珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 715人登録
  • 3.55評価
    • (28)
    • (80)
    • (85)
    • (15)
    • (3)
  • 88レビュー
著者 : 岡崎琢磨
  • 宝島社 (2016年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800263421

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "珈琲店タレーラン"の五つ目のお話は
    「鴛鴦茶がおいしくなりますように」

    この本の世界に入り込むと無性に珈琲が飲みたくなります。
    そして、いつもはおうちや電車の中で読んでいるのに
    ちょっとカフェか喫茶店にでも行って読もっかな..なんて気分にもなって。^^
    本と同じ世界の中に浸ってみる..というのも、これなら
    すぐにでもできちゃいそうで、たとえ外には出られないにしても
    おうちで淹れた珈琲の香りを楽しむことができれば
    それだけでも気分はぐ~んとアップ♪
    タレーランで起きた事件のお話を読みながら味わう美味しい珈琲。
    い~気分です。^^

    さてさて、このたびはアオヤマに初恋の人出現?!
    彼より少々年上の彼女・眞子は「源氏物語」をこよなく愛する美容師で
    何か心に秘めた悲しみがあるのか久しぶりに会ったアオヤマに
    「源氏物語」になぞらえた謎を仕掛けて自分自身に見切りをつけようとする...。

    切間美星の推理は相変わらず冴えていますね♪
    多少のことにもひるむことなく冷静沈着。

    しかしながら....私には、アオヤマという青年の人となりというか
    人柄というのか人物像みたいなものが、5作も読んでいるのに
    いつまでたってもなかなか見えてこないのです。
    なんだか人間味がないように感じられて....。
    お仕事はしていないのかしら..?
    いつもタレーランに入りびたっている遊び人??

    不思議な青年だなぁと思いながら毎回本を閉じています。

  • アオヤマさんの初恋の相手・眞子さん。切なかったわ~
    源氏物語との絡み。もう1回源氏物語読み直さないとな。

    美星さん、今回も冴えてる。冴えすぎるくらいで怖い。
    私もいくつかわかったのがあり、なんか嬉しい。
    京都にも行きたいな~

  • なるほどね。「初めは皆、願っている」か。それは真実だと思う。
    あらすじ(背表紙より)
    アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店“タレーラン”を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが…。眞子に隠された秘密を解く鍵は―源氏物語。王朝物語ゆかりの地を舞台に、美星の推理が冴えわたる!

  • シリーズ5作目。少し後味の悪く感じたのはテーマが不倫だったからなのか、それとも謎解きが今ひとつ腑に落ちなかったからか。
    源氏物語を絡ませての謎解きは面白いけど、不倫を差し引いても眞子の行動に共感できなかった。
    珈琲の話がもう少しあっても良かったかな。鴛鴦茶を飲みたくなりました。
    源氏物語をもう一度読もうかな。

  • [仮レビュー]

    予約著書・約9ヶ月待ち。

    図書館貸出:シリーズ・第5弾~京都が舞台。

    急ぎでもなかったので、気長に待ちつつも、ようやくまわってきたといった感じです。

    『珈琲店タレーラン(女性バリスタ・美星さん)』シリーズ

    第4弾までの既読レビューは以下にて。

    ※シリーズ:第1弾

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/4800200725

    ※シリーズ:第2弾

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/4800209897

    ※シリーズ:第3弾

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/4800224438

    ※シリーズ:第4弾(15.5.4)

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/4800235529

    《京都・コーヒー・源氏物語》

    この三本柱=今作の重要な要素を占める雰囲気が漂ってくる印象…

    目次をラストに引用しながら、仮レビューは、一旦このあたりで…

    *プロローグ:大きな川の流れる風景

    *第一章:少女のショートカットはなぜ魅力的だったのか?

