スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 1154人登録
  • 3.70評価
    • (51)
    • (165)
    • (112)
    • (17)
    • (3)
  • 141レビュー
著者 : 友井羊
  • 宝島社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800234131

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スープって、弱った心や身体をやさしく温めて救ってくれる魔法のメニューなんだなぁって。

    ふくちゃんの摂食障害、麻野の過去(生い立ちや店名しずくの由来、野菜スープにこだわるわけ)とかずっしりくる内容も、読み終えてみれば、温かいスープを飲んだあとのようにぽっかぽか。

    ただ、夜寝る前にベッドで読むのはやめたほうがいいです。
    お腹が空いて、眠れなくなること請け合いです(笑)

  • 2017.11.11読了 図書館
    美味しいスープと日常の謎。
    わりとよくあるパターンかと思いきや、最後にいい意味で騙されました!
    読み終わったあと、スープを作りました

  • 温かい話。こんなお店があったらいいなぁとか
    思う。それぞれみんな、色んな悩みはあるけれど、みんな持っているのだから1人で抱え込まないで。
    露ちゃんが良い♡

  • 読むとお腹が減る一冊。食べ物と日常ミステリという本は他にもあった気がするが、スープに絞って書かれたものはこれだけではなかろうか。スープと言えばポタージュとコーンスープくらいしか知らなかったため様々なスープの描写に心が躍る。ついでに胃袋が鳴りそう。スープ専門店に行ってみたいが、残念なことに近くにはない。地方の辛さよ。
    暖かくて何度も読み返したくなるお話。

  • 穏やかな時を慈しめるのは変わらない日常がかけがえない時だと身にしみてわかっているから。
    「ヴィーナスは知っている」で伊予がすごくいい子だと悲しくなりました。
    理恵も応援したくなるし麻野と露の親子はあったかい。
    いろんなナゾを解きながら心から温まるお話です。

  • 弱った心に染み渡るスープのように、さらさらと読めました。ちょうど胃痛に悩まされているので、とても共感しながら。こんなお店があったら私も通っちゃうなぁ。読んでから、少しだけ、汁物作りは大切にしています。

  • 優しい気持ちになれるミステリーははじめてかもしれない。スープ屋しずく、行ってみたいな。

  • 店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、真相を解き明かしていく。心温まる連作ミステリー。

  • たった一杯のスープが、誰かの心を救う事がある。

    早朝にひっそり営業するスープ屋しずくを舞台にした、日常ミステリー。
    何が良いって、スープの描写がとにかく美味しそうなんだよね。
    ポトフ、ポタージュ、中華スープ…。私は特に肉厚なあさりとシャキシャキほうれん草のクラムチャウダーにそそられたな。
    手作りスープ専門店ってあんまり聞かないけど、ちょっと足を運びたくなるかも。
    その一杯の中に色んなものがギュッと詰まってて、飲めば心まで温めてくれるような気がする。

    肝心の謎解きに関しては、どれもわかりやす過ぎて肩透かし。
    料理を楽しむ分には良いけど、ミステリーとしてはいまひとつだな…と思いきや、最後の章でものの見事に騙された。

    なんだかワケありに見える、しかも血が繋がってなさそうにも思えるしずくの親子の過去が見えた時、やられたって感じがしたな。

    ただ母親に笑っていて欲しい。
    その為に自分を偽り、心を押し殺すのはどんなに苦しかっただろう。

    なんとなく続編がありそうな終わり方だけど、どうかな。

  • スープは大好きなので、タイトル買いでした。
    謎解きも好きですが、最近流行りのああいう感じ?
    と斜めに構えて読み始めたくせに、夢中になりました。

    ただ、謎解きの部分は特別印象に残っていません。
    ひたすらスープが食べたくなって
    本を片手に朝営業をしている某有名スープ店に
    駆け込みました。

    やさしい気持ちになれる読後感。たまりません。
    続編が出ることがあれば読みたいと思います。

全141件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤野恵美
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連するまとめ

友井羊の作品一覧

友井羊の作品ランキング・新刊情報

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

日本一の歴史をもつミステリーファンクラブ「SRの会」にて国内1位に選ばれた『ボランティアバスで行こう! 』著者の最新刊は、美味しくて心温まるスープ屋ミステリーです!
東京のとある一角。どこの店も「close」の看板がかかる早朝に、スープ屋「しずく」は、こっそり営業している。フリーペーパー制作の仕事をする理恵はある朝、しずくでポトフを口にした途端に、しずくの虜になった。
職場で起きた盗難事件と対人関係で悩み、食欲も減退していた理恵。店主の麻野に悩みを抱えていることを見抜かれて話すと、麻野は推理を繰り広げ、鮮やかに解決する!

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする