灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘

  • 128人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (30)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 佐藤青南
  • 宝島社 (2013年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800216168

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.02.23
    消防女子を続けて読んだ。マックスは殉職した荒川の息子が「僕ぜったい!お父さんみたいな消防士になるからっ」面白い!
    出張の往復の新幹線の中で読んだ。

  • シリーズ第2弾。
    前作から、登場人物もほぼ変わらず、横浜市内で連続する不審火の出動に追われる浜方消防署のメンバー。そんな中、火災現場を調査する「火災調査官」である木場に焦点を当てて、今作は描かれる。…はずなんだけど、何となく木場の描き方が中途半端な感じ。
    仲間の殉職、横浜地下街の火災など内容がてんこ盛り過ぎて、全体的に雑な感じが否めない。ドラマや映画なら、このスケールでもいいのかもしれないけれど、小説でここまで描いてしまうと、感情移入する場面もスルーしてしまう。それが何だか勿体ない…

  • フィクションとはいえ、ちょっと話の展開に色々無理があるように思う。ちょっと残念な出来でした。

  • 前作以上に読み応えのある内容になっている気がする。
    ヒリヒリするような緊張感と、永井たちとの軽い会話のバランスがたまらない。

  • 横浜消防局湊消防署勤務、女性消防士・高柳蘭
    入局してからもうすぐ丸二年になろうとしている。
    港区内では二か月で42件もの火災が発生していた。
    しかも、そのうち16件は、本牧地域を中心とした
    半径1.5キロ圏内に集中し、出火原因すら明らかになっていない。
    本署予防課・火災原因調査チーム木場陽一郎
    「灰と会話する男」の異名をとる敏腕の火災原因調査員。
    警察も消防士達も放火を疑う…。


    消防女子の第二弾
    今回は、蘭の入局から2年が経っています。
    管内で原因不明の火災が立て続けに起こり、
    蘭達は消火活動に追われている。
    火災原因調査チームや現場で消火活動を行う消防士達と
    放火の捜査を行う刑事・松永達と軋轢が…。

    消防女子!でも蘭の心の支えだった荒川
    とても優しくて正義感が強くいつも仲間に心を配っていた
    そんな彼が殉職してしまう。
    仲間を失っても仕事は待ってはくれず、乗り越えなくてはいけない…。
    大切な仲間の殉職の原因を作っていた憎き犯人。
    だが、その犯人を大規模災害現場から
    命懸けで救助しなくてはいけない…。
    犯人は憎い、厳しい罰を与えられればいい。
    だが、だからといって傷病者を見捨てる事は出来ない。
    目の前に救いを必要とする人間がいれば救おうとせずにいられない。
    要救助者の善か悪かではない
    救いが必要かそうでないか。
    凄いです、消防魂!

    また、木場や野口達…消防士のPTSD心が痛みました。
    蘭が本当に大きく成長していた。
    そして、隆太の挑戦状…良かった (*´ー`*)

  • まさか悲しいことがおこるとは思わなかったし犯人も予想を裏切られました。
    蘭がどんどんかっこよくなるのは嬉しいけど大きな災害がおこらないことを願うばかりです。

  • mixiにレビューあり

  • 相変わらずの面白さ!

  • ミステリーと言うよりお仕事小説。前作より蘭が成長している。

  • 佐藤青南 主人公は、高柳蘭。殉職した父の背中を見て育ち、自分も消防士となった。任期2年目。度重なる放火事件の中、地下火災が起き、決死の任務を遂行する。そして、救うことの出来た少年は、実は…。 13 真摯な蘭ちゃんとその仲間たちのやりとりで、一気読みしてしまう。放火の謎も含めて、現代の鬱屈した社会のなかで、命を守るという一点で行動する彼女の姿勢が気持ちが良い。 図書館 スカイエマ

全27件中 1 - 10件を表示

佐藤青南の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘はこんな本です

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘を本棚に登録しているひと

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘を本棚に「積読」で登録しているひと

灰と話す男 消防女子!! 高柳蘭の奮闘の作品紹介

横浜市消防局湊消防署に勤める任官二年目の女性消防士、高柳蘭。中区内では、二ヶ月間で四十二件もの火災が発生していた。そのうちの十六件は半径一・五キロ圏内に集中し、火災原因も明らかになっていないことから、警察は事件性を疑う。火災原因調査員の木場は、根拠の薄いことから「事件」との見方に慎重になるが、ある人物の存在に気づき…。一方、民家の消火に当たった浜方隊は、殉職者を出してしまう。それを機に蘭に異変が起こって…。『このミス』大賞シリーズ。

ツイートする