【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

  • 838人登録
  • 3.32評価
    • (20)
    • (87)
    • (121)
    • (27)
    • (8)
  • 101レビュー
著者 : 岩木一麻
  • 宝島社 (2017年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800265654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • このミス大賞ということで、期待して読んだ。
    登場人物もそう多くなく、会話主体で物語が進むので、読みやすく、半日で読み終わった。
    三分の1くらい読み進めたところで犯人というか黒幕が誰なのかはわかってしまうのだが、私は、どういうトリックを使ったのかよりも、なぜこの人がこんなことをしでかしたのかという興味でどんどんページをめくっていた。
    最後の1行まで期待を裏切らない内容だったと思う。

    後ろに「このミス」の選評が載っていて、登場人物に華がないとか、展開が地味だとか書いてある。たしかに華はないかもしれないけど、リアルにいそうな人物で、現実味がある。

    ただ、作者は女性蔑視の傾向があるように思う。
    現実世界の医者は男性が多いのでしょうがないのかもしれないが、登場する医者の多くが男性(女性は一人だけ)。
    保険会社の人も男性が上司で女性が部下だし、貧困患者の代表は女性で、富裕層の患者はみな男性。
    そして何より気になったのは、「がん細胞の培養に必要とされるのは、専門的知識よりも集中力や生真面目さだ。」と書き、「多くの女性は男性よりもこういった業務(がん細胞の培養)に向いているというのがこれまでの経験で到達した結論だった」と(唯一登場する)女性医師の心の言葉として書いている。
    この部分はストーリーに何も関係ないのになぜこんなことを書くのでしょう。それも、反発が少なくて済むように女性医師の意見として書くという用意周到さ。

    ストーリーが面白かったのに、残念です。
    星の数1個減らします。

  • 直前に読んだ『悪医』と同じく、がんをテーマにした医療小説。
    小説とはいえ、がんが消滅するとはどういうことかと興味津々。今話題の『このミス』大賞受賞作ということもあり期待したが、やたら専門用語が多く(一部説明はあるものの)、読みづらかったのが偽らざるところである。
    医療の専門家が書くゆえ、それは仕方のないことか。
    ひたすら、筋を追うことに大半の労力を使ってしまった。
    しかし、最後の一行には、ヤラレタ!と絶句。やはり、医療ミステリーだった。
    書中、主人公たちの会話で、「ねえ、結局、がんというものは何ものなの?」という問いに、「多細胞生物の定め」だという説明には、なるほどと納得。

  • このミス大賞受賞作。
    専門知識がない割には何となく理解できたものの、
    やはり『何となく』。
    がんが消滅するというトリック部分も『何となく』
    理解出来たような出来ないような…そんな感じだったのでトリック自体は余り衝撃を受けず。
    私が無知なせいでしょう。

    話の流れから、動機は社会的な理由からきたものだろうと勝手に睨んでいたのですが、
    思いっきり個人的な動機だったので、そこは拍子抜け。

    最後の一文には確かに驚かされたけれど、
    うーん、あれは何だかズルイ気がしてしまう。

  • ガン消滅のトリックはわかった。
    最後にボスが生き残り、まだ続きそうな終わり方。
    娘が嘘をついていたのがなぜわかったのかがはっきりしなかった。

  • 専門的な言葉が多く用いられていて、理解するのに手間取りながらも、一気に読み進めました。

    途中、娘というキーワードが出た時に、なんとなく想像できる感じだったけど、最後はまったく思いもしない展開だった。

    だけど、人の体は大事に扱ってもらいたい。

  • 医療ミステリーってどうしても専門用語とかが多くて、ちょっと読み進めにくいなぁという印象が拭えませんでした。
    トリック自体はなるほどーと思ったし、ラスト1行の驚愕もなかなかのインパクトだったので、面白かったんですけどね。
    引き込む力は少し弱かった様に思います。
    続編も予定しているそうなので、スッキリしなかった部分は続編に期待です!

