珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 612人登録
  • 3.61評価
    • (25)
    • (67)
    • (64)
    • (10)
    • (2)
  • 67レビュー
著者 : 岡崎琢磨
  • 宝島社 (2016年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800263421

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 作者の好みなんだろうと思うが、このイヤミスとはまた違う読後感は読者を選ぶのかもしれないとこの巻を読んで感じた。先をある程度予想されることはしょうがないところだけども、登場人物の数や特性を考えたら「まぁそうなるよね」という結末は、なんだか少々残念。ミステリーとして興味深い点としてあげるならば、バリスタがいつの段階で何をもって気づいたかという点を後の語りで読むところかなぁ。京都好きという自分なので、この点数かなと思う。

  • 一瞬短編集かと思ったら
    大きな流れで繋がってました。
    源氏物語になぞらえてあるので、
    細々解説?付きでした。
    源氏物語ごちゃんと全部は読んでないので、
    読みやすい訳のものでいつか読めたらいいなぁと思いました。
    アオヤマと美星の関係も少し進展してる感じはありますが
    この回で、といった感じではなく。
    どちらかというとアオヤマの初恋話、ですね。
    謎が謎を呼び、面白かったです。

    コーヒー豆のストラップ、欲しいなぁ(*´∀`)

  • アオヤマの学生時代の初恋の年上の女性:眞子が登場する。源氏物語ゆかりの地をめぐりながら眞子のかかえる謎が明らかにされる。バリスタ美星の推理が冴える。

  • 源氏物語のところほとんど読んでない

  • 安井金毘羅宮が出てきたり源氏物語とからめて全体的に重く沈んだ謎でしたが、なんだか美星さんとアオヤマがすごく信頼しあっていてラストはよかったです。

  • これまでのような単純な謎解きがいいなあ~
    ちょっと残念・・・

  • なるほどね。「初めは皆、願っている」か。それは真実だと思う。
    あらすじ(背表紙より)
    アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店“タレーラン”を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが…。眞子に隠された秘密を解く鍵は―源氏物語。王朝物語ゆかりの地を舞台に、美星の推理が冴えわたる!

  • 意外性はあまりなかった。
    源氏物語について、もっと知っていたらさらに楽しめたかも。

  • そうそう、こういう作品だった
    叙述トリックこだわるね

  • ドロドロした男女の話。アオヤマの甘さが鼻につく。

  • 珈琲豆のストラップ欲しい(笑)

    正直、好きなのか嫌いなのかはっきりしないけど、珈琲大好きなのと読みやすいので続けて読んじゃってる感じ。

    巻ごとにフレーバー(アロマというべきか)がかなり異なってるので、飲み口スッキリ後味スッキリなストーリーにも期待しつつ。

  • 不倫はダメだけど…鴛鴦茶。甘く切ない…のかなぁ。
    いつも最後に心温まる話で終わるから次回作をまた期待❗️

  • 今回は不倫、浮気、離婚、DV、レイプといつもと毛色の違った重いネタが源氏物語に絡めて散りばめられており、そういう意味で面白かった。美星さんも怒り心頭だったり悲しそうだったり。

    ちなみに全然本編と関係ない最後のおまけ超短編、このアップルパイは美味しくないね、がほろ苦くて一番よかった。ご飯が美味しくないのはもう無理です。

  • シリーズ5作目。今までの謎解きとは違って、不倫や恋愛をテーマにしたもので、途中、男女の関係などについて重い気持ちになったり、こじれて新たな火種が起こるのではないかとドキドキしたり、不安に駆られてたりなど、日常の謎とは違うスリル感も感じられた。源氏物語と、男女の恋愛の謎や、それになぞらえた解き方をしていく、アオヤマたちの姿はこれまでの作品同様に良かったと思う。源氏物語というとロマンチックだという感じはするが、その中に儚いものや、ちょっとしたドロドロ劇、作中の言葉から紐解くのは違った側面で面白かった。

  • 今回は、家庭と離婚の内容に終始した巻であった。内容もなかなか面白かったが、主人公のアオヤマ氏の「初恋の相手」が、紫式部の「源氏物語」に仮託されていることが、とても印象的だった。切間美星バリスタも、相変わらずの冴えわたりである。魅力的な女性だ。アオヤマ氏の話を聞きながら、脳がフル回転していることが、とてもよく伝わってくる。かつ最後に柄にもなく厭世的なことを話すのが、推理小説ならではである。
    私は源氏物語をよく知らない。しかし、光源氏が作中、父親の再婚相手の「藤壺」と恋に落ち、姉としては歳が上だが母としては若すぎる年齢であり、結局男女の仲になるというエピソードがあることは知っている。主人公とその「初恋の相手」は十一歳離れており、そのエピソードを思い出した。重ね合わせているのか、と思わせる内容であった。

  • 今までで一番面白かったかも。源氏物語と絡めたところが良かった。

  • アオヤマさんの初恋の相手・眞子さん。切なかったわ~
    源氏物語との絡み。もう1回源氏物語読み直さないとな。

    美星さん、今回も冴えてる。冴えすぎるくらいで怖い。
    私もいくつかわかったのがあり、なんか嬉しい。
    京都にも行きたいな~

  • 11年ぶりに偶然再会した眞子の謎
    アオヤマの初恋の相手の秘密
    美星さんが見事

  • シリーズ5。連作で一つの話。謎解きだがミステリー感はないな。 2017.2.3

  • 源氏物語ミュージアムまでの道程やミュージアム自体を思い出しながら。『源氏物語』ちゃんと読んだことがないので読んでみたくなりました。「特別収録」もビター。

  • 「タレーラン」シリーズも5冊目。スケールも大きくなりました。アオヤマさん、大活躍です!!

  • 自分の苦手なテーマだったけど、まぁ美星さんとアオヤマさんの関係が最後ハッキリしたのが…したんだよね?…が良かった。コーヒー豆のストラップいいなぁ。

  • タレーラン 5巻め。

    3, 4巻がちょっと迷走状態だったが、久しぶりに元に戻った感じは良かった。

    糖分がもうちょっとあるといい。

    最後の特別収録は不要だったと思う。

  • このシリーズも久し振り。

    前作が短編だったけど、おや、今回は一冊で一つの物語か。
    あまりミステリーぽくない。犯罪を隠匿しようとしている犯人がいるわけじゃないから、まあそうなんだろうね。
    源氏物語が全体に渡って影を落としている。文学との絡みはこのシリーズでは異色。各章の後に挿入される【ある手紙】が段々源氏物語の設定に繋がっているのに気付き始めて、え、この手紙は誰が…と考えたが。

    コーヒーの薀蓄が少なかったかな。話が話だからギャグも少なかった。でも、読後感はスッキリ。
    進展がない二人と思ったが、ここで駒を進めたか。この後は続くのかな。

全67件中 1 - 25件を表示

岡崎琢磨の作品一覧

岡崎琢磨の作品ランキング・新刊情報

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする