神の値段 (宝島社文庫)

  • 211人登録
  • 3.37評価
    • (4)
    • (22)
    • (30)
    • (5)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 一色さゆり
  • 宝島社 (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800264893

神の値段 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん。好みではなかった。

  • ミステリーということでもう少しワクワク感だとか手に汗握る緊張感だとかが欲しかったのだけど、美術に特化した作品だったためか地味めであり、最後、犯人が暴かれていっても特に驚きもなかった。
    唯子以外のキャラもあまり個性もなく魅力を感じることができず残念。

  • 2017.9.19読了

  • 美術の世界の事を垣間見れる本。
    信じられないぐらい大きなお金が動く、自分には縁のない世界だけど、アート作品を収集する人たちの気持ちが少し知れたような気がします。
    ミステリーとしては、好みでなかったのか、ドキドキもハラハラもなくいまいちでした。

  • 誰が犯人なんだろうという疑問と、普段関わることのない業界に対する好奇心が合わさって最後まで目が離せなかった。
    知的好奇心がくすぐられる感じがよかった。

  • 引き込まれる筆力で、ぐいぐいその世界にどっぷり浸かりました。

    美術は全くわからなく、なんとなく好きな絵、くらいならみに行ったり、なんかすごいなーいいなーかっこいいなー可愛いなーと思ってみてたり、飾りたいとも思ったことあるけど、絵画にたいして何百億とお金をかけるお金持ちやらコレクターがいて、その絵画一つ生きるも殺すも作家よりも周りで支える人間たちがいてこそ!

    と、いう人間ドラマにも感激したし、実際にいた作家のストーリーをなぞって描いた小説らしく、事実だということにもかなりの驚き。

    世の中にはそんな人たちが存在すること自体いまの今までしらなかったよ。。。

    一色さゆり今後の作品も読み続けたい!!!!

  • ミステリー小説といつことでやはり人が死ぬ。結果は最後の数ページで一気に解決。
    アート作品の取引を崇高な芸術活動として特権化するんではなく、他の企業と同じように商品として海外に売り出すための戦略を学んだ。というのが印象的。
    価格は需給のバランスに基づいた客観的ルールから設定される。値段は本来価格のつけられないものの価値を表すためのもの。常に変動する。

  • 文章も荒削りの感
    登場人物も魅力に欠ける
    ミステリーにしなくても良かったのではと思うけど
    「このミステリーがすごい!」に
    応募したのだから仕方ない・・・

    なんて辛口コメントだけど
    それでも余りある美術への知識と情熱には感動する!

    原田マハとは違う切り口で
    アート系小説を書いてくれることを熱望する。

  • 2017.05.04

  • そういう筋書きだからしょうがないけど、アーティストがいなかったら面白かったかも。

全26件中 1 - 10件を表示

一色さゆりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
恩田 陸
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

神の値段 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神の値段 (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神の値段 (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神の値段 (宝島社文庫)の作品紹介

マスコミはおろか関係者すら姿を知らない現代芸術家、川田無名。ある日、唯一無名の正体を知り、世界中で評価される彼の作品を発表してきた画廊経営者の唯子が何者かに殺されてしまう。犯人もわからず、無名の居所も知らない唯子のアシスタントの佐和子は、六億円を超えるとされる無名の傑作を守れるのか-。美術市場の光と影を描く、『このミス』大賞受賞のアート・サスペンスの新機軸。

ツイートする