増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし

  • 65人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤勝彦
  • 宝島社 (2016年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800257642

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
又吉 直樹
平野 啓一郎
西 加奈子
塩田 武士
辻村 深月
トーン テレヘン
西 加奈子
原田 マハ
ジェイムズ・P・...
川上 未映子
恩田 陸
村田 沙耶香
今村夏子
有効な右矢印 無効な右矢印

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「寝る前に宇宙に想いを馳せる本」として第1夜〜第7夜まで7章構成で人間が宇宙を知るためにどんなアプローチをしてきたか、占星術などの身近な話題からアインシュタインの相対性理論まで様々な切り口から分かりやすく宇宙を読み解いていくことができます。

    宇宙の始まりは何か。
    宇宙の果てには何があるのか。
    ダークマターの正体とは。
    人類が未だ答えを出すことの出来ないこれらの永遠の問いに触れ、興味は尽きません。

    10億光年先にある光を観測するということは、10億年前に生まれた光を見ることを意味していて、宇宙に関する科学とは実はとても壮大でロマンのある歴史探求なのだと感じました。

    もともとビッグバンぐらいの存在は知っていたけれど、現代の科学ではその後に宇宙が138億年の時間をかけて歩んできた歴史がかなり判明しつつあることに驚きました。
    個人的に望遠鏡や天文学者の歴史の辺りはあまり興味がなく退屈に感じたので星⭐️1つ減しています。

  • 思考が宇宙的になるので面白い。
    想像が創造を生む!

  • 人の宇宙観の歴史を紹介しつつ、最新の宇宙論まで解説してくれる。佐藤先生の語り口は巧みで、文系の自分にも理解できる(気がしてるだけなんだろうけど)。
    それにしても、光に速度があるって思えたこと、さらにはそれが有限であることを発見した人間の知的活動には驚くばかり。同じ人間なんだよね。信じられないけど。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤勝彦の作品一覧

佐藤勝彦の作品ランキング・新刊情報

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなしを本棚に「積読」で登録しているひと

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなしはこんな本です

ツイートする