カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 484人登録
  • 3.66評価
    • (29)
    • (42)
    • (35)
    • (13)
    • (3)
  • 50レビュー
著者 : 才羽楽
  • 宝島社 (2016年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800257475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
米澤 穂信
恩田 陸
櫻部由美子
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 最初は、恋愛系でずっとお話が続くのかと思いきや....最後に碁盤をひっくり返されました。
    ありきたりなファンタジーミステリーなのかと思ったのですが、
    その中にはきちんと理由が存在していて、最初と最後が
    結びついたとき、鳥肌が立ちました。


    途中で飽きることもありましたが、インパクトは薄いものの、読んで損はないと思います。

  • 才羽 楽のデビュー作長編。

    主人公 岡部のアパートの前に見知らぬ女性が待っていたところから物語は進んでいく。

    女性は自分のことをミシェルと名乗り自分に覚えがないかを岡部に確かめる。

    ミシェル=華子は強引に岡部のアパートにに住みこむことになる。
    次第に岡部は華子に惹かれていき、華子も自分の素性を岡部に明かす展開に。


    岡部目線で進んでいた物語は途中で華子目線の物語に変り華子が岡部を訪ねるまでの経緯が分かる。

     このまま進めば華子病気のため岡部の前から姿を消すだけのラヴストーリたのだが、華子が死んだあとにミステリー全開となる!

    華子と名乗っていた女性は華子になり済ました別人で、華子の弟の彼女であり彼により岡部のもとに送り込まれた姉華子のことを忘れていた岡部に対する復讐であった。

    華子の別人である智美の岡部に魅かれていく気持ちが最後に綴られ、岡部と再会する寸前でこの本は終わる。


    かなり面白く評価5としようと思ったが、華子の弟の復讐するという気持ちが全く理解しがたく、無理やりの動機付けのような感じで納得いかなかった。

    それと、この大どんでん返しをもうちょっと別の描き方でしてくれたならもっと衝撃が大きかったであろうと思う。

    ただどんでん返しがなくとも、ラヴストーリーとしてもかなりの面白さがあったことは確か。

  • 立派な期待外れね...

  • ミステリーの要素は薄い。
    ハッピーエンドで終わりそうで良かった。

  • このミス大賞の隠し玉。
    新人のやつを何か読もうかなと思って手に取った。

    所謂ケータイ小説みたいな恋愛物ベースに、どんでん+αって感じ。
    比重としては恋愛で、しかしやりたいのはミステリの部分。
    そのため、力の入っていない(失礼)恋愛部分が多くて、それがちょっとダルかった感じ。
    恋愛部分は先述の通りケータイ小説的な感じだし、そもそも読みたいのはミステリだし。

  • 一応ミステリーなのかな。
    ただの恋愛系の小説で、悲劇のヒロインを取り巻く環境がなんかセカチュウみたいなよくある話っぽいです。

    最初から勝矢は怪しい奴でみていましたが、
    その存在がそこで繋がっていたのは、
    結構驚きでした。
    更に強引すぎだし。

    ミステリとしても恋愛系としてもイマイチですが、
    終わり方がきれいだったので、結構それだけでも満足できました。

  • 「生まれたときからずっと雨降りだったら、青空を恋しくならないのに」華子は歌を口ずさむように言う。
    「それはそうだけど」
    「暖かい場所を知るから、寒いところに行きたくなるのよ。また、それを辛く感じる。何かに期待するから、傷つく。人間は欲張りで、愚かで不思議な生き物」
    (P.241)

  • 途中まではキャッチーな恋愛小説だけど
    最後に驚きの事実が…っていうパターン。

    岡部くんと華子(智美)、華子を支える家族、
    ベビーさんが語る親子の在り方、
    駅前で歌っていた男性のエピソード等
    誰かを想うことについてふれている部分は
    感じる部分があったけど…

    タイトルでもある“計略”が明らかになったうえで
    改めてストーリー思い返してみると
    読後感は決していいとは言えない。
    期待しすぎたというのが正直な感想。
    とにかく主要人物がみんな可哀相で仕方なかった。

  • 新人とは思えない無駄の排された流麗な筆致。悲しい終幕を書き換える仕掛けは見事。終幕への伏線は重ねて張ってあり、一部は看破出来てもその全てを予測は出来ずある一行で目を止め、ページを巻き戻すことになった。

  • 衝撃的なラスト。
    二人は出合う運命だったのかも。

  • このミステリーがすごい!大賞で最終選考まで残った作品で、
    受賞は逃したものの世に出すべきと審査員に思われて、
    隠し玉として刊行されたという作品とのことです。
    大賞名からも何らかのミステリーなわけで、
    この作品も例に漏れずミステリー要素はありました。
    帯にはホワイトどんでん返し!と書いてあって、
    なんじゃそりゃ?と思ったのも購入動機であり、
    上手い煽り文句を考えたものだなぁと感心しました。

    とにかく掴みが上手いし、読みやすい。
    店頭でちょっと立ち読みしただけで、
    あ、これは買っても大丈夫だわ、と思えたので、
    そこが一番の本作、及び著者の凄さかなと思います。
    ある日一人暮らしのアパートに帰ると
    玄関の前に見知らぬ美女が居て、突然ビンタされ、
    なんだかわからぬうちに同棲するハメに…
    という、キャッチーな展開に一気に引き込まれました。

    もちろんどんでん返しの内容もかなり意表を突いたもので、
    そのどんでん返しを知ってから読み返すと
    それまでのシーンの意味合いがまるで変わってくるという
    とても面白い仕掛けでした。
    「葉桜の季節に君を想うということ」という歌野晶午さんの名作がありますが、
    あの叙述トリックを読んだ時以来くらいに
    すぐに読み返したくなった本です。
    (ちなみに乾くるみさんの「リピート」とかも読み返したくなる名作です)

    具体的な内容はネタバレになるので差し控えますが、
    とにかく読みやすく面白かったです。
    設定や動機付けに少し無理がありましたが、
    そこらへんは物語として読めば気にならない程度。
    それを補って余りある力のある作品でした。

    次作も読んでみたい作家さんですね。

  • どんでん返しはやられた感があるが、もう少し明るめが好みだな。
    2016.10.18

  • 最近、難病女子モノが流行りなのだろうか。「君の膵臓〜」よりも良いかな、と思っていたら、最後の裏切り。もう読者をがっかりさせるための工夫は良くないよね。
    2016/9/20読了

  • 読了後、思い浮かべた作品は、乾くるみ『イニシエーション・ラブ』。物語の大部分が恋愛小説でありながら、最後にはミステリだったと気付く。

    メイントリックは決してオリジナリティのあるものではないため、ミステリとしてのインパクトはそれなり。
    ただ、純粋に物語の質が高い。どんでん返しが来るまでに、何度泣いたか…。
    時折挟まれるエピソードも面白いうえに、伏線となって最後に回収される。細部まで計算されている印象。

    「ホワイトどんでん返し」「白のどんでん返し」と紹介されているが、「白に近い灰色」くらいだと思う。いずれにしろ、読後感は悪くない。

    個人的に、今まで読んできた作品のなかでも非常に楽しめた一冊。
    傑作だと思う『イニシエーション・ラブ』よりも、強くオススメしたいと思います。

  •  評価がよさそうだったので購入。
     退屈はしない展開で、最後のどんでん返しもいい感じにハマっていたと思う。
     最初の数ページを読んで気になった方は読んで損はなさそう。

  • ホワイトどんでん返しというより、静かなどんでん返し
    と言った感じです。
    華子の登場のしかたがあまりにも謎だらけだったのでどんなに大きな返しがあるのだろうと思い最後まで読みました。
    真相が明らかになってからは『アヒルと鴨のコインロッカー』みたいだなぁと思った(私と弟の章は時間軸がズレている)。
    勝也が彼女を男の家に送り込ませていたという真相は、それまでいい人だった勝也に対して「?!」と思わせるのに十分なネタ。
    ホワイトって言うより十分ブラックですな。

  • ホワイトどんでん返しというのか~

    いやいやいや、主人公後半無理あるんじゃ…
    そこ反省するとこじゃないんじゃないかなあ。自殺まで考えるほどショックなのに、いや、自分のせいだわってなるかい!

    子供のころの口約束でしょー 何歳になったら会おう、とかじゃないんでしょー 華子もたまたま思い出しただけでしょー 理不尽じゃん。怒れよ

    勝矢さん、素敵な先輩!からの狂気、は割と好き。
    なので狂った人に振り回されて死んでしまったかわいそうな主人公の話、ならば納得できたかも。(ホワイトではない)

    最後、主人公を選んだのねってのが色々ありつつもよかったねっ!ってなってしまうので、心あたたまる。
    のか?いいのか?これでいいのか?

    何が言いたいかというと、おしい!文句語ってしまうほどなんかおしい!である。

  • 前評判が大きくて、肩透かしだった感が…
    このどんでん返しがブラックでは無い事は分かるが、ホワイトである意味が良く分からない。
    とりあえず、ハッピーエンド?で良かったかな。

    2016.9.2

  • 大切な人への想いを思い出させてくれる本。そして、良くも悪くもほっこりする本。

    ちょっと、甘酸っぱく、ちょっと騙された気分になる、弱った時に読みたくなる本だと思った。

  • ほんとうの愛とは。ってやつです。
    最初のほうの、描写が少しくどい。笑

  • どんでん返しを予想しながら読んでいたけれど、予想が外れ衝撃を受けました。終盤、読む手が止まらず、一気に読んでしまいました。登場人物それぞれの想いが伝わり、心が温まり、同時に切ない気持ちにもなりました。読んだ後に表紙をみると、さらに切なくなります。

  • ネタバレのくだりがあんまり好きじゃなかったかも。感動狙いかと思いきや、あー、そっちに転んだか!って…。

  • レビューみて期待大だったけど、個人的には全然面白くなかった。どんでん返しってほどでもないような。。

  • とても良い小説でした❗
    作者の方にお会いしてみたいです。
    とても綺麗な文章でページをめくる手がとまらず、一気に読んでしまいました。
    次の作品も読みたいと思います。
    この作家さんには、ミステリーだけでなく恋愛小説やヒューマンストーリーのようなものも書いてもらいたいなと思いました。
    お薦めの一冊です。

全50件中 1 - 25件を表示

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする