【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段

  • 465人登録
  • 3.23評価
    • (7)
    • (46)
    • (87)
    • (13)
    • (5)
  • 71レビュー
著者 : 一色さゆり
  • 宝島社 (2016年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800250858

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #読了。初読み作家。2016年このミス大賞受賞作品。
    ギャラリストの永井唯子以外には、一切姿を現すことのない芸術家の川田無名。10億はくだらないとされる過去に描いた作品が人前に出ることになったとき、唯子は何者かに殺される。アシスタントの佐和子は、唯子の後を引継ぎ作品をオークションに出すことに。本当に無名は存在するのか、
    そして犯人は。。。
    アトリエ、ギャラリー、作家の関連性や、オークションのことなど、美術業界の仕組みが詳細に描かれている。ミステリーではあるが、犯人探しがメインとはなっていない。テンポもよく、最後まで興味を持って読めた。

  • 11/13/2017 読了。

    図書館から。

  • 読みやすくて一気に読んだ。アートの知らない世界だったので楽しめた。

  • アートとマネー。勉強になる。

  • 第14回「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。

    芸術界を舞台にしたミステリーで、近現代芸術やその舞台裏の蘊蓄は勉強になりました。
    直前に原田マハを読んだのですが、遜色はありませんでした。
    ただ、ミステリー部が軽すぎるのが残念です。
    犯人はだれ?容疑者はどこ?理由はなに?という点について、主人公が追いかけないので、ミステリー的緊迫感がないのです。
    その上、警察は役に立たず、他力本願的、棚から牡丹餅的に主人公によって事件が解決するのは手抜きすぎると思いました。

  • 「このミステリーがすごい」の第14回大賞作ということで読みました。
    好きな作家・原田マハさんのような美術ミステリーです。とは言っても難しい話ではなくて、実体をひた隠しにしている前衛作家・川田無名の作品を一手に引き受け販売しているギャラリーオーナー永田唯子が何者かに殺されたことが物語の始まり。その犯人は誰なのか、そして殺害される直前に1959年の大作がギャラリーに送られてきた意味。これらが密接に関わり展開されていきます。気軽に読める美術ミステリーとしていいと思います。

  • これが「このミス大賞」ですか・・・時間を無駄に使ってしまった。

  • 大賞受賞作品ということでハードルが上がってしまっていたかもしれない。アートものはそれだけでなんとなく情報過多になってしまうのかもしれないが、全体として盛り上がりどころにうまく乗っかれず、終わりも結構あっさり。どんでん返しとまでは言わなくても、やはりミステリーとしては「!?」っという部分は欲しいなぁと思う。

  • 犯人探しの謎解きは物足りなかったが、所在不明の画家が記号と数字だけで作品の制作を指示する現代アートの描写は面白く感じた。
    高級マンションに住んで、ブランドを身に付ける余裕があるのなら、従業員に給料を払おう!

  • 主人公はアートギャラリーで働く薄給の女性、佐和子。
    たった二人しか連絡を取れないという伝説的な画家、川田無名。
    無名にアクセスできる、一癖も二癖もあるカリスマ的存在である佐和子の上司である画商、唯子。

    そしてあるとき、無名の初期の大作がギャラリーに運び込まれた直後、唯子は殺される。
    誰が何のために。
    無名は何処に。
    この作品はどうしたら。
    何も分からない状態で佐和子は奔走する。

    風変わりな設定と、あっさりとして死の描写。
    何が謎なのかもよく分からないまま進行するストーリー。
    ミステリとしてというより、そういう小説として読むべき。

全71件中 1 - 10件を表示

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段を本棚に登録しているひと

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段を本棚に「積読」で登録しているひと

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 神の値段の作品紹介

メディアはおろか関係者の前にも一切姿を見せない現代美術家・川田無名。彼は、唯一つながりのあるギャラリー経営者の永井唯子経由で、作品を発表し続けている。ある日唯子は、無名が1959年に描いたという作品を手の内から出してくる。来歴などは完全に伏せられ、類似作が約六億円で落札されたほどの価値をもつ幻の作品だ。しかし唯子は突然、何者かに殺されてしまう。アシスタントの佐和子は、唯子を殺した犯人、無名の居場所、そして今になって作品が運びだされた理由を探るべく、動き出す。幻の作品に記された番号から無名の意図に気づき、やがて無名が徹底して姿を現さない理由を知る-。2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。美術ミステリーの新機軸!

ツイートする