服を買うなら、捨てなさい

  • 1583人登録
  • 3.78評価
    • (110)
    • (195)
    • (146)
    • (23)
    • (8)
  • 194レビュー
著者 : 地曳いく子
  • 宝島社 (2015年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800237392

服を買うなら、捨てなさいの感想・レビュー・書評

  • ありがちな内容だけど、簡潔で良い。
    良い靴を買おう。
    着てみてやめた服はさよならしよう。

  • 【5 買い物に出かける前に】

    ・価値ある買い物をしよう!
    「同じ買うなら、素敵な買い物をしましょう」

    ・買い物に行く時の手順と心構え
    手持ちの服の見直し。
    「足りないピース」を探しに行く。
    1週間で着そうな組み合わせを作ってみましょう。そのとき、使わず脇によけた服は、その場で処分。

    出かけるときは、組み合わせ予定のトップスやボトムスを着て行く。
    靴はいちばんよく履いている靴を。

    ・買っていいのは「今着るもの」だけ
    最長でも、1週間以内に必ず着る服を買う
    それ以上先はダメです。
    「流行りそうなもの」には手を出さない

    ・高いか安いかは、着用回数で判断する
    「それを買ったら何回くらい着られるか」
    「何年」ではなく、「何回」です。
    お金を使っていいのは、繰り返したくさん着るものだけです。

    ・買い慣れた価格帯から選ぶ
    気をつけたいのは、安いもののほう。安いものに手を出す時というのは、ストレス発散だけだったりするもの。

    そんなときは、クリームやソープなど、同じ値段でも普段は買わない贅沢な消耗品を。

    ・「試着の罠」にご用心
    靴は両足履いて、前後のサイズも履き比べる。
    パンツはブランドによって違うので、最低2サイズははき比べ、しゃがんだり座る姿勢を。

    トップスは、両腕を上げてみる。
    ジャケットなどのアウターも、片手で反対側の肩を掴むことが出来るか。

    自分の日常の中でやる大きな動作をひと通り試してみると、失敗を防ぎやすくなる。

    ・買えなくても落ち込まない
    似合う服は必ずある。1シーズンに2点あれば大当たり。
    「よけいな服は持たない」

    ・準備が整ったら、いざ買い物へ
    メイクを今の顔にすること。
    下着のアップデートも忘れずに。

    【6 買っていい服、ダメな服】

    ・◎買っていい服のポイント3点

    ・自分をよく見せてくれて、気分が上がる服
    逆に、そういう服でなければ新しく買い換える意味はありません。

    今持っている服と同等か、それ以下のものに手を出すのはナンセンス。

    ・定番品のアップデート
    去年はとても素敵に見えて気に入っていたのに、今年はなんだか裾や丈のバランスが気になる。

    そういうごくわずかな変化、それこそが流行であり、今の空気なのです。

    アナ・ウィンターは、定番でも微妙な変化があることに気づきます。定番化したスタイルでも、細部のアップデートをきちんとしているから、いつ見ても古くなく素敵に見えるのです。

    自分の好きな定番スタイルを保ちながらも、いつ見ても素敵に見えるようにするためには、アップデートをこまめに行いましょう。

    そうやって、自分の容姿の変化とも上手く付き合いつつ、今できることー今っぽく、よりきれいに見える服ーをし続けていれば、ずっと素敵な人でいられます。

    新しいものを買ったら、古いものはすぐ処分するのが理想です。

    ・優秀なボトムス
    大人になったらボトムスにお金をかけましょう。
    面倒がらずに試着すること。

    ・× 買ってはいけない服のポイント3点

    ・条件付きの服
    こういうトップスがあったら素敵に履けるスカートなどのことです。
    「たられば」で買い物をしてはいけません。

    ・大物の「差し色」
    冒険して買っても確実に着ません。
    差し色は小物で試しましょう。

    俗に言う「定番カラー」が、あなたにとっても定番カラーというわけではありません。
    着こなせる色も、人それぞれに担当があります。

    ・今の時代、一生ものはありません
    ひとつは、時代により素材が変わり、劣化しやすくなったこと

    もうひとつは、年とともに自分自身が変化していくこと

    ・△買ってもいいけど注意が必要な服

    ・難しめの流行りもの
    どうしても着てみたいなら、自分の得意なトップスかボトムスと組み合わせる「50:50」の作戦で。

    ファストファッションで試すのが無難。... 続きを読む

  • 2017.2 市立図書館 

    大事なのは、「今着る服」

  • 【No.45】「買うは天国、捨てるは地獄。買うときは楽しいが、捨てるときはものすごいパワーが必要」「人はプラスポイントよりマイナスポイントのほうが強く記憶に残るもの。得点を稼ぐ前に、減点を防ぐ」「バッグより靴を身につけている時間のほうが、圧倒的に長い。自分にとって何が大切なのか、それによってお金や力の使い方は偏らせたほうが賢明。何にでも全力投球なんて、効率が悪いし疲れるでしょう?」

  • 著者とは価値観が違いすぎてしっくりこなかった。納得できたのは、「着用回数で高い安いかを判断」くらいかな?「福袋はゴミ福袋」にも納得!笑。流行りにとらわれずに「今っぽい」ってむずかしい…。

  • 再読
    自分に似合うものを、自分が好きなように着たいなー。ワードローブをスッキリさせたい。と思いこの本を手にとった。
    買い物の下準備や心構え、なるほどなと心に刻めた。着用回数で考えるのも、理にかなってる。
    おしゃれを楽しもう!!

  • 雑誌などの着回し特集はプロが行っていること。たとえワンパターンようのにみえても自分の似合うスタイルを持っているということが大切なこと。定番アイテムは2~3年おきに更新していくこと。同じようにみえても微妙幅や首回りのゆとりなどが変わっており、それが「今」の空気だということ。「若い」というのは、若い世代の服を着ることでもなく、昔の若いころの服を着れることでもない。今の自分を愛して等身大の今の自分を表現する服を着るということ。服に関する情報もなるほどと思ったが、著者自身が若い時からの試行錯誤を重ねて素敵な大人に成熟していることが感じられる。

  • この本ですね、洋服選びに目が覚める思いになります。
    30代女性の必読書じゃあないでしょうか?

    内容をざくっとまとめると、こんな感じ。

    ・一般人は、服にバリエーションがなくて良い
    ・本当に似合っているものだけに、収束されていくのが理想
    ・パンツが似合うなら、あえてスカートを履かなくてもよい
    ・朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服は、捨てなさい
    ・靴は履き心地が良いものを
    ・洋服の値段の高い/安いは、1回当たりの着用単価で判断する
    ・3,800円の安物を買うなら、高価なタイツを1着買った方が良い
    ・気分の上がるファッションを!


    似合わない服を処分していこうという気持ちが搔き立てられます。

    その後すぐに断捨離。
    がっつり30着捨てられました。


    「次にもっとイイものを買うため」と捉えると
    勿体なさも感じないものです。

  • なんでも捨てなさい&少なければよいというのとは違い、意味のある説得力のある理論が展開されていてよかった。
    いつかまた、は素材の進化や自分も変わるなどでありえないのも納得。
    不自然な若作りや時を止めたような抵抗、歳を重ねたなら重ねたなりの「今」の流行に合わせるのがおしゃれ。なるほど。

  • いつも 同じ様な洋服ばかり買ってしまうコトを気にしていた私。それでいいんだよ。と言ってもらえて 嬉しかった。歩くコトを大切に思っているので 靴には気をつけているのですが オシャレにも靴は大切ですね。読んでよかったです。

  • 断捨離をきっかけに、以前に比べて減った物欲。この本のおかげでさらに物欲がなくなったかもしれない。流行を追わなくても、自分の好きなものを身につけよう。そして、年齢に見合うものを。

  • 今の格好をする。今の、50代の格好。普段履きの靴2-3足、トップス10-15枚、ボトムス3-4枚、ジャケット・カーデガンなどのはおりもの2-3枚、アウター1-2枚、ブラジャー3-5枚、ショーツ10枚 褒め言葉は、本気にしていい。スタイルを磨くとは、自分を研究すること。ボロボロのタオルやポーチを持っている人。

  • 好きな服だけでいいじゃない。着回しにとらわれるのはやめよう。

  • 今日何着よう?って着てみて「うーん」って思う服は、捨てる!
    トレンドよりスタイル。

    着てない服がいっぱいなので、そろそろクローゼットの棚卸しをしなくてはと思っていたので、背中を押してくれる1冊でした。

  • 20代後半の私
    著者が50代といあこともあり、30代、40代に向けての語り口が多く先のことを知る意味では肝に銘じることも多々あったがいま現在の収穫としてはタイトル通り「服を買うなら、捨てなさい」がすべてかと

    高かったからとか、かわいいからとか、思い出があるからとか、理由はいろいろあれど「いま」似合っていないのであれば別れを選ぶのも大切

    ・人はプラスポイントよりマイナスポイントのほうが強く記憶に残る(P.50)
    ・服の処分の原則は、とにかく「自分にマイナスポイントを与えるものを家に置かない」(P.69)

    編集:小嶋優子
    構成:植田裕子
    イラスト:宮原葉月
    ブックデザイン:小口翔平+平山みな美(tobufune)
    DTP:藤原政則(アイ・ハブ)

  •  タイトルの通りの本。
     「断捨離」や、「ときめきの魔法」を読み、その直後にはモノが減るけれど、いまだにタンスの中には2年も袖を通さない服であふれている。
     ほんとに、毎朝「何を着よう」と悩むのは面倒くさい。

     著者の言う「いつも同じ格好でもいいじゃない」というのは目からうろこ。
     朝、手に取ったけれども着なかった服は捨ててよいというのは、最初乱暴な意見だと感じたが、イマイチだと思う格好で過ごすよりは、自分がきれいだと思える格好で過ごすほうが気分もよいだろうし、「よい」と思う服の手入れをまめにおこないつつ着回しする方がはるかに楽だろう。
     そして著者は言う。より良い服、高い服を手に入れ、それを何度も着倒したほうがお得だと。

     出た、ハイブランド志向。

     この本は、もともと服に興味があり、ファストファッション等で服を山のように買い込み、あーだこーだと悩む人にはすごい向いている。
     しかしながら、服など相手の失礼にならない程度でよく、自分が快適であれば、さほど重要度が高くない、と思う人がうかつにハイブランドに手を出すと、「高いしモノもよいのだけれども、いまいち自分には似合わない」服を抱え込む結果になりはしないだろうか。だって、そもそも服と自分の関係性をそこまで見ていないのだから。似合う似合わないの判断が難しい。(少なくとも私はそうである)
     そもそもファッション大好き!で年齢を重ねてきた人は、「安い服より高い服を着倒す」ことに気づいているのではなかろうか。すなわち「ファストファッションを着た自分がダサい」ということに。

     また、この本を読んで、本当におしゃれな人は、一種のアーティストなのだと思った。なぜなら、服を選択する目線が己の能力に依存しすぎる。(著者がスタイリストなので当たり前であるけれど)
     画家が同じモチーフで何枚も絵を描くように、おしゃれな人は同じようでありつつもバージョンアップをした服を身にまとうのではなかろうか。そう考えると尊い。

     とりあえずは、日常のよく着る服を着倒すのではなく、「すこしはいい感じ」なものにバージョンアップすることから始めようかなと。

  • とても読みやすくて一気に読みました。
    冒頭にある「バリエーションの呪い」は本当に自分にも当てはまる。
    早速クロゼットの整理をしたくなりました。
    あと、靴!やはりオシャレは足元からかぁー。

  • バリエーションの呪い、着回しの呪い、流行が三カ月で変わる(恐)…本当にうなづきながら読んでしまった。ある意味、ファッション界にとっては禁断の書ですね(笑)。気に入ったものは色違いじゃなくて同じの二枚買えば良い、週に2回同じの着たって良い…目からウロコ。

  • トレンドを追うのではなく、スタイルを確立するほうがオシャレでカッコいい。
    自分にはあまり似合わないものを着てテンション下げるより、自分のスタイルの服を着て自信をもとう。

  • 文章も内容も簡潔で、さらっと読める!

    「ワードローブは偏ってていい!」は、けっこう自分の中では衝撃。いつも暗い色で同じようなのしか持ってないなーとかいつもワンパターンだなー、とかファッションへの苦手意識が日に日に増してきてたけど、それもありなんだ、と思えて気分が楽に。

    著者も同じ服を2日続けて来たりするんだ!とびっくり。
    ファッションに対する思い込みをいつのまにかしてたんだな、と思い知らされた。
    お買い物の仕方も参考になる。
    家にある服を早く整理したい!実践できるかな…

  • 30代女性でクローゼットがぐちゃぐちゃしている人にお勧めの本。
    着る服にバリエーションの必要無く、気に入ったものを少数精鋭で着ることがおしゃれへの近道という内容に納得。
    自分の定番を作りたい。

    「買うは天国、捨てるは地獄」、いい言葉だ。


    参考になった部分

    ≪理想のワードローブの数。p74≫
    ワンシーズンの約3か月に対して
    ・普段履きの靴2-3足
    ・トップス 10-15枚(ニット、ブラウスなど。Tシャツ含む)
    ・ボトムス3-4枚(スカート、パンツ)
    ・ジャケット、カーディガンなどの羽織りもの2枚
    冬なら、ここにアウターが1-2枚入る
    ・下着ブラ3-5枚ショーツ10枚程度
    このくらいの量を維持

    ≪キーワードは、「今週2回以上着たい服」p83≫
    ・今の行動範囲。
    ・今の生活様式。
    ・今の時代の気分。
    この3つに合っているのが、自分が着ていても心地よく、人から見てもおしゃれに感じられる服。
    人間は日々変わっていくもの。

    ≪大人にふさわしい、おすすめアイテム p138≫
    ・靴 3-5万円
    ・皮の手袋(ベーシックな色)1-2万円
    ・ストール(差し色以外なら、自分が持っている服の色の薄い色か濃い色を選べば失敗がない)2-3万円以上
    ・5千円以上のタイツや1万円以上の下着。見えない自分自身の自信のために。

  • 断捨離真っ最中の中、ミニマリストみたいな服だと味気なく、ファッションが得意というほどでもないので、何か指標がほしくて話題だったこの本を古本屋で購入。

    語り口も読みやすいし、捨てるべき服をバッサバッサ切り捨てていく爽快感がある本だった。

    歳を重ねるにつれて、生活スタイルが変わるにつれて、似合う服は変わる。「今」の自分に似合う、好きな服にアップデートしていこう。なんとなく着てない服は捨てよう。
    という趣旨。

    私が心に残っている、昔のルミネのキャッチコピー「好きは片思い、似合うは両思い」に通じるところがあると思った。


    本書で具体的に役立ったアドバイス

    ・「ダサい」の印象は「おしゃれ」の印象よりかなり強い。いつも素敵な人という印象になるために、イマイチな服は排除する。

    ・朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服はそのまま処分しろ。

    ・スカートが似合わないならずっとパンツでいい。無理に似合わないものに挑戦しなくていい。得意分野を伸ばせ。

    ・定番ものにも流行はある。2〜3年でアップデートしよう。

    ・コストパフォーマンスは「何年着られるか」ではなく、「何回着られるか」。毎日着たいくらいの服なら着倒していい。

    ・素材の性能の変化、自分自身の変化、微妙な流行の変化があるから、「一生もの」のものはほとんどない。


    気に入って似合ってるワードローブはワンパターンになってもいい、靴にお金をかけろ、とかは他の本でもすでに読んだかな。

    気に入ってないものを手放すというのは「人生がときめく片付けの魔法」と同じだけど、捨てるべきものの基準がどういうものか具体的だった点がよかった。

    1箇所同意できないのは、ムダ服の代わりに買うべきものとして、ハンドクリームやボディソープといった贅沢消耗品が挙がっていること。まさにロクシタンのハンドクリームが家にあるけど、クリーム類は散々人からもらったものが溜まってるので、高いものをわざわざ買う必要は、私にはないな。

  • 長年積み重ねて身動きが取れなくなっていた「服」の問題を一気に解決してくれた。忙しい人は中身を読まなくても題名だけしっかり頭に叩き込めば、本書の内容は全部理解したと言っていい。

全194件中 1 - 25件を表示

服を買うなら、捨てなさいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする