響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)

  • 260人登録
  • 4.26評価
    • (31)
    • (29)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 武田綾乃
  • 宝島社 (2015年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800239822

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1.唸れ!トランペットのみ読了

  • 今回も読む音楽も良いもんだ(*´∀`)♪と思った。いや、やっぱり実際に聞きたい!(>_<)特に駅ビルコンサートの場面が大好き!全国大会よりも…(^^;)滝先生と奥様の事も明らかになり、それぞれ進路や恋と青春のお悩みはあるものの、良い一年だったなぁ(^^)

  • ネタバレ 完結?。お腹の中に秘密や葛藤、負の感情を抱えながら互いにぶつかりあう。こんな描写を繰り返しながら物語は一つのクライマックスへ。決して満足のいく結果ではなかったものの、全力を尽くした清々しさと別れの寂寥を交えながら、吹奏楽部の面々は新たな進路に、また次学年の進級に向かう。男子って、本作登場の女子ほどネチネチしたことは考えてないなぁ、そんな感想が出てくるほど、いやらしさとネチっこさ満載の物語。それがまた、関係が良い方向に向かった時のカタルシスの大きさも生む。女子どうしのややこしい関係に心囚われた逸品でした。

  •  これまでベールに覆われていたあすかの心情に迫りつつ、全国大会までの軌跡をたどる。何かに一所懸命になれることの大切さを再認識させてくれた。損か得かなんて関係なく、ただこの瞬間に全力を尽くす、そういう体験を自分もしたい。

  • 3巻は北宇治高校吹奏楽部の心臓であるあすかと、久美子の成長編。
    今まで普通であることにこだわり、優柔不断でどこか1歩踏み出せなかった久美子が、やっと成長を見せます。
    この物語は本当にキャラクターが魅力的で、優柔不断で流され易い久美子と天才的だが周りを見通す力や相手を思い遣ることのできない麗奈、美しい容姿と優しい性格、そして他人を思い遣る心をもった香織、感情的で暴走し易いが他人想いな優子、そして優しいが故に決断できない部長の晴香と、理論的で完璧な副部長あすか、それぞれが吹奏楽で音楽をすることでどう成長していくのかがこの物語の肝だと思います。
    そして悩める子どもたちに対し、少し年を重ねた橋本と新山、滝先生の大人組もなかなかに切ない。
    音楽を通してひとはどう生きていくのか。大人になればたかが部活と言ってしまえる人もいるけれど、子どもたちは今その時がすべてなんです。そしてそこには部活という二文字だけでは片付けられない何かがあるのです。そしてそれは大人になったらもう二度と手に入れられない。
    滝先生は本当に愛に溢れていて、久美子のどうしてここまでって言葉には一番泣けた。

    この小説を読んで、青春って本当に素晴らしいなと思いました。そして自分自身、この小説に共感できる高校時代を送れて幸せだったと改めて感じました。
    アニメも手が込んでいて大変素晴らしかったので、ぜひ3巻まで描ききってほしい!!!!

  • あすか先輩の秘密と久美子の姉の件と全国大会を軸にして話が進む。
    登場人物の9割が京都の方言を使うせいで、みんな粗野でくだけた性格に見える。
    美少女はおしなべていい香りがして肌は白い。
    幼馴染二人の絡みが少しだけある。この二人のやりとりを楽しみにしてると物足りないかも。もどかしい距離感で良かったけど。
    チューバ夫婦、微笑ましい。
    アニメより百合色薄いけど百合だと思って見れば百合かもしれない。多分麗奈のせい。
    「ゆるりと弧を描く」「クツリと喉を鳴らす」など特徴的な同じ言い回しが何度か出てくる。

  •  あすかが吹いていたあの曲、聞いてみたいな。

  • 一区切り。これで完結かー。

  • あすか先輩のお当番のお話。スーパーマンのあすか先輩の高校生らしさがちょこっと垣間見えた貴重なお話。これで3年生が卒業してお話も終わりかな。1年生が入ってどうなったかも見たい気がする。

  • これでシリーズ完結なようで、ちょっと淋しいですね。でも、まとめの巻としては良かったです。1巻や2巻で残ってた謎も回収されましたしね。いい話でした。

全22件中 1 - 10件を表示

武田綾乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)はこんな本です

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)の作品紹介

猛練習も日常となり、雰囲気もかなり仕上がってきた矢先、北宇治高校吹奏楽部に衝撃が走った。副部長で、部の要と言える三年生のあすかが、全国大会を前に部活を辞めるという噂が流れてきたのだ。母親との確執から、受験勉強を理由に退部を迫られているらしい。さらには、楽器に対する複雑な心境をあすかは久美子に打ち明ける。はたして大会の行方は-。"吹部"青春エンタメ小説の決定版!

ツイートする