うどん一玉は角砂糖14個分

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 牧田善二
制作 : 牧田善二 
  • 宝島社 (2014年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800228635

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

うどん一玉は角砂糖14個分の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いくつもの間違った知識や説明不足が多すぎる。
    健康的な食生活を学ぶ上で毒になる割合が高かったのでこの評価。
    グリコーゲンは70〜80gしかストック出来ないとか、果物は血糖値を一気に上昇させるとか、お酒に太る原因は見当たらないとか、揚げ物は健康にまったく害がないとか、糖質制限をすると際限なく痩せるとか。

    後、糖質制限をやるなら徐々にとかじゃなくキッパリ辞める必要と言いながら、糖質制限の段階のレベル推奨をしたりと訳が分からない。

    色んなところから知識を持ってきて統合してるのはいいけどちゃんと一貫性を持たせてくれと言いたい。


    しかし悪いところは目立ったけど、有用な情報もありなので下記に。

    ・BMIの出し方
    標準体重=身長(m)×身長(m)×22
    美容体重=身長(m)×身長(m)×20

  • 衝撃的な 表題。
    うどん一玉に ふくまれる糖分は 54g
    角砂糖1個は 4g うどんは、それで 14個にもなるという。
    500mlのコカコーラが 40g で角砂糖 10個分。
    おい。老い。コカコーラよりも うどんが。

    現職の糖尿病医が 
    ストレートに シンプルに書いている。

    1日の摂取量は オトコなら 80g オンナは 60g
    ごはんも 150g ならば 14個。
    ごはんは 2杯も食べられない。

    根菜類である サツマイモ、ジャガイモの糖質が多い。
    カロリー計算ではなく 角砂糖計算すべきだ。

    糖質がおおければ 太る。
    糖質を取らなければ 痩せる。
    じつに 人間の身体は シンプルだ。

    要するに 日本人は 糖質依存症なのだ。
    血糖値を急激にあげないようにするのがテクニック。
    ごはんは 一番最後に食べる。
    最初に 野菜などを食べればいい。

    ごはんのかわりにステーキを食べろ。
    それは、血糖値を上げないからだ。

    糖は 血液に 浸透していく。
    カンゾウで グリコーゲンを作るが そんなに多くない。
    脂肪を作るが、それが インシュリンが少なければ、
    血液に流れ込む。それで、血糖値が上がる。

    うどんを食べたら、運動しろ。
    そうすれば、血糖値が上がらない。
    お茶のカテキン、クワの葉のデオキシノジリマイシン
    グアバ茶 タンニンとケルセチン。

    納豆、豆腐、ゆで卵、
    ワインは 血糖値を下げる。

    やぁ。やぁ。何となく、すごいことになってきたね。

全2件中 1 - 2件を表示

うどん一玉は角砂糖14個分を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うどん一玉は角砂糖14個分を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うどん一玉は角砂糖14個分を本棚に「積読」で登録しているひと

うどん一玉は角砂糖14個分の作品紹介

「ステーキでも揚げ物でも、好きなだけ食べていいですよ。ただし炭水化物以外なら。」と僕は患者さんたちに伝えています。でも、この糖質制限に耐えられない患者さんが大変多いのです。これは立派な中毒症状。僕は10万人以上の糖尿病患者さんたちと接するなかで、日本人がいかに炭水化物中毒に陥っているかを目の当たりにしてきました。本書は、日本ではまだほとんど知られていない「炭水化物依存症」の実態を知り、そこから抜け出すための本です。

うどん一玉は角砂糖14個分はこんな本です

ツイートする