飯所署強行犯係 事件ファイル (『このミス』大賞シリーズ)

  • 44人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 中村啓
  • 宝島社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800202406

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
有川 浩
青崎 有吾
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

飯所署強行犯係 事件ファイル (『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちゃんと本文読めよイラストレータ。

    なかなか愉快でない本でした。
    話の流れなのか登場人物なのかというか登場人物ですな。
    話は短くてとりあえず事件は解決してるのでまあよかったんじゃないですかね。

    なんかあのコーヒーのCMをモデルにしてるんかなと思うんだけどまあ、なんかなあ。
    なんかなあ。

  • どうまとめていくのかと思ってたら全部強引につながってました。
    トーマスわかってるんなら最初から教えてくれたらいいのに。
    まどろっこしかったです。

  • ほとんどトーマスさんが解決してくれたようなもんじゃない。強行班係よりトーマスさんの方が活躍していたみたいだけど、トーマスさんは用務員でしょ?そんなに内部情報に詳しくて大丈夫なの?事件現場のぞきに来たりして、ちょっと怪しい部分あり(笑)。強行班係、だらしないぞ、いいのか?それで。

    後半部分、被害者の奥さん、なかなか保険金が下りないので、だんだん焦れておかしくなってきた(笑)。

  • 上半身だけが焼けた死体、
    いなくなった認知症の老人、
    壊された氷の彫刻。

    3つの事件はどこかで交わるはず。
    そう思って読んでいたら
    読み終わっていた。
    え、終わり?

    三点がスピードをつけて交わるように
    最後はあっと言う間に終わってしまった。
    もうちょっと、混乱して、もつれてもよかったのに。

    トーマスは某缶コーヒーのCMの宇宙人みたいだった

    2時間スペシャルドラマで実写化するときは
    是非出演していただきたい。無理だろうけど。

    なんというか、もうひとひねり、お願いしたい。

  • このミス受賞作の中ではミステリーっぽい作品w

    んー、ちょっとアイディア詰め込みすぎなんじゃないの?一つ一つのトリックが単純だし、解決に至る道も偶然というかなんというか。
    掃除夫と先輩が好きになれなかったので作品そのものの面白さも今ひとつって感じ。

全5件中 1 - 5件を表示

飯所署強行犯係 事件ファイル (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

飯所署強行犯係 事件ファイル (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

飯所署強行犯係 事件ファイル (『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする