スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 1055人登録
  • 3.71評価
    • (47)
    • (148)
    • (99)
    • (15)
    • (3)
  • 124レビュー
著者 : 友井羊
  • 宝島社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800234131

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 日常に寄り添ったミステリーであまり頭を使わずにゆったりと読めた。麻野さんの過去が思った以上にシリアスだったけれど、あの経験があったからこそ、周りの人の感情に敏感でよく考えられるんだな、と思いました。自分の家の近くにもこんなスープ屋さんがあったらいいのにな。

  • 謎自体は、それほど凝ったものではないけど、登場人物が魅力的。それにもまして、スープの魅力が格別。

  • 美味しそうなスープと共に謎解き。色々と意外。

  • 読み始める前、表紙の絵から麻野さんは女性だと思っていました。どの話も出てくるスープが美味しそうで近所にあったらいいなぁ、と思いました。理恵ちゃんと麻野さんはここから進展するのかなぁ。亡くなった奥さんの存在が大きいと思うけど、ぜひ進展してほしい。内藤さんは麻野さんだと思っていたので真哉慎哉くんでびっくり。シリーズ化されたようなので続きも読みたいと思います。

  • 静かにあったかい気分になれる小説です
    少しだけナゾトキ

  • スープ屋しずくの第2弾。
    あいかわらずスープがおいしそうだったし、
    短編集のような感じなので読みやすくてよかった。

  • うーーーん・・・微妙かも。
    近所にこんなお店があったらいいなとは思うけれど。

    感慨なないかな。

  • 過剰なダイエットによる摂食障害に陥る姉と、それを心配して手を尽くす妹のお話がよかった。
    他のお話もみんな、人を羨んだり、気遣いが不器用だったり、家庭に問題があったり、小さな闇を抱えながら生きているようで共感します。
    麻野の過去が明らかになるお話には驚き、慎哉君とのご縁に笑いました。

  • 日常の謎を扱った連作短編ミステリ。全体的にやわらかい雰囲気で、とてもスープが飲みたくなる。美味しそう。ミステリとしては、大体先が想像できる。最後の1話だけ、少し雰囲気が違ったなという印象。
    2016/11/11

  • 店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、ランチやディナー以外に早朝にも営業している。偶然知った人、知り合いの紹介で知った等、いろんな人がお店を訪れます。
    彼らが持っている悩みを、店主の麻野は鮮やかに解き明かし、解決に導きます。
    最後の章は、店主の麻野と亡くなった妻、娘の雫の過去と現在を絡めながら謎を解きます。
    麻野に好意を寄せる理恵との仲も気になるので次が出たら読むかな。

  • 「このミステリーがすごい!」大賞作家描きおろしBOOK2013年11月、2014年2、5月、8月に描きおろし1篇を加えた5つの連作短編。宝島社文庫刊。しずくの店長浅野の推理が冴えますが、辛辣な問題を含んでいることが多くて、ちょっと哀しいです。

  • スープ屋しずくの店長さんが優しく謎をひもとく連作ミステリー。店長さんの生い立ちと奥様とのなれそめに涙する

  • この本も、本屋パトロールで平積みされているのを見て、
    「面白そう」
    と、チェックを入れていた本。

    すぐに図書館で検索をかけたが蔵書にはなく、諦めていたところ、先日
    「今月の新刊リスト」
    に、記載されていたのをたまたま発見し、ソッコーでリクエストをかけた。
    おかげさまで、かなり早くに回してもらえたと思う。

    先日、
    「初めて読む作家は勇気がいる」
    と、いうたが、著者も初対面です。
    でも、なんとなく雰囲気で
    「まあ、大丈夫やろう」
    と、気楽に読み始めたわけやけど・・・。

    結論からいうと、めっちゃくちゃ面白かった。
    面白かったというか・・・、なんやろうなあ
    「ああ、読んでよかった」
    と、思える本やった。
    2015年で印象深い本ベスト10には間違いなく入る。

    読書家もあまり読書をされない方も、本当に楽しめる本なんじゃないのかなと思う。
    こういうのも珍しいけれども、オススメしたいかなー。

    正直、想像していた内容と全然違っていて、また一話で登場する理恵が
    「めんどくさっ!」
    ちゅうかなんちゅうか・・・(笑)。

    ポーチがなくなったくらい、エエやんけ!
    と、心の底から思った。

    いやそりゃ気になるよ。気分も悪いけれども、そこまで気に病む!?
    ちゅうか・・・。胃が痛いとか、そこまで!? みたいな・・・(笑)。なんかもうスイマセン

    でも
    「たかがポーチ・・・」
    が、ここまで面白くなるとは。
    もし私が理恵なら、なくなったと思ったポーチが翌朝出てきたら
    「ふーん」
    程度やで!? そうか、ここを掘り下げないから、日常ミステリに出会わないわけやな!

    (出会わなくてもいいです)

    どの話も面白かった。
    どんどん作中にのめりこんでいくのは、著者の文章に慣れたというより、作中で著者の文章がどんどん洗練されていくからじゃないかなあ。
    とにかく一話の理恵は心理描写がめんどくさいし(いいすぎ)、
    「○○だ」
    「○○していた」
    「○○だった」
    と、いう文章の羅列が若干気にもなったりしていたのに、ふくちゃんの話からはもう、見事な叙述トリックというかミスリードというか・・・。
    究極は、五話だよね・・・。
    もうこれは完全に・・・・・・・・


    ネタバレだよ




    ネタばれるよ








    内藤が麻野で、暁が露だと思うよね!?


