なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 97人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (9)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 伽古屋圭市
  • 宝島社 (2015年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800240521

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 制限された千里眼と、千里眼によって得られた情報からさらに深く推理を進める。千里眼を万能にしすぎるとミステリーにならないので、さじ加減が重要ですが、本作は良くできている思います。

  • 伽古屋さんの大正モダン×ミステリーにはまったので立て続けに読んでみました。
    「からくり探偵」も「帝都探偵」も基本的に男女のパートナーでしたが、今回主人公の女の子のパートナーは猫。
    猫のジロは過去に主人公のいろりに命を助けられ、その出来事がきっかけでいろりとだけ話ができる。
    一方のいろりはその出来事によって人の残滓を捉える能力を得、それを詳しく見ることでその人の過去や未来までわかるようになった…。
    こんな設定で、一人と一匹は四つの事件を解決していきます。

    かなり可愛らしいタイトルがついてるけど、起こる事件はどっちかというと心にズンと来るものが多く、第二話・三話では詐欺とか裏切りとかがバンバン出てくる。
    まあハッピーエンドなので重くなりすぎない感じではあります。
    事件と並行して、何だか不穏な雰囲気が話全体に漂っている感じ。
    第一話目でいろりは絹という女の子と仲良くなるけど、二話目から、いろりは絹に殺されるという未来を見るようになる。
    最終話でその夢の正体が明らかに。
    最終話では、展開上いろりと絹が入れ替わっているうえ、いろりが見たのは相棒の猫・ジロのビジョン。
    これが明らかにならない間は、いろりが時折見る「未来」において、絹がいろりを刺したという解釈になってしまう。
    なるほどこれは上手いと思いました。

    今回は主人公に男性のパートナーがいないせいか、いろりちゃんと絹ちゃんが話の間中百合百合しい。
    大変結構(笑)。

  • 主人公いろりが持つ超能力を活かした伏線が面白い。
    大正ミステリーという設定も含めて映像化に向いている内容だと感じた。

  • 大正時代を舞台にした、忠犬ではなく、なかなかの忠猫のジロといろりのミステリー小説。
    途中で大正時代の千里眼事件が出てきてびっくりはしたのですが、面白かったです。
    金平糖食べたい。

  • (収録作品)絹の人形/志津の執念/礼子の思い/絹の行方

  • 不思議なチカラをもついろりが猫のジロとともに事件解決に奔走する。いろりに不思議なチカラを授けたジロの母猫は特別な猫だったのかな?しっぽが二つに分かれているということは猫又?最終話、いろりと絹が改めて友情を確かめられてよかった。続編を期待したい。作中「帝都探偵 謎とけ乙女」の二人が出てきてましたね。続編ができたら、「帝都〜」の二人との絡みももっと見たいな。

  • レトロな時代の超能力ミステリ。軽い読み口ながら、ミステリとしての謎解き、超能力もののどきどきや超能力者の苦しみ等、さまざまなエッセンスがしっかりと楽しめます。
    個々の事件の謎解きも面白いのだけれど。やはり不吉な未来視が一番はらはらさせられました。そして最後に明かされる、そこに隠されていた数々の伏線に驚愕。うわー、すらっと読み流しちゃダメだったんだ! そしてあの状況できちんと気づいて対処したいろりはやはり名探偵というにふさわしいぞ。

  • 読んでみたら結構面白かった。

  • 大正時代、千里眼の少女、猫と会話ができる...
    なんか、ネタがなくなりすぎて「ここまで来たか」っていうような無理矢理の設定だね。
    違和感のあるところはすべて時代のせいにすればいいので、書くほうとしてはある意味楽なのかも知れない。

  • あらすじ(背表紙より)
    大正時代。日本橋にある金平糖専門店「七ツ堂」の看板娘・いろりには、不思議なチカラがあった。撫子(薄桃)色の金平糖を食べると人の記憶が視え、橙色の金平糖は過去が視えるなど、金平糖の種類によって様々な能力を発揮する。母親の形見をいらないという少女の真意、父親の仇討ちをしたいという同級生、親友の失踪…。チカラを生かし、猫のジロとさまざまな事件に立ち向かう!

全10件中 1 - 10件を表示

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

大正時代。日本橋にある金平糖専門店「七ツ堂」の看板娘・いろりには、不思議なチカラがあった。撫子(薄桃)色の金平糖を食べると人の記憶が視え、橙色の金平糖は過去が視えるなど、金平糖の種類によって様々な能力を発揮する。母親の形見をいらないという少女の真意、父親の仇討ちをしたいという同級生、親友の失踪…。チカラを生かし、猫のジロとさまざまな事件に立ち向かう!

なないろ金平糖 いろりの事件帖 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする