研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 55人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 喜多喜久
  • 宝島社 (2016年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800253545

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/1/10 Amazonより届く。

  • 世間を騒がせた某論文捏造問題をモチーフにした化学ミステリー。
    喜多氏の作品は流行りのパターンを踏襲する売れ筋狙いが大半ですが、今回はバチスタシリーズを模したようですね。
    ただ、専門分野である化学の知識を上手く織り込んでいたので、いつもよりは楽しめたかも。

  • やっと読み終わったー!
    すごく時間がかかった…疲れた。
    安易にジャケ買いするべきではないね。
    科学に関する専門用語とかたくさん出てくるから、話がなかなか頭に入ってこなかった。
    話の内容は、あの細胞の騒動をモデルにしたんだろうなぁというのが随所にと言うか、もろにそうだろうなという感じ笑
    そう、なんで疲れたのか、これの前に読んだ本も、研究公正がテーマだったから笑

  • この論文捏造問題を題材にしたミステリは二冊目なのだけど、水鏡の方が自分には合っていたな。
    こっちは、まぁ不思議な力を持った女性が登場して解決するので、ミステリではなくオカルトだな。

  • 論文ねつ造事件をモチーフにしたと思われる作品。実際の事件とは当然異なるだろうが、なかなかにショッキングな結末だった。
    不正を糾弾していく二神冴希はなかなかいいキャラだが、テーマがテーマだけにシリーズ化はできるんだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

喜多喜久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする