【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)

  • 30人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐野晶
  • 宝島社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800227324

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画を見逃したので。サマンサとの別れが急で理解が追い付かなかった。(そもそも人間とAIの恋愛の話だから、非人工知能の私が追い付けないのは普通なのかも知れないけど(笑))読み終わってもあまりすっきりしない感じ。でもこれまで人間vsAIの話はあっても、人間とAIの恋愛の話はなかったので、発想は面白いと思う。

  • 新しいネットサービス。近いうち実現しそう

全2件中 1 - 2件を表示

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)の作品紹介

近未来のロサンゼルスで、セオドアは他人の手紙をしたためる代筆ライターをしていた。苦楽を共にしてきた妻キャサリンと別れ、悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OS"サマンサ"と出会う。セオドアは、声だけで実体のない彼女の魅力の虜になっていき…。鬼才スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛け、2014年度アカデミー賞オリジナル脚本賞ほか、各賞計43部門を受賞。世界中が大絶賛した感動のラブストーリー、小説化!!

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする