セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 110人登録
  • 3.66評価
    • (6)
    • (10)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 上村佑
  • 宝島社 (2012年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800201041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ3冊目。今回は天才プログラマーと、幽霊が見えるイタコの娘がメイン。本を開けた途端に、あまりの字の大きさにびっくりした。字は大きいし章が細かく分かれていて、小一時間くらいですぐ読めた。
    今までの登場人物が今回は出番が少なく残念。でも、相変わらずしょぼい超能力をフルに生かして問題解決となった。メインの二人の関係は若干強引さを感じたかな。

  • か~るく読みやすい。

  • 天才プログラマーは最後あたりは、少し面白かったけど、んーって感じ。もうおなかいっぱい

  • 面白かったです。
    でも、土岐さんが表紙とか自己紹介には載ってるのに出てこない(泣
    セイギのチカラシリーズ結構好きです。第4部と土岐さんが出ることを祈ってます!!

  • さくっと読める。

    「日本語喋れ」だけ覚えてる。

  • セイギのチカラ3作目( ´ ▽ ` )ノ
    登場人物もパワーアップして
    なんともいえない高揚感‼
    最高だった!
    でももう少しこの登場人物を見ていたかったかも(^^;;

  • 面白かった( ´ ▽ ` )ノ
    前のふたつはちょっと話が複雑だったけど、今回はサクサク読めた。わかりやすい展開で、頭をあまり使わず、電車の中でクスクス笑いそうになるのを堪えるのが、必死だった。
    ただ、万全がどんどん変態と化しているのに、一抹の不安は覚えたけどね…。

  • 「セイギのチカラ」シリーズ第3弾

    今回の舞台は仮想空間。
    新しく登場した2人はどう戦うのか、は勿論
    ついでに
    万全さんの髪の毛はどうなるのか(笑)

    …見所満載で面白いです。

  • 4に近い3。
    題材はスマートなのにスマートで終われてない。プログラムの世界は難しいけどわかりやすく(脚色しつつ)描いていた。
    全体を通して有江が使うことばが濃すぎたかな...結構ひっかかる。
    でも、かる〜く読める一冊。

  • 会社帰りに購入し、いま読み終わった。なかなか間違いなし。

  •  今回は新キャラ2人を中心に描かれていて
    2作目の新キャラの扱いの酷さから比べると
    雲泥の差だったと思う。
     内容というと、何時もどおり異能使いによる
    事件解決が本筋だったが、今回はそれに加え
    ラブコメ要素も組み込まれているようだった。
     ようだったというのはまだ、完全にその要素を
    読み込んではいないからなんだけどねぇ・・・。
    後、気になったのは態とだとは思うけど、中国人
    ぽいキャラの書き方が・・・。

全11件中 1 - 11件を表示

セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

セイギのチカラ〜アングラサイトに潜入せよ! (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする