【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

  • 574人登録
  • 3.42評価
    • (13)
    • (35)
    • (59)
    • (10)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 岩木一麻
  • 宝島社 (2017年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800265654

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 直前に読んだ『悪医』と同じく、がんをテーマにした医療小説。
    小説とはいえ、がんが消滅するとはどういうことかと興味津々。今話題の『このミス』大賞受賞作ということもあり期待したが、やたら専門用語が多く(一部説明はあるものの)、読みづらかったのが偽らざるところである。
    医療の専門家が書くゆえ、それは仕方のないことか。
    ひたすら、筋を追うことに大半の労力を使ってしまった。
    しかし、最後の一行には、ヤラレタ!と絶句。やはり、医療ミステリーだった。
    書中、主人公たちの会話で、「ねえ、結局、がんというものは何ものなの?」という問いに、「多細胞生物の定め」だという説明には、なるほどと納得。

  • 秘密は、知っている人間の2乗に比例して漏洩リスクが高まる。二人なら4倍、3人なら9倍、10人なら100倍。

    医師以外のスタッフを含めればかなりの人間が手術に携わらうわけですから、その全員に包み隠さず秘密を打ち明けてしまうと機密保持は極めて困難になる

  • 医学用語が沢山で難しい本だった。もっと意外な展開を期待したが、思いのほか普通な最後。
    でも、読み終わった後これが現実に起こったらとんでもない完全犯罪が成立すると、怖くなりました。そういう意味で星4つです。

  • 医学用語が満載で難解な部分もあるが、非常に面白く、謎解きを楽しむことができた。ラスト一行を楽しみに、ゆっくり読むといいと思う。

  • がんが消滅する!?医者から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、生前給付金特約保険で3千万円を受け取った後も生存していて、しかも、その後、がんそのものが綺麗に消えているという事例が4件立て続けに起きている、、、って、こんな大風呂敷を広げた謎が興味を引き付けます。保険金詐欺だろうか、、って、頭しかない私にとっては、医学用語が多く、この大風呂敷はそうそう簡単には読み進めません(笑)。 なんとなく黒幕は最初から黒幕オーラを出している感じですが、どうにか話について行って、最後のひと言、、そうだったんですね(笑)。今後に期待の一作でした。

  • 話題になっている本なので期待して読んでみました。

    なるほど、なかなかよく練りこまれた作品で、最後まで飽きることなく一気に読むことが出来ました。

    謎解きの部分はもう少しあっというような展開を期待していたのでちょっと残念なのと、多少展開に粗い部分もありまますが作品全体の完成度は高いと思います。

    今後の作品が楽しみな作家ですね。

  • 医療系の小説を久々に読んだが、専門用語など多少とっつきにくい部分もあったが面白かった。癌が消滅したことに関するトリックが明らかになっていく様は、癌がなぜ消滅したのか、通常ならありえないだろうことが起こり、それが謎の解明に繋がっているのだと感じる。リビングニーズ特約のこと、癌の特効薬のこと、双子ならではのことを逆手にとって巧みに操り、周りを騙した❓こと、癌治療などに関するトリックが巧妙に使われていたのは面白く読めた。癌は身近な病気であり、治療も日進月歩なので、完全寛解を目指して欲しいなと感じる読後。

  • 医療ミステリーではあるが、新しい感じがした。かなりの専門知識を駆使して納得させてしまうような所がある。キャラクターの味が薄い感はあるが、隠された謎に惹きつけられ読んでいく。最後の1文のどんでん返しは、びっくりしたが、だから何?という気がした。

  • 医療ミステリーってどうしても専門用語とかが多くて、ちょっと読み進めにくいなぁという印象が拭えませんでした。
    トリック自体はなるほどーと思ったし、ラスト1行の驚愕もなかなかのインパクトだったので、面白かったんですけどね。
    引き込む力は少し弱かった様に思います。
    続編も予定しているそうなので、スッキリしなかった部分は続編に期待です!

  • 実は好きな医療ミステリーもの。
    出版に当たりオリジナルから改題されたタイトルは最近の新書並みにベタ過ぎてちょっと引くけれども、設定や掴みは充分アトラクティヴで、読み易さも抜群だ。
    ただ大枠のカラクリは中盤に至るまでに凡そ想像がつき、端緒となる黒幕の動機付けについても説得力が乏しいと感じた。
    さらに登場人物のキャラクター描写とダイアローグ部分に関しても弱いのでは、とか、終盤の大展開も一気に苦しくなったなおい…、などと思いはしたのだが、実際に医療に携わってきた著者だからこそ綴れる、リアルな癌治療の現場が放つ惹起力に敬意を表して、甘めの星4つ。
    私自身、そろそろ40半ばの声を聞こうかという今のタイミング、大きな病気も他人事じゃないぞと切迫しつつある時に読んだという点も大きかったのかも。

  • がん消滅の方法については面白く読めた。医学用語が結構多いが、それぞれに説明してありさきの視点ぐらいが一般的なレベルでわかりやすい。
    人間関係の複雑さがかなり混ざり合っていて、最後の方はここもか!!っていう部分に驚かされた。羽島とえりかの関係、先生の親子関係。宇垣先生との親子関係はここもか!って思った。

  • 余命半年の宣告を受けたがん患者が、生前給付の保険金を受け取った後も生存しているばかりでなく、がんが消滅するという案件が続発する。この不可思議ながん消滅ーー殺人事件ならぬ「活人事件」はどうして起こっているのか。
    このミス大賞受賞作ということで期待して読んだ作品。
    医療ミステリーにありがちな説明調の展開に加え、登場人物のキャラに今一つ魅力が感じられないうえ、肝心のミステリーと呼ばれる部分の真相が雑多な感じがするところが残念。
    ラスト1行の驚愕も狙ったのだろうけど、これも何だかよくわからなかった。
    トリックや動機にも無理があるような気がするが、選考委員が絶賛しているからいいのかな~。

  • このミス大賞受賞作の医療ミステリー。これは傑作。良くぞこんなトリックを思い付いた。

  • 913
    3/9の選書ツアーにて購入

  • 『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。
    末期がんが完全に消滅した!? しかも、半年のうちに4人も...。日本がんセンターの医師・夏目の目の前で、有り得ない事態が生じていた。がん患者たちに、一体何が起こっているのか?
    実際に国立がんセンターの研究者だった著者が放つ本格医学ミステリー。

    とても凄い作品だとは思うけど、素人っぽいあらが目立つのも確か...。
    地の文の視点が揺れていて、小説としては読み進めるのに時間がかかること。キャラクターが立っていないので、誰にも感情移入できないし、際立った魅力も感じないこと。会話だけで物語が進むため、躍動感に欠けること。

    ただ、医学ものはある程度専門知識がないと、説得力が生まれない。その点は抜群のリアリティーがある。知識ももちろんだけど、現場にいた人だけが描ける空気感みたいなものも。

    いろんな欠点があっても、この作品が大賞を受賞したのは、その懸念を超える魅力があったということなのだと思う。それは、医療の世界の現場感、そして数あるジャンルの中でミステリーを書こうという気概、か。
    これから著者がどのように推理小説を創作していくのか、見守りたい。

  • だいぶ細切れに読んでしまったので物語に入り込めていない部分はあります。医療に関する専門的な話がてんこ盛りなので理解しづらい部分もあります。なので――時間が出来たらもう一回読んでみたいと思います。

    多分、面白いんだと思います(^_^;

  • 面白いけどグッと引き込まれるほどのものはなく…。
    大賞受賞だし、最高の~なんて押し文句に釣られて読んだけど、続編あっても読むかどうか…。

  • これは大森望さんほめすぎでしょ。確かにがん消滅というメインの謎は魅力十分だけど、「史上最高レベルの医療本格ミステリー」などと絶賛されると、逆にあら探ししたい気持ちになってしまう。

    トリック一発!という感じではなく、層を重ねた作りであるところはいいけれど、「真相」がわりとあっけない。それに、それはちょっと不自然では?ということがあってすっきりしない(「彼女」が誰だかずっとわからなかったこととか、最後に出てくる「実験」ってバレずにできるものなのかとか)。

    この分野ってどうしても海棠尊と比べてしまう。デビュー作から確固たる世界があった海棠尊ってたいしたものだなあと思った。

  • 面白かった。バチスタを思い出させる医療ミステリーだった。最後の一言には驚かされた。

  • 医学的には面白いが、全体的に人物像がイマイチなのだ。

  • 成る程。
    これは確かに医師でないと書けないな。
    詳しい説明はわかったようなわからないような? だったけど興味深かく読みました。
    こういう事って、実際やろうと思えばできちゃうんだろうね。
    恐いな。

    ただ、(この話の中の状態での)ガンの寛解は、絶対ないとは言いきれないがまずあり得ない と言い切られてしまうのはツライものがある。

  • 最終的には思いもよらない結果でしたが、
    それに至る経緯は、なんとなく上滑り感。

  • トリック今までに無い

全39件中 1 - 25件を表示

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする