持たない暮らしの愛用品

  • 107人登録
  • 2.79評価
    • (1)
    • (4)
    • (11)
    • (5)
    • (3)
  • 7レビュー
著者 : マキ
  • 宝島社 (2016年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800259240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ちゃくま
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

持たない暮らしの愛用品の感想・レビュー・書評

  • 紀ノ国屋のジッパーパックが欲しくなりました。

  • 自分がダメな人間みたいでアレなんですが、私このマキさん、好きじゃなかったんです。食わず嫌いで。
    なんか、マキさんの顔と笑顔が好きじゃなかった。それで今までこの方の本とか読んだことなかったんですが、「大人のミニマリストスタイル(いろんな方のワードローブを公開している)」を、公民館で借りて読んだとき、マキさんのワードローブがとてもステキで。で、早速これを借りて読んでみました。
    「大人のミニマリストスタイル」のほうが、個人的には好きですが、こちらも楽しく読みました。私はワンピースは着ない派ですが、いろいろ参考になります。
    マキさんは「何が何でもモノを少なく」というタイプではなく「お気に入りを、最小限に」というタイプで、・・・うーん?厳密にはミニマリストじゃないんじゃない?と思うこともありますが。
    でも、「あ!これ欲しい!」というものがあって、さっさくメモりました。

  • 持たない暮らしのこだわりを知りたくて手に取った本。持たない暮らしは、ドケチ生活ではない。この本には著者の愛用のアイテムがラインナップされているが、なかなか質の良いアイテムが並んでいる。持たない暮らしとは、金銭的に厳しいからするのではなく、余裕がある人が敢えてやるから面白く感じるのではないか。そして、結果としての心の豊かさではないかと考えた。

  • 物を減らそうと思い参考に。
    良い物を長く愛着を持って使用したいので、10年先を考えて物を選ぶ著者の考え方には共感出来ます。
    野田琺瑯とかiwakiは既に使って良さを十分に分かっているし、よく紹介されている商品で、もういいでしょ。
    あとこの手の本にありがちですが、普通に会社勤めしているとこの本に出てくるようなワードローブは何の参考にもならないし、いつでもワンピースってわけにはいかない。
    またか・・・と苦笑い。
    持たない暮らしと言う割に、かなり持ってますよね〜って印象。

  • 著者の私物紹介。
    何故それを選んだのか?が伝わってくる本。

  • 厳選した好きなものに囲まれた生活。服の趣味は異なるが、考え方は同じ。

  • メディアリクエスト
    前読んだ本の焼き直しっぽい内容。たぶん、彼女のライフスタイルにあまり共感できないのかな。

全7件中 1 - 7件を表示

持たない暮らしの愛用品を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

持たない暮らしの愛用品を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

持たない暮らしの愛用品の作品紹介

時短・無駄なし・心地いい!シンプルライフ研究家・マキさんのもの選び。

ツイートする