リバーズ・エッジ オリジナル復刻版

  • 115人登録
  • 4.36評価
    • (11)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岡崎京子
  • 宝島社 (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800242389

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 90年代の気だるげな死の香り

  • 実写映画化を前に初めて読んだ。
    90年代エッセンスが詰め込まれてるのに、古さをあまり感じなかった。中高生の頃の私がリアルタイムで読んだら刺激が強すぎたかもしれない。
    二階堂ふみと吉沢亮の実写化、俄然たのしみになってきました。

  • 前に読んだのはいつだったか。

  • 痛々しい。自分はもう、こんな世界には住めないと思うが、若き時代にちょっとした偶然があれば、と思う。20世紀末日本社会に生まれるべくして生まれた傑作だと思う

  • リリース:(茂樹さん)

  • 作中の彼・彼女達は河のすぐ傍にある空き地に転がった一人の死骸を通してのみ繋がっている。死という圧倒的なリアリティの前で、彼・彼女達は自分たちの生ですら造り物、紛い物と錯覚してしまう。虐められっ子の山田は、ガールフレンドと共に水族館へと足を運ぶが、そこで彼は、人工的に取り繕われたこの空間をひどく奇形的と感じ、そして自分の生き方もこの牢獄に囚われた大勢の魚達とほとんど同じであることに気が付く。日常という、生活の恒常性を保つために作られた人工的な空間の中で、もはや彼は生を実感することができない。そして彼は、深いプールの中を泳ぎ切った後に息継ぎするように、その死骸の元へと足を運びつづける。
     彼・彼女達の日常は、死骸が失われてから急激に崩壊していく。彼・彼女達の会話は、彼女達の本質を露わにするどころか、まるで筋違いの道案内をしてしまうように、間違った認識へとお互いをいざない、そしてその軋轢が閾値を超えたとき、お互い傷つけ合いはじめる。
     この生活空間をいくら飾っても、自然を排除しようしても、私たちと私たちの心は結局のところ自然そのものであり、ある時突然、私たちと私たちの心は無意識のうちに日常にすっぽりと穴を穿ち、お互いを滅ぼし合い始める。そんな危うさを、岡崎京子は私たちに伝えたかったのかもしれないのだな、と思った。

全6件中 1 - 6件を表示

岡崎京子の作品

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版はこんな本です

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版を本棚に登録しているひと

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする