ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中川基
  • 宝島社 (2014年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800222428

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/05/28

  • 気楽に読めるし、参考になる。書かれていることを「信仰する」かどうかは別にして、知っておいて損のない内容。

  •  普段必要としている、必ず使う食品とは言えないものが多く気にすることもないという気持ちとこれからのことを思うとこれ以上の何かが裏には隠れているのではないだろうかという気が半々。そもそもこの国の食糧事情があまりにもお粗末すぎるのが難点。本来は自国民の食べ物は自国で賄うのが理想。しかしそうはいかないお上の事情があちらこちらではびこっている。どうしょうもないお粗末国、少なくとも調味料だけは本物を使いたい。

     せめてもの救いはこの本すべてが食品ではなくサプリメントが混ざっている事?食品だけでページを埋めることができなかったのだと思いたい。

全3件中 1 - 3件を表示

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)を本棚に登録しているひと

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)の作品紹介

食品偽装が大きな社会問題となっているが、そもそも、ほとんどの人は普段食べている食品の「正体」を知らない。スーパーに並ぶサイコロステーキが、破砕したクズ肉を添加物の力で油と一緒に再結合したものであり、ファストフードのシェイクが水とガムシロップとサラダ油でできていることを。本書は、普段食べている食品の「正体」を明かすとともに、「食品表示ラベル」に隠されたトリックの見破り方を、わかりやすく解説する。

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)はこんな本です

ツイートする