揺れる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)

  • 36人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 林由美子
  • 宝島社 (2012年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800204110

揺れる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【図書館リクエスト本】あっさりコメントします。林由美子さんの『堕ちる』『逃げる』に続いて3作目。建築関係の話(笑) 冗談はさておいて、ミステリーとしては、よく考えられてるとは思うが、今までの2作がインパクトあったせいかちょっと残念だった。リクエスト本ということで、新しい本で気持ち良かった。(笑)

  • 二人の男性の間で揺れる気持ちを表現した
    ただのラブストーリーだったら嫌だな、
    他人様の恋愛のことなんてどうでもいいのに。
    ・・・本選びに失敗しちゃったかなぁと
    思いながらの前半部分。
    途中からはいろんな要素がけっこう盛り込まれてるかな。

    ただ「実は・・・だったんだ」「え〜!」みたいな
    展開が多くて辻褄合わせっぽいなぁと思って・・・。

    全体を通して感じたことは、登場人物がみんな周囲に
    相談しなさ過ぎだということ。
    前半部分のどこだったか「相談してくれれば」
    みたいなセリフが出てきたはずなんだけど・・・
    あれ?どこだったかな見つからない・・・
    でもまさにソレ。
    内部告発にしても、少年Aを雇い入れた両親にしても、
    鈴樹の過去にしても、妊娠にしても、お母さんが
    管理してる工務店の資金繰りにしても。
    事前に一言、お互いが話なり相談なりしていたら
    違っていたかもしれないのにね。

全2件中 1 - 2件を表示

揺れる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

揺れる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

揺れる (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする