レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 73人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (6)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 浅倉卓弥
  • 宝島社 (2012年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800200037

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 本作とはかなり状況は違うけど、中学時代の異性の同級生に大人になってから会った時に何とも言えない甘酸っぱい気持ちになったことを思い出す。
    途中まではいい感じながら、佳織の過去や出て行く時の流れがあまりにぼやかされていて不完全燃焼でした。

  • 心模様が繊細に表現された、朝倉ワールド。育ち始めた気持ちと、突然の喪失のコントラストに涙。お互いに一緒にいたいと思える存在を見つけたはずだったのに。二人どちらの気持ちに寄り添っても切ない。

  • 静かな話だったけど、佳織と暮らすことで人生が豊かになっていく感じが好きだなー。やるせ無いかんじが痛々しかった。

  • 大人の恋と喪失の物語。
    勤勉で孤独な男と つらい過去を背負う女。
    こまやかな描写で描かれてゆく 大人の恋。
    恋って、はかないからいいのかも。

  • デビュー作『四日間の奇蹟』以前に浅倉さんが書いていたという
    『追憶の雨の日々』という本がタイトルを変えて文庫化。

    ハナから失うものなど何もなさそうな生活を送っている司法書士の
    主人公が偶然呼んだコールガール。
    彼女はなんと中学時代の同級生で、そして、言われてみればという
    感じで思い出したのは、互いに憎からず想っていたという微妙な関係。

    そこから展開自体は幸せなものになるのだが、
    主人公が回想として語るそれが醸し出す雰囲気は、
    タイトルが示すようなアンハッピーなもの。

    彼女は一体どんな謎を抱えているのか。
    そして、それに主人公はどう向き合っていくのか。


    こういう感じが好きな方もきっといらっしゃるでしょうけど、
    個人的にはちょっと感情移入できず、腹に重たいものを
    抱えたまま読み終えてしまった、そんな感じでした。

  • 「大切な人、本当は何も知らない」

  • 2012.6に、単行本(タイトル「追憶の雨の日々」)を図書館で借り読み後、手元に置いておきたかったので文庫で購入。

    切ない。とにかく切ない。この出会いがなければ、祐司は本当に何もない人生を、そして佳織は少しの救いもない人生を送っていたのだろうけど、でも切ない。

  • デビュー前の作品と言うことだが、きちんと読めた。不安定さを感じる安心感と閉塞感がうまく描かれていたと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする