誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 明治安田生命 営業教育部 実践販売研究グループ 
  • 宝島社 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800227690

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相続か争続か
    相続税の基礎控除はH27から、3,000万円+(600万円×法定相続人)
    配偶者は法定相続分までの財産取得なら相続税はかからない、相続分を超えた取得でも1億6,000万円までなら相続税はかからない
    贈与税の控除は110万円/年

全1件中 1 - 1件を表示

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)を本棚に登録しているひと

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)の作品紹介

誰にでもいつかは必ずやってくる「そうぞく」の日。それを円満な「相続」にするか、肉親・親族入り乱れての「争族」にするかは、たしかな知識と事前の準備にかかっています。本書では、実際にあった31のケーススタディをもとに、相続対策の基本、「争族」トラブルを避けるための事前準備、節税や納税資金の準備に役立つ生命保険の活用法などを解説していきます。また巻末には、生前対策で大きな役割を果たす「贈与」で大切な「贈与契約書」作成例、理想の相続を実現するための「公正証書遺言」作成例も収録しました。本書を参考に、旅立つ人も、残された家族も笑顔になれる、悔いを残さない相続を準備してください。

誰にでも必要な「そうぞく」知識 知っておくべき31の対策 (宝島社新書)はこんな本です

ツイートする