本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができる

  • 306人登録
  • 3.73評価
    • (12)
    • (29)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 千田琢哉
  • 宝島社 (2013年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800212139

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 千田さんが読んだ本の紹介。ブッダという本の紹介で「怒りには怒らないことで立ち向かいなさい、悪いことには善いことで立ち向かいなさい」、そして千田さんのコメントが目には目を歯には歯をの考え方では復讐の無限地獄に落ちる。だけど媚びるのではなく「立ち向かえ」といっていることがブッダの本当の凄いことという文章。この文章にであえただけでも一読の価値があった。

  • 「千田琢哉が本気で選んだ25冊」の紹介です。本気で選んだということなので、もう読まずにはいられないわけです。

    紹介されている25冊の中には、既に自分も読んだ作品も含まれてます。

    でも、どうしてこんなにアウトプットに差があるのか!

    同じ本を読んだはずなのに、そこから吸収した量と質が圧倒的に違うわけです。

    読んで終わりじゃもったいない。
    へぇ〜、なるほどね〜、じゃまだ足りない。

    もっと深く、もっと核心に迫るような読み方をしよう。
    読んでる時間中しか続かない楽しみだけでなく、一生に渡って自分を支え、穏やかに鼓舞してくれる滋養を得ることができるはず。

    そのためには作者と、自分と対話しながら、深く思考しながら、思いついたことをメモしながら読まないと。

    紹介されている本はどれも魅力的で、たぶん手にとって読むことになると思いますが、それ以上に千田さんがその本から吸収したその質と量に圧倒されました。

  • 良かった。
    ここに紹介されてる本を読も。
    うまくいかない時も、うまくいってる時も、
    常に本は読み続けよう。

  • 内容は少なく感じますが
    紹介されている25冊は知る価値のある本だと思います。

  • 参考になるところもあった

  • この25冊を選ぶのに、どれだけの時間を費やしたのだろう。いや、この25冊を紹介したいが為の著書なのであろうか。どれも興味をそそられる。

  • 気になった本

    ・E=mc2 世界一有名な方程式の伝記
    ・くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉
    ・自噴を最高に高める頭の使い方
    ・1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則

  • 鴨長明が偉かったのは挫折しても腐らなかったこと。人間がダメになるのは失敗して挫折した時ではない。失敗して挫折した時に腐った瞬間にダメになるのだ。腐らないかぎり必ず未来がある。
    これからも変化し続けるということ。
    学んだことを復習するのは覚えるためではない。何回も復習するうちに新しい発見があるからだ。
    もう限界だと思っても大丈夫、あなたには本がある。

  • 本の紹介の本。
    なかなか参考になりそうな本が見つかった。
    読書の幅を広げてくれそう。

  • 悔しいなあ。熟読してしまった。こういう本も著者さんも個人的には好きじゃない。でもなかなか面白く、紹介された本を読みたくさせるワザ(シンプルでわかりやすい文章の書き方)はお見事☆ 理系人間は、科学や技術を進化させて人々を救い支える。文系人間はこうやって口で生き抜いて行くのだなと、痛感しましたが、それは言葉で人の心を救い支えることでもあるのですね。とても勉強になりました。

全31件中 1 - 10件を表示

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるを本棚に「積読」で登録しているひと

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるの作品紹介

松下幸之助『指導者の条件』から『方丈記』まで、千田琢哉が本気で選んだ25冊。

本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができるはこんな本です

ツイートする