恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)

  • 55人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中居真麻
  • 宝島社 (2013年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800215833

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろいろな恋愛模様が見れて面白かった。
    いろんな人がいるんだなぁ。
    なかなかうまくいかないね

  • 書店で平積みされていたので、読んでみることにした。
    主人公、桜子がさまざまな男子に振り舞わされる?ストーリー。
    登場人物がそれぞれ所有している車の車名がでてくるのが印象的だった。

    最後のところでの人生ゲームのくだりがいいなぁと思った。人生ゲームでの勝ちが、早くゴールした人でも、最後にお金がたくさん余っていた人でもなく、そのゲームを一番楽しんだ人という。
    まさに人生もそういうことだよなと思わされた。

  • 祝文庫化

    宝島社のPR
    「日本ラブストーリー大賞シリーズ
    連続ドラマ化原作
    『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』著者の作品!!
    佐々木 希さん絶賛!!「一気読みしちゃいました!」

    あなたは誰と恋ベタしてますか?
    A型 真面目だけど型にはめようとしてくる、教育系男子
    B型 自由で楽しく奔放だけど誰よりも寂しがり、既婚オッサン男子
    O型 一緒にいると楽しいけどじつは誰にも言えない秘密を隠してる、爆弾持ち男子
    AB型 優柔不断で意味不明! みんなに反対されるけどナゼだか惹かれる、サカナ男子

    佐々木希主演連続ドラマ化&第6回「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞作『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』の姉妹作が、ついに発売です。そこそこにはモテるのに、なぜだか上手く恋愛が出来ない“恋ベタ女子”桜子。彼女の下手っぴな恋愛を、相手の血液型ごとに描いた全4編。初めての恋人が出来た19歳から、紆余曲折を経て、28歳にまでなった桜子は、嘆いてばかりもいられない恋ベタ人生をどうやって過ごしてきたのでしょうか。
    ※この物語はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係ありません。」

全3件中 1 - 3件を表示

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)の作品紹介

第6回「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞作で、佐々木希主演でドラマ化された『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』の姉妹作。そこそこモテるのに、なぜか上手く恋愛ができない恋ベタ女子の桜子。彼女の不器用な恋愛を、相手の血液型ごとに描いた全4編。初めての恋人ができた19歳から、紆余曲折を経て、29歳にまでなった桜子は、嘆いてばかりもいられない恋ベタ人生をどうやって過ごしてきたのでしょうか。

恋ベタだからって 嘆いているのはもったいない (宝島社文庫 日本ラブストーリー大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする