あまんちゅ!(6) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

  • 646人登録
  • 3.97評価
    • (40)
    • (53)
    • (36)
    • (4)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 天野こずえ
  • マッグガーデン (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800001474

あまんちゅ!(6) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダイビング部のきらめく青春の日々に今回もにっこり。
    ドライスーツのおねだり交渉がとても可愛い♪
    経済状況や教育方針は家庭によって違うよね。比較してはいけないのだ。
    それにしてもぴかりのドヤ顔がたまらなく可愛い‥

    そして文化祭!
    学校に泊まり込める前夜祭いいなぁ。
    そして前夜祭に現れる「大人になりたくない子供を連れていくおばけ」、ピーター。
    なんか懐かしいなぁ。
    というか、今まで気付かなかったのだけど、初期作品とリンクしてる??
    というか、先生の名字が火鳥!(何をいまさらですが‥)
    ぎゃー!

  •  体力測定とうつぼ遭遇譚、そして文化祭前夜譚という日常+αだけで、つまり物語を大きく進めなくとも面白いのは流石である。

  • 学校描写多めかな? これはこれで。

  • 「前夜祭」「永遠の国」を読んでいるとARIAを思い出す。この作者のちょっと不可思議な物語は後味が悪いものがないのでいい。

  • 3~6巻

    ポロリしなくて本当によかった…!
    5巻?のイニシャルGやバスの怖い話でも思ったけどよくある題材でも天野さんが描くとこんなになるんだ!という驚きがいつもある。穏やかででも神秘的(底が見えない)なすぐそばにある世界をいつも全力で描いてるというのが素敵。

  • 夏から秋に

    【内容】
    新キャラ「こころ」とタコとウツボ。
    文化祭に現れるピーター。
    各自のドライスーツを。
    ピカリに恐ろしい悲劇が・・・。

    【感想】
    ここのとこテコが主人公って感じやったけど、この巻はピカリが主人公な感じ。
    こっちの方がバランスいいかも。
    (2013年08月16日読了)

  • ドライスーツの採寸や、ピーター。後ぽろりもあるよ。
    瞬間瞬間がきらきらしているけど、決してその場にとどまり続けるのが最上じゃないんだ、と。
    過去から引っ張るものとしての幽霊とそこに行かないという結末のための幽霊。

  • 毎度同じことを言っている気がしますが、凄く心が洗われますねぇ。
    ちょっと不思議話があったり、変わった知識が入ったりと物語的にも面白いですね。

  • 負けず嫌い。こころちゃん。文化祭と弟。温泉丸。

  • でましたよ。

    ほんわか郷愁誘いながら、背筋ぞくぞくさせるお話。
    ピーター。

    ARIAの喪服の女性の話でも感じたけれど、この人のホラーな話って、するっと、心の隙間に怖さが入り込んできて、とてもいやです。

    いや、好きなんですけどね。こわいんですよ。

全25件中 1 - 10件を表示

天野こずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天野こずえ
羽海野 チカ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印

あまんちゅ!(6) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする