ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

  • 6676人登録
  • 3.50評価
    • (394)
    • (682)
    • (700)
    • (273)
    • (71)
  • 849レビュー
著者 : 七月隆文
  • 宝島社 (2014年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800226105

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やばい、これは一気読みするべきだった。
    何日もかけて、ちょっとした合間に読むものじゃなかった。
    女性は絶対好き。この手の話。
    もう1回読み直したい。だけど図書館で借りたから返さなきゃ。
    って事は、この本、買います!
    すっごい好き!

  • 京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて…。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

  • 帯で泣ける号泣と書いてあったので購入したが、私が冷徹すぎるのか一度も瞳が潤うことがなかった。。
    しかしながらSF系な話は好きなので星3つ!でももう少し分かりやすくても良かった。読みながら頭の中で双方の時間軸の図を作ってました。

  • 美大のぼくが電車で一目惚れした彼女には大きな秘密があった。
    記憶とか病気ものかと思い油断していたら思いもよらない展開だった。切ない以外出てこない。
    序盤が突っ込みたくなるほど甘々なせいで、秘密が分かった後の終盤がより切ない。
    帯に書いてある「彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる」に大きく頷いてしまう。
    でも切なくなることが分かっているから読み返せない。
    彼女が涙もろかった理由がなんとも。
    『また会える?』『また会えるよ』
    そういう意味だったなんて。

  • 切なく不思議な感覚に浸れました。

  • 京都でデートしたくなる。
    付き合いたての甘酸っぱさ。
    全部悟った後の主人公と彼女の切なさ。

  • 期限があるから、これが最後だから、という生き方を改めて考えさせられました。自分は期限のない中でだらだらと生きているな、それではいけないな~。もっと人生を大事に生きなくては。

  • SFちっくな恋愛もの。
    そういう小説もラノベも、嫌いなジャンルではないのだけどね。
    これは、ダメだった。
    なんか、タイトルでねたばれしてるし、旅行できるのに5年に数日しか会いにこれないの?とか突っ込みどころ色々。
    そもそも、その設定をいかしきってないでしょ。
    表紙も可愛いし、好きな系統のお話のはずなのに、入り切れなくて本当に残念。
    うううむ。
    ちょっと気分を変えるために、次は雫井さんにいこう。
    (3冊連続はずしたら、自分の好きな本を見付ける臭覚に自信を持てなくなっちゃうので、安パイにね(笑))

  • 娘から借りて読んでみた。ちょっとやられてしまった。読み進めるうちに感じる短調っぽい文章から、普通のいわゆる若い子が読む恋愛小説と違うなと思いつつ‥飲み込まれた。コレは面白い。ああ、俺の人生も残り少なくなってきたなぁ、と思い始めたオッさんオバさんにオススメ。

  • 七月さんの本は初めて読みました。

    「昨日のきみとデートする」
    このフレーズに落ちました(笑)
    なんて素敵なタイトル~!と、乙女心(あつかましくて失礼!)を鷲掴みにされました。

    ラブストーリーだろうことはわかりつつ、読み進めていくと、普通のラブストーリーじゃないことに気づき…
    「明日が昨日で…?」、「昨日が明日で…?」
    ん?なんかおかしくないか?と途中でちょっとこんがらがったけど…
    このあま~い感覚はいくつになっても大好きで~(笑)
    一気読みでした。

全849件中 1 - 10件を表示

七月隆文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)に関連するまとめ

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)はこんな本です

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)の作品紹介

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて-。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

ツイートする