【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

  • 745人登録
  • 3.33評価
    • (16)
    • (67)
    • (100)
    • (21)
    • (5)
  • 75レビュー
著者 : 岩木一麻
  • 宝島社 (2017年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800265654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • +++
    日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は、生命保険会社に勤務する森川から、不正受給の可能性があると指摘を受けた。
    夏目から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金3千万円を受け取った後も生存しており、
    それどころか、その後に病巣が綺麗に消え去っているというのだ。同様の保険支払いが4例立て続けに起きている。
    不審を抱いた夏目は、変わり者の友人で、同じくがんセンター勤務の羽島とともに、調査を始める。
    一方、がんを患った有力者たちから支持を受けていたのは、夏目の恩師・西條が理事長を務める湾岸医療センター病院だった。
    その病院は、がんの早期発見・治療を得意とし、もし再発した場合もがんを完全寛解に導くという病院。
    がんが完全に消失完治するのか? いったい、がん治療の世界で何が起こっているのだろうか―。
    +++

    がんで余命診断された患者が、湾岸医療センターにかかると、病巣が消え去り、がんが寛解するという事実が多発していることに気づいた日本がんセンターの医師・夏目は、友人で同センターに勤務する羽島と調査を始める。がんと診断されたときに保険金が支払われる保険のリビングニーズ特約も絡み、突然退職した夏目の恩師の消息も絡み、事態は厭な感じに複雑になっていく。がんが治るという願ってもないことにもかかわらず、なにやら喜べないことが裏で行われていることは初めから判るものの、それが何を目的に企てられ、どんな手順で進められているのか、そのトリックに興味はそそられる。さらにそれだけではなく、夏目の恩師・西條の個人的な事情も絡み、思わぬ事実が明らかにされる。がん寛解の手順については腑に落ちたが、その目的に関しては、いささか消化不良な印象もぬぐえない。興味深い一冊であることは間違いない。

  • えっ?え?は?
    軽く中だるみする部分もありつつ、「そんなことができるのか!」とびっくりしたところで、ラスト、待て待て待て。思わず最初の方に戻って読み直してしまった。
    でも結局「解決した、すっきり!」とはならなかった。

  • 読みやすい。わかりやすい。面白い。

    だけど、最後の一行。
    あれ、だから何なの?

  • まあ、出て半年たつか経たないかなのにブックオフに山積みになってた段階でお察しとはいえ、何というか、もう一回読み直したくなる感皆無な感じ。登場人物のキャラが立ってない、与える被害と動機が釣り合ってない、犯人像があれなら最初の印象がもっと違っていいはず、等々引っかかっちゃって面白いとっかかりを楽しめなかった。

  • 「医師にはできず、医師でなければできず、そしてどんな医師にも成し遂げられなかったこと」
    うーむ、なるほど。そもそもはそこから始まっていたのか、狂気だな、まさに。
    けど、これくれいの狂気(的なしつこさ)がなければ医学の発展というものはないのかも、とも思ったりなんかして。
    医療ミステリは面白いな。

  • このミステリーがすごい!大賞受賞作。
    本筋とは別に驚きの結末。
    それも畳み掛けるように立て続けに。
    読み終わったあと、少し固まった。
    医療ミステリーなので少し読みにくくはあるが、難しいわけではない。
    間違っても最後のページを先に見ることのないよう、気を付けて読んでほしい。

  • このミス大賞受賞作。医学ミステリなのだけれど、それにしては読みやすい印象でした。もちろん専門的なあれやこれやは描かれているけれど。すっと入ってきやすい気がします。
    殺人事件ならぬ「活人事件」を扱ったミステリって、これは前代未聞では? 末期がんが消滅してしまった謎と、治療成績が素晴らしい医療センターに隠された陰謀。がんが身近な病気になってきた現代だからこそ、これは……恐ろしいかもしれません。いくらなんでもそれは許されないことなのでは。いくら「救済」と言ってもなあ。
    そして医学関係の謎だけではなく。ラストの展開にも愕然。え、まさかそれほどまでに……?

  • 日本がんセンター呼吸器内科の医師夏目が、生命保険会社から、不正受給の可能性を指摘されます。
    余命半年の宣告を受けたがん患者が、生前給付金3千万円を受け取った後も生存。
    その後に病巣が消え去ります。
    夏目は友人の羽島とともに、調査を始めます。
    行きついたのは、がんの早期発見・治療を得意とし、再発しても完全寛解に導くという病院。
    衝撃のラストへとつながっていきます。
    読ませます。

  • 題材、前評判の割には退屈
    途中でリタイヤ

  • 末期がんの患者からきれいさっぱりがんが消滅・・なんてあり得ないだろ~?と、最初から興味津々で食いついていきました。難しい専門用語はさらっと読み飛ばして内容はわかりやすかった。しかし、最後の2ページはどうにも気分が悪かった。医療に携わる人間が決してやってはいけないことをやってのけるなんて・・イヤミス!

  • 余命宣告を受けた患者のがん消滅の事件…
    保険金詐欺の視点からも怪しい点は見つからず、いわゆる活人事件として存在するこの謎には、大きな意図が隠されていた。
    がん消滅のトリックと意図、そこを解き明かす物語の、最終局のさらに先の種明かしがこの物語に深みを与えている。
    最後の最後で、ああそうか…となる。

  • トリックはよく練られているし、動機が次々明かされて最後は一気に読んだ。面白かった。

  • 2017.5.28.国立がん研究センターで研究職に従事しているという作者ならではの医療ミステリー。日本がんセンターに勤務する夏目医師は自らが余命宣告し、生命保険会社癌保険のリビングニーズ特約で保険金を受け取った患者四名のがんがその後完全寛解していることを知らされる。なりすましや書類上の不正が一切考えられない中、なぜそのようなことが起こったのか、がん研究者羽島、友人の生命保険会社社員の森川と真相を究明しようとする。
    新人さんらしくなかなか読みにくい作品だったが面白かった。がんとは何かということが詳しく書かれていたり、胞状奇胎の特性からくるある出来事の思いがけない話など興味がつきず大変興味深く読み終えた。

  • 癌が消滅する所謂『寛解』。癌によって死ぬ筈の人間を寛解させ保険金を得る所謂『活人事件』。医学的知識が乏しい私でも理解出来るトリックで、最後の一行まで目が離せないー!のは分かりますが、何せ会話が多いのでどこの台本だよと突っ込みたくなるわ、最後は強引に詰め込んだ感があるので星2つ。西條せんせお疲れ様でした。

  • このミス大賞受賞作。
    専門知識がない割には何となく理解できたものの、
    やはり『何となく』。
    がんが消滅するというトリック部分も『何となく』
    理解出来たような出来ないような…そんな感じだったのでトリック自体は余り衝撃を受けず。
    私が無知なせいでしょう。

    話の流れから、動機は社会的な理由からきたものだろうと勝手に睨んでいたのですが、
    思いっきり個人的な動機だったので、そこは拍子抜け。

    最後の一文には確かに驚かされたけれど、
    うーん、あれは何だかズルイ気がしてしまう。

  • 一応読んだけどビミョー
    一人一人の人物像がわかりにくい。

  • 医療や保険の知識が少々あった方がよい感じかなぁ、と。がん寛解の謎と登場人物達の人間関係の複雑さが入り混じり、最後の最後まで内容が見逃せなかったのですが、あまり気持ちの良いラストでは無かったのでスッキリした気分になれず、色々と考えさせられました。

  • ページを開いてちょっと引いた。まず字が小さいし漢字が多いのだ!男性作家ならではの構成。右脳人間の私に読めるのか・・と不安になりながら、そして案の定わかりづらい個所を飛ばしながら読み進めた。数か所飛ばしたにもかかわらず、後半からはのめり込んだ。なるほど、そんなことができるのかと感心した。NHKの「ドクターG」を見ておいてよかったなどと胸をなでおろした。この作品は良くできているが読む人を選ぶ本だと思う。医療ミステリは犯人探しはもとより「どんな犯罪を犯したのかわからない」ことが多いので感情移入しにくい部分が難点だ。映像化向きなのだろう。

  • 第15回『このミステリーがすごい!』大賞、大賞受賞作。
    だらだらと議論するシーンが多くてストーリーの起伏が乏しいのが気になるところですが、がんがタイミングよく発見されたり消えたりする謎が前代未聞ですし、トリックも巧妙。ラストの一行もなかなか衝撃的で、受賞も納得の内容だと思います。

  • 第15回このミス大賞。

    インパクトはバチスタほどではないかもしれませんが、作品の完成度の高さには脱帽です。
    プロローグのすり替わりネタでも短篇として完結しているのに、がん完全寛解のパターンをいくつも用意していることがすごいです。
    トリックは近未来的なものだと思いますので、正確には近未来SFミステリーだと思いますが、柳沢パートを含めての伏線の張り方は完璧だと思いますし、ラストのホラー的暗転も秀逸です。
    ここ最近のこのミス大賞の中では最高点のレベルたと思いました。

  • 専門的な言葉が多く用いられていて、理解するのに手間取りながらも、一気に読み進めました。

    途中、娘というキーワードが出た時に、なんとなく想像できる感じだったけど、最後はまったく思いもしない展開だった。

    だけど、人の体は大事に扱ってもらいたい。

  • このミス大賞ということで、期待して読んだ。
    登場人物もそう多くなく、会話主体で物語が進むので、読みやすく、半日で読み終わった。
    三分の1くらい読み進めたところで犯人というか黒幕が誰なのかはわかってしまうのだが、私は、どういうトリックを使ったのかよりも、なぜこの人がこんなことをしでかしたのかという興味でどんどんページをめくっていた。
    最後の1行まで期待を裏切らない内容だったと思う。

    後ろに「このミス」の選評が載っていて、登場人物に華がないとか、展開が地味だとか書いてある。たしかに華はないかもしれないけど、リアルにいそうな人物で、現実味がある。

    ただ、作者は女性蔑視の傾向があるように思う。
    現実世界の医者は男性が多いのでしょうがないのかもしれないが、登場する医者の多くが男性(女性は一人だけ)。
    保険会社の人も男性が上司で女性が部下だし、貧困患者の代表は女性で、富裕層の患者はみな男性。
    そして何より気になったのは、「がん細胞の培養に必要とされるのは、専門的知識よりも集中力や生真面目さだ。」と書き、「多くの女性は男性よりもこういった業務(がん細胞の培養)に向いているというのがこれまでの経験で到達した結論だった」と(唯一登場する)女性医師の心の言葉として書いている。
    この部分はストーリーに何も関係ないのになぜこんなことを書くのでしょう。それも、反発が少なくて済むように女性医師の意見として書くという用意周到さ。

    ストーリーが面白かったのに、残念です。
    星の数1個減らします。

  • 遊ばれているような気がした。

全75件中 1 - 25件を表示

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする