一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 205人登録
  • 3.35評価
    • (5)
    • (23)
    • (33)
    • (7)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 八木圭一
  • 宝島社 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800236524

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーむ。どこにミステリーがあるんだ!?
    毎回、このミス作品は合わないのぉーと思いながらも、つい読んでしまい、激しく後悔と苛立ちを感じる。一体誰が選んでいるんだ?

  • あまりにも著者である八木さんの伝えたいことが全面に出すぎて、ミステリーとしての面白さが目減りしてしまっているような気もしてしまう。
    登場人物も年齢差が歴然とあるはずだ。
    なのに、何故か読んでいるとそれぞれの言動から年齢をうかがい知ることが出来ない。
    たぶん描き分けがはっきりとしていないためだろう。
    主人公である犯人の言っていることは間違ってはいないと思う。
    でも、すべてが正しいわけではない。
    どうしても犯人の方法に共感することができなかった。
    物語を通して伝えたいことはわかるけれど、力が入りすぎてしまって多少辟易しないでもない。
    本当に伝えたいことはもう少し淡々と描いてもらったほうが読みやすいような。
    国家の財政問題をとりあげたのは興味深かったけれど、ミステリーとしては題材としてこなれていない。
    人物描写も含めて残念な思いが残る物語だった。

  • 結構骨太なミステリー小説で読み応えあり。かなり面白い。

    フィクションだけど、フィクションだと言い切れない、リアルな問題に疑問を投げかけている。
    日本に巣食っているいろんな闇、長年放置されてきた様々な問題に、誰も責任を取らず、何ら説明をされないこの世の中を憂い、既得権益にすがる政治家や官僚に怒り、一石を投じようとする犯人。法を犯すことは許されないことかもしれないけど、後世を慮り闘おうとする姿勢は、犯人とは言え加勢をしたくなる。

    単純に解決しない構成と愛のある登場人物たちが非常に魅力的な作品。

  • 評判倒れの社会派ミステリー。日本政府の財政赤字と同額の1085兆円を要求する誘拐事件というアイディアは面白いが、それだけだった。多くの登場人物の視点で綴られるストーリーもあまりに断片的過ぎて、物語にのめり込めなかった。

    帯には『このミステリーがすごい!』大賞受賞作で、『週刊新潮』『毎日新聞』『産経新聞』で話題だとか書いてあるが、騙された感が残る。

  • あまり、この手の小説は読まないのだがそこそこ面白かった。主題は財政破綻であり、これからの世代へのツケ越しの話である。それを豪腕でなる元副総理の孫を誘拐する話に仕立て繰り返し啓発してくるスタイルはややもすると鬱陶しいのだが、本作はしっかりと周辺やプロットが練られ、小説の体を十分なしており、エンターテイメントとしても読むに十分耐えられる。

  • すごくよかった…
    込められた政治思想に偏りはあるけど、政治を見ながらこういうことまで考えられてなかったなーって思ってこの本に出会えてよかった
    また絶対読む
    映画も観る

  • 170316図

  • ドラマ化されてから小説を読んだため、読み進めるとドラマの情景が浮かんでしまった。それはともかく、とても面白い話であった。

  • 2017.2.12

  • 政府の財政政策に異を唱える目的で元副総理の孫を誘拐し、身代金として日本国債と同額を要求する事件が発生する。
    学生運動を彷彿させる拙く短絡的な正義感が、その欠点と美点も理解したうえで上手く描かれていると思います。なかなか面白い作品でしたが、中盤で事件の真相に予想がつき、結末までもが予想通りだったので、もう少し捻りが欲しいところでした。

全25件中 1 - 10件を表示

八木圭一の作品

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

第12回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作。元副総理の孫が誘拐された。日本政府に突きつけられた犯人からの要求は、財政赤字とほぼ同額の1085兆円の支払いか、巨額の財政赤字を招いた責任を公式に謝罪し、具体的再建案を示すかの二択だった-。警視庁は捜査一課特殊犯係を直ちに全国に派遣し、国家の威信をかけた大捜査網を展開させる。やがて捜査陣は、あるブログを見つけるが…。

一千兆円の身代金 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の単行本

ツイートする