    *第二章:猿が辻にて濡れる袖

    *第三章:ワールド・コーヒー・ツアーズ・エンド

    *第四章:コーヒードール・レゾンデートル

    *第五章:大長編は幕切れの地へ

    *第六章:嵐の夜に浮かぶ舟

    *エピローグ:この鴛鴦茶がおいしくなりますように

    *特別収録:このアップルパイはおいしくないね

  • 京都が舞台だと「源氏物語」を
    なぞるような話はあまり珍しくない。
    珍しくないが、私は「源氏物語」が好きではないので、
    最初から食傷気味。

    眞子も苦手、というか嫌い。
    粘着質で狡さ満点。
    年下の男の子の気持ちを揺さぶり、
    返信できない意味深な手紙を出す。
    私が悪いと言いながら、真実は隠す。
    最後の元気さにも違和感あり。
    不倫は実刑じゃい!!!と言いたくなる。
    あ、違いますけどね。

    なんだ、眞子は女光源氏になりたかったのか!と
    無理矢理納得。

    アオヤマくんのような人は、
    また同じような女性に引っ張られるので、
    やめといたほうがいいと思うな。

    それに、アオヤマくんはちゃんと働いているのか??

  • 2017/1/16

  • 青山さんの子ども時代が明らかになったり、確かに面白いのだけれど、子ども時代と現在が交互に出てくるので、大事な情報がなかなか出てこなかったり、登場人物がみんなミスリーディングを誘う話し方をしたりするので、読んでいて疲れてしまうのが難点。素直にほっこり珈琲を味わう話にするには、ちょっと重いんだな。

  • 美星との恋愛的な絡みが少なくて残念です。
    あの初々しさが個人的には好きだったのですが…。

    肝心の内容ですけれども。

    源氏物語をテーマに物語が進んでいきました。
    古典が苦手な私は所々すっ飛ばして読みました←

    新たな女性の登場、そしてアオヤマの過去編。
    1巻からシリーズ全部読んでましたが、考えたらバリスタの過去編だけで、アオヤマの過去編ってなかったかも。

    コーヒーの話と言うよりはアオヤマと新しい女性のお話と、源氏物語。
    コーヒー目当てで買うとちょっと物足りない気がしました。
    ただ、コーヒーにちなんで言えば…ちょっと大人のほろ苦さがある5巻でした。

  • 図書館で。
    このシリーズも結構長いんだなぁ。冒頭の一人称は前回のように今回出てきた新しいキャラだろうと思ったらアオヤマさんだった。青山さんと過去の女性と言ったお話。

    それにしても青山氏とミホシさんの関係ってなんなんだろうか… こういう微妙な距離感がお互いちょうどいいなんて思ってるとどちらかに(まあそういう出会いがありそうなのは青山氏の方かなぁ)積極的な異性が現れてそのままそちらと結ばれるとかありそうなパターン。まあこれはフィクションだしそんな事も無いのだろうけれども。

    しょっぱなのマコさんへの美星さんの追求がいつになく厳しくていや、お前そこまで言わなくても…とちょっと思うレベルだった。というかそこまで小細工するマコさんってのもマコさんだけど。まあそれを言ったら中学時代の小細工も…え?という感じだよなぁ…。こんなこと、実際にする人居るだろうか…?
    マコさんが死にたくなるほど追いつめられていたってのもなんか…うん、なんかそこまでか?みたいに思ってしまうというか… 細工と芝居が多いのでどこまでが本気なのかよくわからんなぁという印象でした。

    タレーランのコーヒーはお砂糖入れて飲んでたろうから甘くて苦いって記述がどこかに出てくるのかなぁと思ったら出てこなかった。そういう所、ちょっと不親切だなぁと思ったり(確かシリーズの最初には記述があったから読者は覚えていると思ってるのかなぁ)

    それにしても青山君はなんでああも自信満々に自説を語れるのかなぁ…(いつも間違ってるのに) 段々、このお話の登場人物たちが鼻に付いてきたのでもうそろそろ読むのはよそうかな…

全88件中 1 - 10件を表示

岡崎琢磨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店"タレーラン"を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが…。眞子に隠された秘密を解く鍵は-源氏物語。王朝物語ゆかりの地を舞台に、美星の推理が冴えわたる!

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする