花患 (アヴァルスコミックス)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 木梨るなむ
  • マッグガーデン (2015年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800004031

花患 (アヴァルスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 植物に寄生される病気「花患」を治療することができる樹木医、樹が主人公。花患の原因となる種は雄の種であることから、治療する者は花患の患者が分かるよう若くして品種改良された雌の種を飲む。
    雌の種に惹かれる花患の患者は治療者に恋をしているような錯覚に陥ってしまうらしいが、完治すると種と一緒にその気持ちは消えてしまうらしい。そう説明する樹が過去に傷ついたことがあると匂わせているが、謎なまま。全てを解決するわけではないが、シリアス過ぎずに平和に終わる。
    物語の最初に登場する患者の男の子がストーリーの中心人物となるため、BL的な表現があるため「男同士で友人以上恋人未満…かな?」程度が大丈夫だったら読めると思う。

全1件中 1 - 1件を表示

花患 (アヴァルスコミックス)はこんなマンガです

花患 (アヴァルスコミックス)のKindle版

ツイートする