    私の読解力が足りないんじゃないよね!?








    「うっわー、だまされたー!!」
    って膝をうちたくなるほどじゃないけど、

    「・・・こうきたか・・・」

    と、ニヤリとしたくなった。
    どこか日暮シリーズと似てなくもないのに、こちらはさわやかというか、理恵のいうとおり信頼しあってるというか、・・・すてきな環境やすてきな人と出会いたかったら、まず自分を磨かないとあかんのやなとしみじみ思いました・・・。(^^ゞ


    私は料理が苦手やから人に食べさせることに興味がないのか、人に食べさせることに興味がないから料理が苦手なのかわからんけど、
    「私もこんなふうに、人の心を動かすスープを作ってみたい」
    と、いうよりも

    「私も料理人の知人がほしい」

    と、心の底から思いました。

    (せやから、すてきな環境や人に出会いたかったらまず自分を高めなあかんのちゃうのと)



    私は本を読むときは大概ブックカバーをつけている。
    読了後、ブックカバーを外して改めて表紙を見たら、

    「・・・うーん、ちょっと、イメージと違うかな・・・」

    と、思ってしまった。申し訳ない。

    この表紙のイメージで読み始めると、内容とはまたちょっと違うかもしれへんな。
    話のイ... 続きを読む

  •  ミステリとしては浅く食べ物本としては物足りない。
     材料はすごくよく読みごたえはあるのだが何かうまくまとめすぎた感があり不満。

  • いやー、いろいろ甘いし、ないわー!ないわー!ないわー!!・・・と思いつつ、ちょっと心に沁みちゃったりして・・・ちっ!www
    スープ~!食べたいよぉ~~う!www

  • 美味しいものを食べると、人の心は緩む。
    温かいスープなら尚更かもしれない。
    謎解きには向いている食べ物なのかな。

    ちょっと頑張って繋げようとしすぎじゃない?
    とも思うけどね。

  • 本屋さんでたまたま見かけて予約した本。ご飯屋さん、日常の謎、連作短編、というありがちなテーマというか。でも読みやすくて旅のお供にぴったり。まぁ旅で読んだわけじゃないけど。でも読んだ先から忘れていきそうなありがち感。しかしスープはどれもおいしそうだ。こんなお店いいよなー。でもケチだから行かないだろうけど。あと、一番最後の話はさすがに現実感がなさすぎるんじゃないか。年の差婚はいいとしても、壊れた夕月が再婚してまた子どもを産むとかあり?何歳なんだよ。

  • なんだろう全てが綺麗事で嘘の世界に思える。主人公が最後に店主からあの話を聞いて、家族になりたいと思う心情が理解できない。スープ料理と物語の関連もこじつけっぽいし、心が解ける感じは殆どしない。

  • 「スープ屋しずく」シリーズの1作目です。

    宝島社文庫なだけに?、
    連作短編のライトミステリーの体ですが…、
    ミステリー要素はほとんどなく、本作では、
    むしろ、それで正解だったと思います。

    当初は、シリーズ化が前提じゃなかったのか?、
    最後の書き下ろしで、
    お店の過去が、すべて明らかにされましたが…、
    シリーズ化されたので、小出しでよかったかも。

    こんなお店があれば、最高ですよね~。
    あれば、確実に通っていますねぇ…(笑)

    (評価は、少し甘めですかね~)

  • めちゃめちゃ面白かった!
    読んでいくうちに謎がとけてって
    とっても楽しいです。

    スープ屋しずく の スープ が
    魅力的すぎてヨダレが出ます♡笑

  • とにもかくにも、おいしいスープが飲みたくなります。仕事に悩むOLが主人公の、スープ屋を舞台にした日常系連作短編ミステリ。

    最後の話は少し重い話ですけども、おすすめできる小説です。短編だし、少しずつ読み進められますよね。

  • スープ屋しずくに通うお客さんにまつわるお話。
    どの作品にも ちょっとした謎があり 店長の麻野が解いてくれる。
    出てくるスープも 読んでて 絶品なものばかり。
    登場人物がそれぞれリンクしているので その面白さもある。

  • 穏やかな時を慈しめるのは変わらない日常がかけがえない時だと身にしみてわかっているから。
    「ヴィーナスは知っている」で伊予がすごくいい子だと悲しくなりました。
    理恵も応援したくなるし麻野と露の親子はあったかい。
    いろんなナゾを解きながら心から温まるお話です。

  • クラムチャウダー、ボルシチ、ポトフ…。美味しそうなスープが次から次へと出てくるのがたまらない。こんなお店行ってみたい。心も体も温まりそう。店長さんの人生が波乱万丈!

全124件中 1 - 25件を表示

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連するまとめ

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

日本一の歴史をもつミステリーファンクラブ「SRの会」にて国内1位に選ばれた『ボランティアバスで行こう! 』著者の最新刊は、美味しくて心温まるスープ屋ミステリーです!
東京のとある一角。どこの店も「close」の看板がかかる早朝に、スープ屋「しずく」は、こっそり営業している。フリーペーパー制作の仕事をする理恵はある朝、しずくでポトフを口にした途端に、しずくの虜になった。
職場で起きた盗難事件と対人関係で悩み、食欲も減退していた理恵。店主の麻野に悩みを抱えていることを見抜かれて話すと、麻野は推理を繰り広げ、鮮やかに解決する!

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする