脳は休ませると10倍速になる!

  • 50人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 苫米地英人
  • 宝島社 (2014年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800221605

脳は休ませると10倍速になる!の感想・レビュー・書評

  • 睡眠についての部分が知りたくて読みました。

    この本での理想とする睡眠時間は6時間。

    しかも寝付くまでの時間を込みで6時間なので結構短めですね。

    睡眠サイクルは90分単位で、一番質の高い睡眠は最初の2サイクル(180分)に起こる。

    そういう意味では睡眠の最低ラインは3時間なのだが、人間はその3時間で完全な睡眠を取ることは難しい。

    ちなみに自分自身の感覚としては夏にくらべて冬になってから睡眠時間が少し長くなってきた気がする。

    時間的には今は6~7時間くらいをうろうろ。

    最終的な睡眠時間は知識よりも自分の身体に聞けば良いのだけど睡眠に関しての情報も面白いのでまだ色々読んでみようっと。

    ちなみに苫米地さんの本はみんなそうなのですが、どの本読んでも内容は大体同じ。

  • 苫米地氏の良質睡眠のノウハウ本は幾つか出ていて読むのは2冊目。今回は独自理論系のエンタメ要素より実用要素高く即活かせそう

  •  著者は、「普通の睡眠」「自然な睡眠」をとりさえすれば、脳は自然に活性化し、覚醒時10倍速で働くことが可能となると述べています。
     本書は、脳科学の見地からみた「正しい睡眠」について解説し、その実践を通してより充実した生き方をするための方法についてわかりやすくまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=5604

  • 苫米地ロジックはいつも気になるもの。

  • 編集者のつなぎ方が悪いのか、過去に書いてある幾つもの文章をバラバラにつなげているようで、本として全体のバランスが悪い。
    最後もあとがきが無く「超ネット社会の洗脳から逃れるには」で終わっていて、尻切れ感が拭えず著者らしくない。
    最近この手の雑な作りが苫米地博士の本に見られるが、どうしたのでしょう、残念です。

  • ■レムは体の休息、ノンレムは脳の休息、適切な睡眠は6時間。
    ■ゴール「こうなりたい」を設定し自分ならできると考えて、未来のイメージ、感情など詳細に思い浮かべる。うれしい、楽しい、気持ちの良い、すがすがしい、
    ■口に出して~したい、~をするをいい、すでに達成している言い回しをすることで潜在的意識に働きかけ、ゴールが今ここにあるというリアルに感じさせる技法のこと。
    ■五感で感じたものを別の感覚で置き換える。
    ■土日でも同じ睡眠時間をとる。
    ■時間は未来からやってくる。
    ■楽器を演奏することで脳は活性化する

  • タイトルと中身にズレがあるけど、そのズレてる部分の方が参考になった。カタカナ語や専門用語も多く読みにくい。でも、毎朝が最新のバージョンアップっていうのはとても良かった。

  • 今までの本のポイントが総復習でしました。

    自分に喝を入れるために、
    ・嫌な仕事をしているから週末鬱になる!
    ・会社をやめればすぐに治る!

    一方、自己肯定するために、
    ・現在はベストの選択がもたらしたベストの結果。
    ・毎朝自分が昨日より成長していると思えば、あなたの朝は変わる!

    あっ、ゴール設定方法が違っていた。
    ①本当のWant toを見つける
    ②社会の要請から、自分の生き方を決める

全9件中 1 - 9件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

脳は休ませると10倍速になる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳は休ませると10倍速になる!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳は休ませると10倍速になる!はこんな本です

脳は休ませると10倍速になる!のKindle版

ツイートする