小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

  • 63人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 深見真
  • マッグガーデン (2016年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800005526

小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 劇場版のノベライズ。
    劇場版に少し追加があったので、これは読んでよかった。

    これまであんまり霜月監視官の心情が語られてなかったので、1期から想像するしかなかった部分が小説で少し書かれていて良かった。
    アニメや劇場版を見た時よりは、ワケが判らずに、ちょっとイラっとする人、と言う印象が薄まった気がする。
    (声優さんとしては、キャラがこれだけ悪印象と言うのは演じてて大変だったろうと思ってみたり。でもそれだけ思わせたってのは、凄く上手いって事だと思う)

    あと帯に、ギノさんのシャワーシーンに色相をクリアに保てるか?って煽りをまともに期待してしまった……。なんか期待した自分が痛いww

    今後ノベライズや外伝みたいな展開があるとしたら、常守監視官もそうだけど、霜月監視官がどう変わっていくのか、ってのを読んでみたい。

  • 「ゲリラと一緒の狡噛さん、生き生きしててなんだかちょっと腹立ちますね」
    「生き生きしてるか? こっちはこっちでツラいんだがな……」
              ↑この 空白 が!!すき!!

  • 宜野座のシャワーシーンに君の色相は正常を保てるのか⁉︎
    関智一(狡噛慎也役)

    脚本・深見真が新エピソードを交えて紡ぐ公式ノベライズ。

    世界は禁断の平和に手を伸ばすーー
    西暦2116年。人間の精神を数値化し最適幸福が追求できるようになった未来世界。
    日本政府はついに包括的生涯福祉支援システム〈シビュラ〉と無人機技術を世界に輸出する。長期の内戦状態にあったSEAUn(東南アジア連合)は海上都市シャンバラフロートにシビュラシステムを採用。つかの間の平和を手に入れることに成功した。
    そんな折、日本に武装した密入国者が侵入する。日本の警備体制を潜り抜けた前代未聞の密入国事件に、厚生省公安局監視官・常守朱は刑事課一係を率いて出動するのだがーー

全3件中 1 - 3件を表示

小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスの作品紹介

西暦2116年。人間の精神を数値化し最適幸福が追求できるようになった未来世界。日本政府はついに包括的生涯福祉支援システム"シビュラ"と無人機技術を世界に輸出する。長期の内戦状態にあったSEAUn(東南アジア連合)は海上都市シャンバラフロートにシビュラシステムを採用。つかの間の平和を手に入れることに成功した。そんな折、日本に武装した密入国者が侵入する。日本の警備体制を潜り抜けた前代未聞の密入国事件に、厚生省公安局監視官・常守朱は刑事課一係を率いて出動するのだが-脚本・深見真が新エピソードを交えて紡ぐ公式ノベライズ。

小説 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスはこんな本です

ツイートする