女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)

  • 16人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : はまだ語録
  • 宝島社 (2017年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800269409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 将棋への愛は確かに感じられるが,ミステリィとしての重厚さはなく,ゆえに物語としての深度も感じられない.そもそも三度殺された理由が女流棋士であるが故では全くない,という点からして物語が崩れているではないか.

  • 襲われた謎を明かしていく、って話なんだけど‥腑に落ちなかったな。感情移入ができなかったからかな。
    将棋に関する話もあったけど、分かりにくかったな。将棋好きなら分かるのかな。

全2件中 1 - 2件を表示

女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女流棋士は三度殺される (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする