君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)

  • 291人登録
  • 3.61評価
    • (13)
    • (24)
    • (29)
    • (6)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 七月隆文
  • 宝島社 (2016年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800259295

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幽霊が視えるようになったぼくは地縛霊の館川小梅さんと出会う。娘が今どうしているのか知りたいけどここから動けない…そんな小梅さんに頼まれ、代わりに会いに行く。そしてぼくは知ることになる。娘の鶯さんがずっと母親を憎んでいること。そこには、娘を想う母の愛が隠されていることを。少年が幽霊たちの魂を救う人気シリーズ第2弾。せつなくて、心が温まる。

  • 子供を思うはは親たちの話

  • 主人公は色々とこの世に未練のある幽霊を助けている点(なぜかすべて女性だが)は善行を積んでいると思うが、自分のことに対しては非常に朴念仁で残念。特に義理の妹の柚に対する態度は「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえ!!」と怒鳴りたくなるぐらい酷い。ただ、死んだ幼馴染が生まれ変わると聞いたときには、少し反省した態度が見られていいのかなとも思った。続きを読みたいとも思うが、続きがなさそうなのが残念。感想はこんなところです。

  • ほんわり、暖かくなる話。

    …だけれども、少し文章がつたないのかくどいのか
    私に合わないのか時々読みづらく感じたり。
    1の時も思ったけど主人公の鈍さと
    妹の兄好き感がはやりのラノベの真似ぽくて
    なんだかなぁという印象。

    読み終わるのはあっという間でした。
    もう少しボリュームがあると嬉しいかもです。

  • 幽霊が見える少年が、霊たちの魂をすくうお話。シリーズ本で、息子に勧められて読んでみました。読みやすく、さらっと読めました。この世に思い残したことがあると、成仏出来ず、霊として苦しい思いを持ちながら、さまよい、とりついてしまう。とりついた方も、取り憑かれた方がも辛いだけ。それを少年が間に入り、霊の想いを伝え、わだかまりを解いてくれる。少年の優しさにも心が温まるお話。

  • 第二話が好き。第三話でやっとタイトルとつながった。

  • 今回は地縛霊に過去の思念、前作とは少し雰囲気が違う。
    過去の思念が悪霊化するとか…負の感情というのは怖いものなんだな。他人を好意的に見る姿勢を忘れないようにしたい。
    しかし、生まれ変わるとお盆にも帰ってこなくなるというのは、少し複雑な気持ちになるな。
    大切な人が生まれ変わって、どこかに存在するというのも、それはそれで喜ぶべきことなのかもしれないけれど、年に一度、お盆にお迎えすることが心の支えになることもあるわけで、んー、難しいな。
    柚ちゃんとの関係は明らかになったものの、スッキリしない。
    やっぱ、要らなくないかな?

  • 個人的には前作よりも今作の方が好きです。小梅さんの話はぐっと来ました。

  • 1に引き続いていた。
    それぞれのストーリー完結してて、あとから引っぱりだしてくるわけでもなく、でも、最後だけちょっとだけ過去の話が出てきたけど、それは主人公の甘酸っぱい恋だった。

  • 温かくも切ない物語二作目。今回は地縛霊や生霊等前回とはまた違った種類の話が多く、主人公とかかわりが深い人の話もあり、前作よりも、より楽しめる。最後に後日談があるところは前作同様とてもよく、満足。

全25件中 1 - 10件を表示

七月隆文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
住野 よる
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)はこんな本です

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)の作品紹介

幽霊が視えるようになったぼくは地縛霊の館川小梅さんと出会う。娘が今どうしているのか知りたいけどここから動けない…そんな小梅さんに頼まれ、代わりに会いに行く。そしてぼくは知ることになる。娘の鴬さんがずっと母親を憎んでいること。そこには、娘を想う母の愛が隠されていることを。少年が幽霊たちの魂を救う人気シリーズ第2弾。せつなくて、心が温まる。

ツイートする