プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)

  • 18人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 別冊宝島編集部 
  • 宝島社 (2013年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800206169

プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 永久欠番はその選手の記録はもちろん、記録に表れない功績が評価され与えられるものだと思っていたが、長年腑に落ちないことがあった。
     400勝のほとんど国鉄時代に稼いだ金田正一の背番号「34」が巨人で永久欠番になったのはなぜなのか、吉田義男の「23」が永久欠番になったのが現役引退して18年も経ってからだったのはどうしてなのか、三冠王を3回獲得とした落合博光の「6」が永久欠番になぜならないのか…。
     プロ野球ファンならうすうすと気づいていであろうそんな永久欠番の裏に隠されたドロドロとした大名の事情を白日の下にさらしてくれている。
     プロ野球はファンあってこそのものだと思う。背番号も同じ。選手とファンが育ていくものである。しかしながら永久欠番の選定にどこまでファンの声が生かされているのかを考えると甚だ疑問だ。昨年引退時に永久欠番について聞かれ「ボクは外様だから…」と答えた金本知憲。金本ほどの選手にこんな台詞を言わせてしまうなんてプロ野球ファンとしては哀しすぎる。

  • 日本プロ野球界で永久欠番となった選手は、僅か14人。錚々たる顔ぶれだが、球団の様々な事情が見え隠れする。
    一方で、実績十分ながら永久欠番が与えられなかった選手たちにも、もっと深い事情がある。
    日本人独特の背番号への想いが面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)の作品紹介

日本プロ野球界で永久欠番となった選手は全部で14人。王貞治、長嶋茂雄など、一時代を築いた錚々たる顔ぶれだが、その舞台裏には、球団のさまざまな事情が隠されていた!生え抜き主義の巨人で、なぜ金田正一は永久欠番を与えられたのか。金本知憲に永久欠番が与えられなかった阪神の事情とは。永久欠番になっても監督になれない衣笠祥雄…など永久欠番にまつわるウラ話が明かされる。

プロ野球 永久欠番タブーの真相 (宝島SUGOI文庫)はこんな本です

ツイートする