過去エピソードが削られている理由は気になる。小説になると引用されている古典作品が何なのか分かってより楽しめるし読書家冥利に尽きる。

  • 正義とは何で、何を基準に悪とするのかを考えさせられました。

    とても、面白かったです。

  • アニメの忠実なノベライズ。アニメ同様楽しめた。

  • いろいろ気になるけど、終わった。
    面白かったけど、シビュラシステムみたいなのあったら仕事楽になるかな。

  • 読了。

  • 途中まで読んで埋もれていた…そして何があってもカガアカなんだなーと生暖かい気分で読み終わった、大丈夫か自分。

  • テレビアニメは視聴済み。
    宜野座と狡噛の出会いであったりTVシリーズでは描かれなかったエピソードが面白かった。
    槙島が何を考えていたのかという胸の内も少し垣間みる事ができてそれもまた興味深かった。
    なんというか様々な人間関係が抱える機微が巧く絡み合ってそれぞれのキャラクターを作ってるのだなぁと思えるのがまた面白い。
    嫉妬だったり羨望だったり、似た者同士故の愛憎であったり…。
    続編に期待です。

全24件中 1 - 10件を表示

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)の作品紹介

人間の心理状態や性格的傾向を計測した数値、通称"サイコ=パス"によって、罪を犯す前に潜在犯として裁く、シビュラシステムによる絶対のルールが破られた。社会の秩序を覆したのは、犯罪に手を染めてもなお、犯罪係数が上がらない-犯罪者として裁けない犯罪者・槇島聖護。次々と起こる猟奇的な連続殺人を影で操り、狡噛慎也が3年前に起きた標本事件でその名を目にして以来、監視官から執行官に堕ちてまで手がかりを追い続けていた男だった。刑事課一係で唯一、槇島と対峙し、数値で計れない悪意と友人の死を目の当たりにした監視官・常守朱は、大きなショックの中、彼を捕らえようという気持ちを新たにする。しかし、槇島は次なる大きな仕掛けを実行に移そうとしていた-。TVアニメ共同脚本家が自らが筆を執り、第2クール第12話〜第22話を描く公式ノベライズ下巻。

ツイートする