読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)

  • 42人登録
  • 3.35評価
    • (1)
    • (8)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 野村克也
  • 宝島社 (2013年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800210548

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福田・笠原・松本竜に続き、高木京介(すべてピッチャー)も野球賭博。巨人軍野球賭博黄金時代。

  • 『阪神タイガース暗黒時代再び』を書いた野村克也が、今度は巨人の分析をした一冊。
    当然ながら、今までのような回顧録はほとんどなし。

    ここ数年、清武球団代表下で「補強の巨人」から「育成の巨人」にシフトチェンジしたことに一定の評価をしつつ、それでも四番とエースは一朝一夕には作れないと指摘する野村氏の言説には説得力があった。

  • 2013/12/14読了。

  • 『阪神タイガース暗黒時代再び』が面白かったので姉妹編にあたるこちらを購入。だってワタクシ巨人ファンだからさ…。奇しくも日本シリーズ連覇はならなかったけれど、現在の巨人軍はまぁ強い。生え抜きが主力としてどかっと座っているのがいいんだと思う。阿部慎之助は私も4番には置きたくない派。7番あたりにおいてダブルクリンナップの4番に置けるくらいがベスト。ノムさんは長野久義4番説を提言しているけれど、今の生え抜きで誰が4番打てるかっていうと長野だよなとは私も思う。西武の浅村みたいに4番に固定したら4番の仕事をできるはず。器用なバッターだからね。本当は今頃大田が成長して4番打ってるはずだったんだけどなぁ……もう大田には期待してないけど。2013/337

  • 説得力のある、昔話じゃないジャイアンツ論は楽しくて晴れやかだった。

  • ノムさんの巨人についての著書。
    過去〜現在の巨人が成功したこと、失敗したこと、監督論、捕手論、4番打者論、戦力分析、未来への提言、とノムさんの巨人への愛が溢れている?書。

全6件中 1 - 6件を表示

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)の作品紹介

近年の読売巨人軍は、大型補強などによる圧倒的な戦力を武器に、ここ6年でリーグ優勝4回(うち日本一2回)、優勝を逃した2回はいずれも三位とすべてAクラスを確保。ONを中心に無敵の強さを誇った、1960年代から70年代にかけてのV9時代を彷彿とさせるような、"黄金時代"を迎えた感がある。こうした常勝チームを築きつつある現在の巨人について、果たして今の強さは本物なのか、原辰徳監督は名将になれるのか、国民栄誉賞受賞の次期監督候補・松井秀喜は監督に向いているのか、今後も巨人が勝ち続けるためにはどうすればいいか…など、知将・野村克也が独自の視点で大胆に斬る。

読売巨人軍黄金時代再び (宝島社新書)はこんな本です

ツイートする