みんな、いつか個性に変わる欠点を持っている

  • 48人登録
  • 2.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (3)
  • 4レビュー
著者 : 石川ゆみ
  • 宝島社 (2015年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800240095

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
又吉 直樹
吉田 豪
川村 元気
有効な右矢印 無効な右矢印

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているの感想・レビュー・書評

  • ももクロの振り付けをしている方の本。
    まず言えるのは非常に読みづらい。もうちょっとどうにかならなかったかな。どういう風に指導してももクロはどうなったかを知りたいのだが、良い子の作文って感じ。
    ももクロファン以外が買ったら、金返せって言うレベル。

  • 悪いことは書いていないんだけど、
    最後まで読んで印象に残っていることがほとんど無かった。
    全国的に有名なアイドルの振付師という背景を、
    自分の主張の説得力として活かすことができていなくて、
    無名の振り付け師さんが書いても同じような本になるんじゃないかとちょっと残念な感じだった。
    あと、タイトルにあるようなポジティブな方向にすすめるような記述が少なかった。

  • 人は、どうやって成長していくのか。欠点とどう向き合っていくべきか。それが、アイドルや歌手といった常に人の目にさらされる存在であれば、常に向き合わなければいけないテーマです。
    アイドルグループ ももクロZやμ'sの振付などを担当する石川ゆみさんが、常にステージ上で緊張にさらされながら活動する人たちが、どのようにして自分の欠点や成長と向き合っているか、それを振付を教える立場から見た上で語った一冊です。
    この、本で語られている個性や欠点、成長のための努力などは実は多くの自己啓発書で語られているテーマで、実際にステージ上にいる人たちが、どうやっているのかが客観的に語られています。
    自分が成長したい、欠点に悩む人にもそうですが、同時に伸び悩む部下をもつ中間管理職にとってこの本はヒントがある一冊かもしれません。

  • ももクロの振り付けを担当しているコレオグラファーの石川ゆみさん初の著書。著者のゆみ先生はよく人を見ている。そして、言わなければならない事は絶対に言う。更に欠点は直すのではなく、個性として受け入れてあげる。なかなかできるものではない。ももクロの個性的なパフォーマンスの秘密が垣間見れる。そして、ももクロメンバーからの絶大な信頼を得ている理由も分かる。指導する立場の人には参考になる本です。

全4件中 1 - 4件を表示

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているを本棚に「読みたい」で登録しているひと

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているを本棚に「積読」で登録しているひと

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているの作品紹介

アウェイの環境へひるまず飛び込んでいけ!!ビジネス、学習、コミュニケーション、トレーニング、一流を支える振付師による指導論。特別対談・ももいろクローバーZ収録。

みんな、いつか個性に変わる欠点を持っているはこんな本です

ツイートする