  • 「このミス」大賞受賞作。余命宣告を受けたがん患者がその後、リビングニーズ特約で大金を受け取ったのにもかかわらず、がんが消えてなくなるという謎に、余命宣告をした医師・夏目と友人の保険会社社員・森川、そして同僚の羽島と共に立ち向かっていく。医療系ならではの難解な言葉は多いものの、登場人物が個人的に仲が良いので、会話自体に堅苦しさがなく、医療系ミステリーの割には読みやすかった。ただ、やはり謎の本質自体は、本当にそんなことが出来るのかどうか、素人では判断出来かねるので、「ふーん」って感じ。

  • 治せるはずのないがんが、消滅する理由を紐解いていくのがメインのテーマであるが、その横に遺伝子、DNAに関わる人間模様が隠されていた。

    物語の進み方としては、何回な医学用語(漢字が多い)が多用されるため、医学用語に不慣れな身にとっては、テンポよく読み進められるという訳ではなかった。
    物語の中盤からなんとなく真相がわかったような気になって読み進めていたが、最後の最後であっと驚く展開が次から次へと起こり、伏線が色々とつながっていく。

    このミス大賞ということで読んでみたが、楽しめる一冊でした。

  • 癌に関する小説を同時に(意図的ではない)読んでいて少々混乱してしまった。読み方を見直さないと...。
    癌細胞をテクニカルに掘り下げて、これをミステリーに仕立て上げたことは新境地と言える。
    浦安に住んでいるので、浦安中心に描かれていることで私個人としては日常感があった。
    癌と人間、というテーマにはほとんど触れていないことが小説としてはちょっと物足りない。
    最後にどんでん返しがやってくる。意外性はあるものの、紙面が限られてとってつけたような、唐突な印象を拭えない。

  • 医学的な話が多くて十分理解できない部分もあった。新しい切り口だとは思うけど、ミステリーの要素は薄い。

  • 引き込まれて一気読みしました。登場人物も絞られてわかりやすいです。徐々に明かされるトリック、最後にモチベーション。ちょっとした読者の思い込みも誘発されてます。
    もしかすると、専門分野の関係者がみると何か違和感とかあるのかもしれませんが、素人的にはイメージで納得してます。

  • 登場人物はごちゃごちゃしているが、トリックは斬新、というか専門知識がない者には全く思い付かない。

    前応募作のトリックを序盤で早々に使い、更に上手を行くトリックを二つ上乗せしてきたらしい。

    その甲斐はあった。

  • 医療系の小説で、特に癌に限った分野の医者や研究者が出て来るということで、特に楽しめたように思います。
    (親族に医療従事者や研究職が多いので、、、やっぱり皆さん偏屈です)
    まあ、私自身は医療従事者ではないので矛盾があってもあまり認識できないと思います。その部分のリアリティは判別できないのですが、お話として、とてもおもしろかったです。
    最後の最後まで楽しませてもらいました。なかなかない小説じゃないかなーと思います。医療についての内容も、文系の女子や保険の会社の人がいたりして質問させる形でわかりやすい説明が入ったりするので、とても読みやすかったです。サクサクっと読めるミステリー小説っていう感じです!

  • 医学用語が頻繁に出ることもなく、素人でも医療ミステリーに十分楽しめた
    どこまで現実に沿ったものかはわからないまでもゾッとする話。衝撃のラストもなかなかニヤッとさせていただきました

  • このような事が実際に行われたとしたら医者、患者、病院内の秩序・信頼関係はどうなってしまうのだろう。
    考えただけでも鳥肌が立ってしまう。
    よからぬ事を考え利用し、儲けようと考える者も現れる。
    フィクションとはいえ将来的にあり得るかもと不安がよぎる。
    そして最終章で再び衝撃が走り頭の中が真っ白に。
    医療ミステリーの中で最高に面白くドキドキする作品に出逢った。

  • 【苦しみの果てに】

    救済。

  • トリックやプロットは「がんばって考えたんだね」とは思うけど、こんなことするヤツいるか? ただのサイコパスやんけ。
    プロットを成り立たせるために、無理やり根拠の薄い行動をさせてるから全然共感できないよ。妻しかり、娘しかり、本人しかり。

    これを大賞とせざるを得ないあたり、このミスも相当厳しいな・・・もうやめていいよ。

  • 題材としてはとても興味深く、面白そうだなぁって思ったけど・・・
    専門用語が多すぎてわかりづらい。

  • 治療不可能な転移性の肺がんが治ってしまう謎を中心とした医療ミステリー。作者は医療関係者ではあるようだが、医師ではない。話がどこまで現実的に可能かよくわからないが、最後のトリックはこれかなと思うもので(小暮さんたちの方がわかりにくい)あまり驚きはなかった。それよりも、いろいろ盛りすぎ。登場人物のキャラクターは悪くないかなと思ったが、話がいろいろありすぎて、キャラクターが薄いまま。話もちょっとかなり非現実的な印象が否めない。動機についてもどうなんだろう。いわゆるいやミスの部類に入るのではないか。こんな医者は存在してほしくないし、こんな終わり方は後味が悪すぎる。最後の「お父さん」は完全にやり過ぎ。

  • 医療ミステリーは難しくて でも、面白い
    癌で人をコントロールするなんて、おぞましい
    人物の内面がよく分からなかった
    これでそこまでするかなあと
    ラストは「えっ!」

    ≪ 癌は 人を変えるよ 内側で ≫

  • 末期ガン患者が4人連続で完全寛解した奇跡の謎を追うミステリー。
    医療関係者にしか書けない内容で、ガンをコントロールすることで社会を支配するという発想は面白かった。
    ただ、ガン治療の専門知識を解説するため、説明がくどくなりがちで、謎解きのすっきり感が失われてしまったのは残念だった。
    また、チーム・バチスタシリーズほどのキャラクターや会話の面白さはなく、海堂尊には及ばないと感じた。

  • 読書記録です。まだの人は読まないでね。

    ラストに向かって、怒涛のように繰り出されるナゾの解明に一気読みしていまいました。
    医療のことはよくわからないけど、プロが読めば「ありえない前提」になるかもしれないけど、素人が読んだらそういうこともできちゃう医療の進化があるのかもしれないって思わせる内容かも。
    素人にもわかりやすく「がんがなぜがんなのか」とか、「治療の選択や方法」をわかりやすく説明しているので、専門用語いっぱいでもすらすら読めてしまいました。
    DNAの親子関係最強。やっぱ、頭のイイ人からは頭のイイ子どもが生まれるのね~
    夏休み、宿題できなくても、もう少し冷静でいようとあきらめた凡人の私…

  • 癌に関する専門知識を問われそうだが、むしろ素人である方が楽しめるのかも。癌消滅なんてありえん、その裏に隠された陰謀とは…。自分なりに考えていた謎解きの中で、三分の一が当たっていた、というのは喜べるものか。

    深刻な問題なのに軽妙に感じるのは、友人同士の会話のテンポの良さ、プラス先生の飄々とした風貌(想像上)のせいだろうか。ともかく、難しい専門用語をとばしても内容が頭に入ってくる、ちょっと奇妙な読書となった。

    さて。続きがあるような終わり方なので期待しているが、本作があまりにも奇想天外だったのでトーンダウンしないのを切に望む。

  • このミス大賞受賞作

    生命保険のリビングニーズ保険金を受け取った後、ガンの影が消えたシングルマザーの調査をする(保険金支払い期間が極端に短かったため)保険会社の調査員。

    ありえない確率で末期ガンの患者が寛解するのを不思議に思って医師たちと一緒に調査を進め、とんでもない事実にたどり着いた。

    医学用語が多く難しいところもあったが、登場人物が少なくてストーリーも分かりやすく面白かった

    実際にこんな事ができたら恐ろしい。

    そして最後の一行にはびっくり

    再発転移する可能性が少ない初期のガンがすぐに転移し

  • 教唆になったらと思うと怖い。

全101件中 1 - 25件を表示

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする