スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 1105人登録
  • 3.71評価
    • (51)
    • (155)
    • (108)
    • (15)
    • (3)
  • 132レビュー
著者 : 友井羊
  • 宝島社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800234131

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤野恵美
三浦 しをん
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • スープって、弱った心や身体をやさしく温めて救ってくれる魔法のメニューなんだなぁって。

    ふくちゃんの摂食障害、麻野の過去(生い立ちや店名しずくの由来、野菜スープにこだわるわけ)とかずっしりくる内容も、読み終えてみれば、温かいスープを飲んだあとのようにぽっかぽか。

    ただ、夜寝る前にベッドで読むのはやめたほうがいいです。
    お腹が空いて、眠れなくなること請け合いです(笑)

  • 穏やかな時を慈しめるのは変わらない日常がかけがえない時だと身にしみてわかっているから。
    「ヴィーナスは知っている」で伊予がすごくいい子だと悲しくなりました。
    理恵も応援したくなるし麻野と露の親子はあったかい。
    いろんなナゾを解きながら心から温まるお話です。

  • 弱った心に染み渡るスープのように、さらさらと読めました。ちょうど胃痛に悩まされているので、とても共感しながら。こんなお店があったら私も通っちゃうなぁ。読んでから、少しだけ、汁物作りは大切にしています。

  • 優しい気持ちになれるミステリーははじめてかもしれない。スープ屋しずく、行ってみたいな。

  • 店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、真相を解き明かしていく。心温まる連作ミステリー。

  • たった一杯のスープが、誰かの心を救う事がある。

    早朝にひっそり営業するスープ屋しずくを舞台にした、日常ミステリー。
    何が良いって、スープの描写がとにかく美味しそうなんだよね。
    ポトフ、ポタージュ、中華スープ…。私は特に肉厚なあさりとシャキシャキほうれん草のクラムチャウダーにそそられたな。
    手作りスープ専門店ってあんまり聞かないけど、ちょっと足を運びたくなるかも。
    その一杯の中に色んなものがギュッと詰まってて、飲めば心まで温めてくれるような気がする。

    肝心の謎解きに関しては、どれもわかりやす過ぎて肩透かし。
    料理を楽しむ分には良いけど、ミステリーとしてはいまひとつだな…と思いきや、最後の章でものの見事に騙された。

    なんだかワケありに見える、しかも血が繋がってなさそうにも思えるしずくの親子の過去が見えた時、やられたって感じがしたな。

    ただ母親に笑っていて欲しい。
    その為に自分を偽り、心を押し殺すのはどんなに苦しかっただろう。

    なんとなく続編がありそうな終わり方だけど、どうかな。

  • スープは大好きなので、タイトル買いでした。
    謎解きも好きですが、最近流行りのああいう感じ?
    と斜めに構えて読み始めたくせに、夢中になりました。

    ただ、謎解きの部分は特別印象に残っていません。
    ひたすらスープが食べたくなって
    本を片手に朝営業をしている某有名スープ店に
    駆け込みました。

    やさしい気持ちになれる読後感。たまりません。
    続編が出ることがあれば読みたいと思います。

  • こういう、ほっこり空間が恋しくなります。

  • スープ屋しずくの朝ご飯が、昼ご飯が、晩御飯が食べたい!!と思う作品。

    この本のおかげでごはんが出てくる小説にはまりそうです。
    1話ごとに完結しながら、次の話に少しずつつながるのが面白いです。
    毎日、こんな風に朝ご飯を食べて一日を始められたら幸せだろうなぁと思う。

  • すごくほっこりするお話だった。
    連作短編集で、どれも愛が感じられた。
    続きがあるようなので、それも読もうと思う。

  • またもや好きなご飯ものw
    1話ずつで、その回の主人公がばらばらっていうのも面白いねー
    一貫性なくなるかなって思ったけど、誰かの友達とか同僚とか、ちょっとずつ繋がってるし。

    麻野さんの正体は最後読むまで分かんなかった!それが狙い何だろうけど!まんまとハマった!笑

  • しずくのスープが飲みたくなります。
    物語は日常のちょっとした謎や事件をスープ屋しずくの店主が平和に穏やかに解決していくというもの。しかし、最後の物語は急に物騒になり、店主の過去も明らかになりちょっと様子が変わってきます。

  • 優しいsoupがとてもおいしそうです。
    とてもsoupがのみたくなりました。

  • 日常ミステリー。謎を解くのはスープ屋しずくのシェフ麻野。
    身体にも心にも良さそうなスープがずらり登場。どれも美味しそうでしあわせな気持ちになる。仕事に疲れたサラリーマンやOLの為にひっそりと朝も営業している。大々的に宣伝はせずあくまで口コミやご縁のもの。それに至る麻野の過去はなかなかの衝撃ものだったけど、全体的に優しさに満ちた一冊でした。続編はあるのかなぁ。
    こんなお店の常連になりたい。

  • 日常に寄り添ったミステリーであまり頭を使わずにゆったりと読めた。麻野さんの過去が思った以上にシリアスだったけれど、あの経験があったからこそ、周りの人の感情に敏感でよく考えられるんだな、と思いました。自分の家の近くにもこんなスープ屋さんがあったらいいのにな。

  • 謎自体は、それほど凝ったものではないけど、登場人物が魅力的。それにもまして、スープの魅力が格別。

  • 美味しそうなスープと共に謎解き。色々と意外。

  • 読み始める前、表紙の絵から麻野さんは女性だと思っていました。どの話も出てくるスープが美味しそうで近所にあったらいいなぁ、と思いました。理恵ちゃんと麻野さんはここから進展するのかなぁ。亡くなった奥さんの存在が大きいと思うけど、ぜひ進展してほしい。内藤さんは麻野さんだと思っていたので真哉慎哉くんでびっくり。シリーズ化されたようなので続きも読みたいと思います。

  • 静かにあったかい気分になれる小説です
    少しだけナゾトキ

  • スープ屋しずくの第2弾。
    あいかわらずスープがおいしそうだったし、
    短編集のような感じなので読みやすくてよかった。

  • うーーーん・・・微妙かも。
    近所にこんなお店があったらいいなとは思うけれど。

    感慨なないかな。

  • 過剰なダイエットによる摂食障害に陥る姉と、それを心配して手を尽くす妹のお話がよかった。
    他のお話もみんな、人を羨んだり、気遣いが不器用だったり、家庭に問題があったり、小さな闇を抱えながら生きているようで共感します。
    麻野の過去が明らかになるお話には驚き、慎哉君とのご縁に笑いました。

  • 日常の謎を扱った連作短編ミステリ。全体的にやわらかい雰囲気で、とてもスープが飲みたくなる。美味しそう。ミステリとしては、大体先が想像できる。最後の1話だけ、少し雰囲気が違ったなという印象。
    2016/11/11

全132件中 1 - 25件を表示

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連するまとめ

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

日本一の歴史をもつミステリーファンクラブ「SRの会」にて国内1位に選ばれた『ボランティアバスで行こう! 』著者の最新刊は、美味しくて心温まるスープ屋ミステリーです!
東京のとある一角。どこの店も「close」の看板がかかる早朝に、スープ屋「しずく」は、こっそり営業している。フリーペーパー制作の仕事をする理恵はある朝、しずくでポトフを口にした途端に、しずくの虜になった。
職場で起きた盗難事件と対人関係で悩み、食欲も減退していた理恵。店主の麻野に悩みを抱えていることを見抜かれて話すと、麻野は推理を繰り広げ、鮮やかに解決する!

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする