このミステリーがすごい! 2015年版

  • 161人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (14)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : 『このミステリーがすごい!』編集部 
  • 宝島社 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800234902

このミステリーがすごい! 2015年版の感想・レビュー・書評

  • そうか、1位はこうなるのか。

  • ため込んだぞ

     次読むべき図書を確定した。あまりインパクトがないのだが、10冊程度は確保したぞ。寝床で読もう。

  • 載ってるもの全部読みたくなる!!!

  • 請求記号:902.3/Kon
    資料ID:50078113
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 全部読んでないので既読にはしませんが。一ヶ月で目を通しました。

  • <内容>
    いつもの通りですが、「オールタイムベスト10」が新しいところか…。年末にやっていた「このミス」大賞作家の書き下ろし&ドラマ化のせいか、過去の大賞作家の本篇での書き下ろしは、柚木裕子の『裁きを望む』一本でした。
    ベスト10については、もう報道も広告(本の帯にも…)もされていますが、ここに載せるのはやめます。

  • 毎年とても楽しみにしている。翌年のの自分の読書の指標となっている。
    今年はこれまで一度も読んだことのない作者さんが多くて、読書の幅が広がりそう!

  • 毎年、楽しみにしている『このミステリーがすごい!』を読む時季がyってきた。今年の国内の傑作ベスト20位はそれなりに読んでいたので、これが○位なのか…としみじみ。2014年のミステリー小説界は結構、良作が豊作だった年なのではなかろうかと個人的に思う。新人作家陣が頑張っていた印象が強い。これを期にランクインされている苦手な作家の作品を読んでみようかと考えているが苦手意識が先行をしてしまい、難しそうな気もしてしまう。

  • 毎年買って、トップ20の中から作品を選んで読んでいます。
    どんな本と出合えるか楽しみです。
    毎年恒例、年末の読書のガイドブックになっています。

  • 去年より興味が湧く作品がいくつかある。
    現実の事件からフューチャーされた『後妻業』が15位とはびっくり!

  • このミスのランキングは、ミステリ好きが選ぶ通な作品が並ぶ印象があります。1位以外の作品やニューカマーの批評も楽しみにしています。

  • 読んで良かった。ベスト20でも一冊も読んでなかった。すばらしい。読みたい物語もたくさん見つけられたし。「その女アレックス」とケイト・モートン「秘密」は、特に楽しみ。関係ないけど、初野晴さんの近況が途絶えた。「惑星カロン」いつ上梓されるのだ。いつなのだ。

  • 毎年恒例、年間ミステリーガイドブック。

    昔はランキング予想してみたり、あーだこーだ言ってみたりしたけど、ここ最近は、完全にこれから読む本の参考にさせてもらってます。

    最近のランキングは接戦のイメージがあったけど、今年は国内・海外ともにぶっちぎり1位ですね。
    風物詩的な年間ミステリーランキングは他にもあるけど、そちらでも軒並み1位!

    海外物はなかなか読めないけど、気になりますね。

    他にも、国内短編ミステリーベスト20 オールタイムベストが今年の特別企画。

    最近集中力が落ちて、なかなか長編が読めない(-_-;)身としてはとてもありがたい企画。

    でも、短編のタイトルだけなので、どの作品集に収められているのか、買うなりなんなりして読むことができるのかがわからないのが残念。

    忙しいこの季節、読みたい本が増えるというのはとても嬉しいことなんですけどね。

  • 年末恒例の『このミス!』の季節がやって来た。自分の興味は、ここ数年、めっきり発刊数が減少した海外ミステリー作品の動向である。

    まずは、『Best10 海外編』。第1位は、ピエール・ルメートルの『その女アレックス』か!これで、今年度の六冠達成は物凄いことである。やはり、テリー・ヘイズの『ピルグリム』は読むべきか。他のBest10には入らなかったマーク・グリーニーの『暗殺者の復讐』がなんとかベスト10に滑り込んだ。マイクル・コナリー、ジェフリー・ディーヴァーの常連組はどうしたことか。世代交代と新鋭の台頭という波乱!

    『我が社の隠し玉』。ベリンダ・バウアーの新作、トム・ロブ・スミスの久々の新作が楽しみ。スティーヴン・ハンターの新作はもうすぐ。えっ!来夏、スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』の続編が出るのか!

    書き下ろし短編は、大好きな柚月裕子の佐方貞人シリーズ『裁きを望む』。

    今年も『このミス!』は充実してるな!これで、520円は安い!

  • エッセイ「私の隠し玉&作家生活で忘れられないこと」
    ・綾辻行人
    ・有栖川有栖
    ・岩井志麻子
    ・桜庭一樹

  • 2014/12/10 Amazonより届く。
    2014/12/14〜12/31

    今年も文庫化される3年後用に。米澤さん、ようやく一位になったんだ。ここのところ、ずっとランクインしてたからね。月村氏と柚月裕子さんの作品面白そうだ。新規購入作家の仲間入りさせよう。

全16件中 1 - 16件を表示

このミステリーがすごい! 2015年版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

このミステリーがすごい! 2015年版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする