飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 37人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 中村啓
  • 宝島社 (2013年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800216045

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「飯所署強行犯係事件ファイル」を改題

  • 可もなく不可もなく。
    最近増えているライトなミステリ風。結局トーマスの正体は(秘密があるのかないのかも含めて)よくわからず。恐らく早々に内容を忘れてしまうだろう…

  • 探偵か?面白そうな要素をもりこんだわりには・・・という感じ

  • オカルト+警察モノ?面白く読んだが物足りない…

  • 飯所警察署の清掃係のトーマスは宇宙人だった。
    「宇宙人」という一般的に聞きなれない単語ではあるが,いわゆる「地球外知的生命体」のことである。
    まず第一に地球の表面も宇宙の一部であり,宇宙人という言葉には我々も含まれる。「異星人」という表現も間違いではないが,「星」に住んでいない生命に対しては差別発言にあたるだろう。
    そして知性をもった生命体を一概に「人」と呼称して良いものであろうか。
    相手の文化風習によっては「人」などというのは,「この豚が!」や「このゴキブリ野郎」くらいの侮蔑表現にあたる可能性もあるので,やはりオフィシャルな呼称としては「地球外知的生命体」というのがふさわしいといえる。

    余談ではあるが本作はつまらなかった。

  • 登場人物が濃いはずなのに、薄く感じたなぁ。
    もういっちょ、って読後感でした。
    あと、トーマスさんのモデルが、あの人って
    わかり安すぎ。

  • 用務員のトーマスさんがちょいちょい口を挟んで解決する感じ。


    最後の方はすごく介入してたけど、よかったのかしら?

全7件中 1 - 7件を表示

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

オカルト研究家の武長が死亡した。武長はイスに座り、上半身だけ焼失した状態だった。飯所署の刑事課強行犯係巡査・榎木は先輩から、オカルト現象の人体自然発火現象の可能性を提示される。同じ頃、公園のホームレスが姿を消したり、氷像フェスティバルの作品が盗まれたり、資産家老人が失踪するなど事件が多発。自称「宇宙人」の清掃係・トーマスは、榎木にそれぞれの事件に注目するよう論し…。

飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする