『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)

  • 68人登録
  • 3.59評価
    • (4)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 宝島社 (2015年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800240378

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)戻り川心中(連城三紀彦)/妖婦の宿(高木彬光)/押絵と旅する男(江戸川乱歩)/DL2号機事件(泡坂妻夫)/桔梗の宿(連城三紀彦)

  • 黒に続き赤も読了、収録作品は

    「戻り川心中」(連城三紀彦)
    「妖婦の宿」(高木彬光)
    「押絵と旅する男」(江戸川乱歩)
    「DL2号機事件」(泡坂妻夫)
    「桔梗の宿」(連城三紀彦)

    「妖婦の宿」のみ未読、他は、特に連城作品は何度も何度も…そして気づいた。
    連城三紀彦作品において「桔梗の宿」こそが自分にとってのナンバー1作品であるということ、数多ある佳作、傑作の中でも最も己の心象に訴え。圧倒的に情景が心に浮かび、薄幸の少女の切な過ぎる想いに身体が震える気持ちになるのも、この桔梗以上に己を駆り立てるモノはなかった。

  • ミステリーアンソロジー

     連城三紀彦氏の「戻り川心中」を再読したくて借りた。ある意味ダブルどんでん返しの本作は、初読では意味がわかりにくかった。今読んでも実はあまりスッキリしない。歌人が主人公だからだろうか?それともその主人公がもてる男だからだろうか? たぶん後者だろうなぁ。

  • 「このミス」が選んだ、国内の古今短編ミステリベスト10から5つを選んだアンソロジー。短編なので読みやすいですし、有名な作家さんの珠玉の名作がまとめて読めるのがまたいい。奥行きのある良きミステリを楽しめます。

  • 未読だった「妖婦の宿」、「押絵と旅する男」めあてに。どちらも期待のわりにはそこまででもという感じだった。既読の他2作は文句なしの傑作で、納得の収録。

  • 既読の作品も多かったが、昔の作品が多く忘れているので一応楽しめた。

    何れも有名な作品なので、それぞれの作品世界があるが、ただ、古い作品が多いので、ロマン幻想趣味がよりプラスに作用している。この手のベストをやるとそれが有利に働くのだろう。

  • 登場人物に感情移入しにくい短編は現実離れなインパクトかプロット勝負なんだなと。1シーズン通してとかそれ以上に渡って楽しんでもらうのが長編、1試合で勝負するのが短編、的な。

  • どれも良い感じの作品であります。
    ただ、江戸川さんのはミステリーと呼んでいいのかなあ…
    という何とはないところがね。

  • 「戻り川心中」連城三紀彦★★
    天才歌人の心中の真相は。
    真相はふーんというレベル。ラストは確かに綺麗かも。
    「妖婦の宿」高木彬光★★★★
    意外な犯人と聞いて、思っていた通りだったが面白い。
    そして、昔の作品とは思えないほど読みやすい。
    「押絵と旅する男」江戸川乱歩★
    何が面白いのだろう?
    「DL2号機事件」泡坂妻夫★★
    そんなトンデモ理論ありか?
    「桔梗の宿」連城三紀彦★★
    情景綺麗にまとめているが・・・イマイチ。

  • 粒ぞろいの短編5作品。どれも唸るほど面白くて夢中になった。でも、こんなにレベルの高い短編ばかり集められるとあまりの内容の濃さに、他の作品を読んだときに少し物足りなくなりそう……

    連城三紀彦の2作品は既読だったが、高木彬光と泡坂妻夫の作品は、やられた感があった。素晴らしいミステリはどんでん返しが一度ではないので、アイデアを作り出した作家の力量に感服してしまう。

    そして出色は江戸川乱歩の「押し絵と旅する男」だ。これは本来はミステリの範疇ではなく、ホラーに分類される作品だと思う。北陸から戻る夜行列車の中で出会った秘密めいた男との出会いを描いた物語だが、物語の核心に入ったときの肌のゾワゾワ感はすさまじかった。あまりの気持ち悪さに総毛立った。

    来月刊行される<青>編も楽しみだ。

全10件中 1 - 10件を表示

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)の作品紹介

『このミス』選者が選ぶ、珠玉の名作短編アンソロジーが登場!約100年に及ぶ日本ミステリー史のあらゆる短編の中から、『このミス』が誇る読書のプロが選んだ十編の名作たちを、二分冊で刊行。第1弾にあたる本書「赤」には、ランキング第1位の「戻り川心中」(連城三紀彦)をはじめとする五編を収録。日本のミステリー文学を代表する名作短編が揃うアンソロジー第1弾!

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする