5分で驚く! どんでん返しの物語 (宝島社文庫)

  • 88人登録
  • 2.96評価
    • (2)
    • (3)
    • (17)
    • (2)
    • (3)
  • 11レビュー
制作 : 『このミステリーがすごい!』編集部 
  • 宝島社 (2016年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800256294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮下 奈都
ピエール ルメー...
米澤 穂信
東野 圭吾
恩田 陸
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

5分で驚く! どんでん返しの物語 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかったぞ!

     ミステリー短編集だと思ったけど、もっと濃かった。ほろりとする夫婦愛や家族愛や友情ものが多くて、感じとしてミステリーは全体の半分くらいかな。なかにはひねり過ぎてわかりにくいというか、ワンアイデアのオチが先にある無理矢理のストーリーものも含まれるけれど、それぞれがショートショートだからテンポよく全話を楽しむことができた。

     失礼ながら、あまり有名どころとは言いにくい作家さんの集合だったけど、どれも満足。良かった。

  • 2017.9.28
    短いから仕方ないが、薄っぺらく感じた。
    それなりに楽しめた。

  • (収録作品)仙境の晩餐(安生正)/人を殺さば穴みっつ(塔山郁)/断罪の雪(桂修司)/アーティフィシャル・ロマンス(島津緒繰)/マカロンと女子会(友井羊)/闇の世界の証言者(深津十一)/記念日(伽古屋圭市)/定年(塔山郁)/幸福な食卓(喜多南)/ロストハイウェイ(梶永正史)/卒業旅行ジャック(篠原昌裕)/雪の轍(佐藤青南)/走馬灯流し(逢上央士)/パラダイス・カフェ(沢木まひろ)/かわいそうなうさぎ(武田綾乃)/冬空の彼方に(喜多喜久)/チョウセンアサガオの咲く夏(柚月裕子)/白い記憶(安生正)/葉桜のタイムカプセル(岡崎琢磨)/ある人気作家の憂鬱(島津緒繰)/隣りの黒猫、僕の子猫(堀内公太郎)/柿(友井羊)/アンゲリカのクリスマスローズ(中山七里)/世界からあなたの笑顔が消えた日(佐藤青南)/祈り捧げる(林由美子)

  • この手のアンソロジーは当たり外れが大きい。
    その中でも最初の美食家の話がよかった。

  • どんでん返しばかりを集めたショートショート・アンソロジー。

    タイトルで「どんでん返し」とネタバレしているので、驚きも無くサクっと読了。

    どのお話も短く、ミステリとしてはツメの甘さもキメの粗さあるような気がしますが、お手軽に電車の移動などで読めるので結構好きです。

    印象が薄い話が多いので二度読みしても気づかないかも・・・。

  • なんか読んだことあるお話ばかりだったような。

    それじゃどんでんも返らんわな。

  • 最後の1ページ、最後の1行にこだわった
    どんでん返しの物語を厳選。
    バラエティに富んだ25作品を収録。
    驚きの展開に…。

  • ひと駅ストーリーシリーズからどんでん返しの作品を集めたもの。読んだことあったけどオチを忘れているものが多く楽しめた。

  • 驚くほどつまらない!
    そして初版のため、驚くほど初歩的なミスあり。
    校正もだけど、初出時は⁇
    なぜ誰も気づかない⁇
    ひどい。
    つまらないし、文章もあれだし、
    暇つぶし以前に読み続けられなくてしんどかった。

  • またまた『5分で読める!』シリーズと『10分間ミステリー』シリーズからの再収録作品ばかりで構成された詐欺商法的な企画本だった。書き下ろしが1作も無く、既読作ばかり。

全11件中 1 - 10件を表示

5分で驚く! どんでん返しの物語 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

5分で驚く! どんでん返しの物語 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする