珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 2084人登録
  • 3.32評価
    • (49)
    • (210)
    • (349)
    • (70)
    • (8)
  • 214レビュー
著者 : 岡崎琢磨
  • 宝島社 (2014年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800224439

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コーヒー好きな人や、まさにカフェとかされてる方が読んだら専門的な事も書かれてるし、とっても面白いのでしょうね。

  • ずっと読みたかったんですけど、ようやくです(*´ー`)ゞ

    今回は前作に比べると、犯人は分かり易かったように思います。
    だけど、山村あすかさんの真相は意外でした。

    そしてなにより、早く告白しちゃいなよとか思いました。笑

    個人的には、美星さんの、"諍いはいけませんよ。誰も幸せになりません。"って言葉と、第六章での青山さんの、考え方がぐっと来ました。

    何はともあれ、また良い本に出会えました(*^^*)

  • 主人公がミルを回すのは、アニメの一休さんが坐禅を組んでぽくぽくと木魚の音がしてち~んと鐘が鳴るのと同じだと思っていたが、間違いだったみたい。

  • 関西バリスタ大会を舞台にした謎に迫る物語で、これまでとは違い長編になっている。
    長ければ良いというものではないけれど、長編になっても美星とアオヤマを取り巻く世界観は変わらない。
    二人のもどかしくなるほどの距離感も、美星の珈琲への思いも、相変わらずな藻川マスターも、物語の中でいつもの姿を見せてくれた。
    長編になったことで変に間延びした出来になっていたらどうしよう・・・そんな不安もあったけれど、ミステリーとしての形にきっちりと仕上がっていた。
    過去の大会で起きた異物混入事件が今回の大会にも影を落としていく。
    いろんな思惑があったとはいえ、何故その時にはっきりとした形で決着をつけなかったのか。
    開催者としての体面もある。
    過去の栄光と現在の闇との狭間で迷っていく魂がいる。
    自分のしでかしたことの責任を取らずに平然と振る舞う人間がいる。
    何も解決されないままなかったことのようにされた事件は、終わらないままに時を経て再び顔をみせる。
    美星の推理の果てに明らかになったものは、やりきれない現実だった。
    もしもあのとき・・・。
    そんなふうに起きてしまったことを悔やむことは誰にもあるけれど、それでも、もしもあのとき・・・と考えずにはいられない。
    たとえわずかでも希望があるのなら、それを信じて進むしかないのかもしれない。
    だって、明日も生きていかなければならないのだから。

  • 図書館より。

    何気にのんびり借りてきては読んでいるシリーズ。
    今回は今まで読んだものより、読みやすく感じた。
    この作風になれてきたのか?

    何となく、進展しているような二人の関係にちょっと注目してる(笑)

  • 図書館で。
    今回はバリスタコンテストのお話。

    どこの世界もコンテストとか大会ってのはドロドロしてるんだろうなぁ…と思ってしまうお話しでした。1日目から異物混入とかあったわりに3日目まできちんとコンテストを開催しようとする主催者もすごいけど。やっぱりココは小型カメラか何かを取り付けた方が話は早かったのではなかろうかと思ったり思わなかったり。

    最初のお客さんはミホシさんだったというオチは必要なんだろうか。そこはよくわからなかったです。

  • 今回は、関西バリスタコンペティション、略してKBCに美星が参加することになります。

    ところが、参加者たちのコーヒーに異物が混入されるという事件が起こってしまいます。さらに、過去の大会でも同様の事件が起こり、それ以来、美星も憧れていた天才バリスタの千家諒(せんけ・りょう)が引退していたことが明らかになります。美星は、大会にまつわる参加者たちのさまざまな思惑の絡み合いを鋭い推理力で解きほぐし、事件の真相に迫っていきます。

    今回も、ミステリとしてはしっかりとした構成を持つ作品になっていますが、コーヒーに情熱を注ぐバリスタたちの姿がどのように描かれているのかということにも、読者の目が注がれる内容ではないかという気がします。そういう観点から見ると、いかにもミステリ的に造型されたキャラクターに、やや平板さを感じてしまったのも事実です。ライト・ミステリに登場するキャラクターに対してこのような要求は筋違いのような気もするのですが、作品中で示されるコーヒーに関する著者の造詣にも期待している読者としては、やや不満を覚えます。

  • よくできた謎解きを追求しすぎてタレーランの良さが減った気がした。

    実力派バリスタが競い合う関西バリスタ大会に美星が出場し、事件に巻き込まれていく…

    事件の謎解きは読まされている感が強く、引き込まれる面白さが少なかった。
    残念。

    タレーラン美星さんの聡明さも奥深さの魅力が少なかった。

    改めてミステリーって難しいと感じた。
    面白いミステリー作家さんにさらに敬服。

    でも全部の章が残念だったわけではなく、
    「後日」の章にはタレーランの良さが香ります。

  • 3作目。
    謎解きとしては面白かったけれど、
    こんな邪心だらけのバリスタのコーヒーなんか飲みたくねぇよ、と思ってしまう。

    コンクールだって、なんだか、権威も品もないし・・・
    なんで、これが憧れなんだ???とビックリ。

    できれば、日常のお店に訪れる
    ホントに小さな謎を解く。。。というのに
    戻してほしい。

    そんな気分。

    でも、やっぱり、コーヒー飲みたくなった

  • シリーズ3作目。
    ラノベ風な装丁でコーヒー好きをワクワクさせ、軽やかな雰囲気を創造させてくれる割に、相変わらずのクロいストーリー展開。
    密室あり、ミスリードあり、意外性あり・・・でまたもや一気読みさせられてしまいました。

全214件中 1 - 10件を表示

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

岡崎琢磨の作品一覧

岡崎琢磨の作品ランキング・新刊情報

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

実力派バリスタが集結する関西バリスタ大会に出場した珈琲店"タレーラン"の切間美星は、競技中に起きた異物混入事件に巻き込まれる。出場者同士が疑心暗鬼に陥る中、付き添いのアオヤマと犯人を突き止めるべく奔走するが、第二、第三の事件が…。バリスタのプライドをかけた闘いの裏で隠された過去が明らかになっていく。珈琲は人の心を惑わすのか、癒やすのか-。美星の名推理が光る!

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする