神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 52人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 高橋由太
  • 宝島社 (2016年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800257581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵ものとしてもあやかしものとしても半端な話だった。ドタバタして最後に少し家族の絆みたいな感じ。

  • 就職活動に失敗して引きこもっていた神成なるかが、母親が出ていき、父親も旅に出て、借金と生活費のためになぜか父の残した探偵社で働くことになる。

    ただ、不思議な仲間が・・・猫のぬいぐるみに宿った神様とカラスの妖怪?3人の仲間のドタバタ劇。

    軽くさらっと読み終わりました。

  • 現代ものでも、神様や、妖が楽しく活躍?するのね(笑) 母親が父親に愛想をつかして出て行き、父親は旅に出ると書置きを残し、始めたばかりの探偵社を放り出して家出?! 300万円を6ヶ月で返せというような母親には思えなかったから、何かありそうとは思っていたけど、まさか、そうくるとは。 強面なのに、いい人な鬼崎さんが素敵。 ストーカー事件は、途中であの人が怪しいと気づいたけど、もっと殺伐とした動機かと。ああいう結末で本当によかった。 ぬいぐるみに憑依した神様と烏丸の掛け合いも楽しいので、シリーズ化希望♪

全3件中 1 - 3件を表示

高橋由太の作品一覧

高橋由太の作品ランキング・新刊情報

神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

就職活動に失敗した22歳の神成なるかは、父親が設立した探偵社で名目上の社員となる。ある日突然、父親はなるかに全てを押し付けて行方をくらましてしまう。一方、神社の祠の札が剥がれたことで、祀られていた神様が解き放たれ、なぜかなるかのいる探偵事務所に現れた-。父親の残した借金を返済するため、素人探偵なるかと、食欲旺盛で小憎らしい神様のドタバタコンビが事件に挑む!

神様の見習い もののけ探偵社はじめました (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする