もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

  • 921人登録
  • 3.38評価
    • (15)
    • (30)
    • (55)
    • (6)
    • (6)
  • 68レビュー
  • 宝島社 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800271105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
森見 登美彦
恩田 陸
スティーヴン・ガ...
ヨシタケ シンス...
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらの感想・レビュー・書評

  • この本には「カップ焼きそばの作り方」についてが書かれている。それ以上でもそれ以下でもない。何ら実用性はないし、深い洞察があるわけでもない。
    (はじめに)

    本当にカップ焼きそばの作り方しか書かれていない(笑)
    太宰治や夏目漱石、村上春樹などの文豪から池上彰、尾崎豊、デーブ・スペクターにヒカキン。更には週刊文春や国語の過去問、求人広告、まさかのInstagramまで。
    元ネタを知らないとただのカップ焼きそばの作り方だが、知っていたら脳内で綺麗に再生されるほど素晴らしいカップ焼きそばの作り方になる。
    全然嬉しくないけど本の最後には、それぞれのメーカーのカップ焼きそばの作り方がそのまま記載(笑)
    大人が真面目にふざけた本でした。

    よし、とりあえずお湯を沸かそう。

  • ああ、なんかもう絶対バカ本だってジャケットや帯で分かりすぎるくらいにわかる!
    だけど、こういう本つい買っちゃう。
    むしろ好きだったりする(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

  • ★★★★☆
    ワロタ。ごひいきの作家さんがいる方にオススメ。
    焼きそば買いに走り出す。
    小・中の本棚にはちょいとオトナな表現がポロポロあるので、むいてない。
    (まっきー)

  • これを学術書と言っていいのか困るのですが、とりあえず学術書と言っておきます。

    様々な作家の文体(文章)でカップ焼きそばの作り方についてただひたすら書いている本です。
    まず、表紙開いて目次見ただけで吹きだしますよね。これ。
    紀貫之から星野源まで。あげくはユーチューバーまで…。っていうか、紀貫之とか反則じゃないですか?土佐でカップ焼きそば日記とか、もうどうしようもないですよね。

    日本の作家だけではなく、海外のドストエフスキーとかもカップ焼きそばの餌食になっています。コナン・ドイル氏のシャーロックホームズの本は読んだことがないのですが、わずかな事実からカップ焼きそばを食べたということまで考えぬいたホームズ氏の推理力をすごいと思いつつも、コナン・ドイル氏はこのなぞ解きをカップ焼きそばではなく、違うものでひたすら文章にしたのか。と思うとちょっと読んでみたくなったものです。

    個人的には志賀直哉と太宰治が好きですね。元の文章が好きという点ではほかの作者もいるのですが、志賀直哉の小難しい文章でカップ焼きそば作っておいて、「作者は此処で筆を擱く事にする」とか、もうね!!志賀直哉様バンザイ!でした。
    ちなみに太宰治は元の文が羅生門でした。是非読んでください。

    全体的にカップ焼きそばの作り方が軽い感じなので、逆に重厚な文章の方の方がギャップで笑ってしまうのかもしれません。カップ焼きそばからかけ離れていればかけ離れているほど笑える気がします。また、ところどころにある田中圭一氏の二重の意味でのパロディを見れるのが本当に楽しいです。
    人前で読むのにはあまりお勧めしない本です。(吹き出すから)

  • ツイッターで話題になっていたときに感心して読んでいました。本になったのでまとめて読みたいと思い手にしました。おちゃらけてはいますが、私はひとつの文体紹介の本だと思って興味深く拝読しました。登場人物は文豪だけではありません。なんといっても村上春樹、江戸川乱歩、町田康などがいいですねぇ。タイトルも凝っていますよ。そうそう!この人ってこういうフレーズ、言い回しするよねぇ~とくすっと笑えます。優れた作家はそれなりのスタイルを持っている、大袈裟に言えば文学的美学を持ってるということでしょう

  • 最後に各カップ焼きそばのレシピが付いていますが、メジャーなのは3分。
    本文中は5分になっていたのはなぜ?

  • ‹オビより›
    「切実に馬鹿だから、なんかもう泣けてくる。」
    太宰治、村上春樹、星野源…ネットで大反響の文体遊戯!
    100人の多彩な文体で綴るフタ、かやく、湯切り…

    ーーー
    さまざまな”文豪”や”思想家”、”小説家”、”俳優”などが、「カップ焼きそば」の作り方を書いたら、というtwitterではじまった?ことを書籍にした本。
    カップ焼きそばを作る、「蓋をあける」「かやくとソースをとりだす」「かやくを入れる」「湯を沸かす」「湯を注ぐ」「待つ」「湯切る」「ソースと混ぜる」「食べる」というステップを、それぞれの作家だったらどのように感じ、また書くだろうか、という試み。
    「あとがき」の部分にもあるが、レーモン・クノーの『文体練習』に近いイメージの本です。
    特別、「何かが得られる」という本ではありませんが、「たしかにこの人だったらこういうことを言いそうだな」と思わせる文章や絵(漫画家のパロディもあり)で、フッと笑わせられます。
    疲れているときなどにオススメ。
    ただ、それなりに掲載されている作家の文章を知らないと、笑うポイントもわからないかもしれない、という点で、きっと万人が無条件に楽しめる本ではないのだろうなと感じます。

  • ネットで評判になったのですね
    ほんと、ばかばかしくて楽しい
    うんそうかもなんて納得したりニンマリしたり
    知らない人もいたけれど楽しんだ
    単に文豪だけでなく週刊誌とか、笑ってしまった
    カップ焼きそば久しく食べてないよなあ

    ≪ 馬鹿の本 楽しく笑って 馬鹿になる ≫

  • 文体って不思議なもので、うまく説明はできないけど、たしかに存在する。
    週刊文春のネタは読みながら妙に感動してしまった。

  • なんかクスッとなる感じ。

  • 企画として面白い。
    知らなかった作家で文体が気になる作家は調べてみると、新しい出会いもある。
    ただ、性的描写や偏った表現もあり、子どもには勧められない。

    気に入った表現は、
    p17「完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」(村上春樹 風)
    p22「しずかさや 部屋にしみいる すする音」(松尾芭蕉 風)

  • ちょっと期待し過ぎた。
    軽く浅く、あまり似てもいないし笑えないし。途中でやめました。

  • 請求記号:913.7/Kan
    資料ID:50088044
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • おもしろーい。こんだけ書き分けられるのすごい。単純にすごい。

  • 発想力の勝利。
    文体に著作権は?という派生記事も面白かった。

  • クノーの「文体練習」や背後で爆発音がして振り返ったネットまとめみたいなのを期待するとがっかりする。
    ただの「誰それっぽい文章の一部をやきそばにしてみた」だけ。ほとんどが碌にカップやきそばの作り方も書いてないし。
    千円を捨てても気にしない余裕と暇がある人だけにおすすめ。

  • 朝読書で読んでいますが、毎日いろんな文章表現に出会えてすごく面白いです。頭を空っぽにしたい朝の10分はいいです。ただ、立て続けに読むような本ではありません。毎日少しずつ。カップ焼きそばができるまでの5分がベストかな?

  • 2017年9月10日に紹介されました!

  • 先に読んだ「ダジャレヌーヴォー~新しい駄洒落~」を書いた石黒謙吾さんが企画・プロデュースしている本、最近話題になっているとのことで購入しました。

    タイトル通り、カップ焼きそばの作り方について著名な文豪やミュージシャン等の文体を模倣(100パターン)しているの本。中身はそれだけですが、それぞれの特徴をよくつかんでいること・同じことを伝えるにしてもその方法(文体)で随分違ったものになるなと感じました。表現活動は自分がこうしたいということがはじめにありますが、受け取る側の反応もあるわけで、双方向で考えていくことが大事だなと改めて思いました。

    すぐ読めますよ、みなさんもぜひどうぞ(^^)v。

  • 知っている作家の作品が多ければ、もっと楽しめたかも。

  • おそろしくくだらなく、だがしかし、うますぎる。

    特徴つかみまくり。

    わらった。

  • 少し前にTwitterで話題になっていた文体模写を集めた本。確かにこんな感じで書きそうだな、と思えて笑える。雰囲気が似てるんだろうな。文豪ver.は予備知識がないと楽しめないかもしれないが、週刊文春や暮らしの手帖なんかの文体模写もあるので、様々な角度から楽しめる。暇つぶしにさらっと読んで、くすりと笑うには丁度良い。前に買った、「【至急】塩を止められて困っています【信玄】」に通ずるものがありますね。

  • 王様のブランチで紹介されたの?
    この前、
    池袋の壬生に行ったときに、
    新装開店したヴィレッジヴァンガードに行ってきました。
    シールとか、
    携帯ケースとか、
    悩みに悩んだんですがあっさり買ってしまったのがこれ。


    「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」
    パラパラ読んだらそこそこにおもおしろかったんで衝動買い。
    暇潰しになるかなって買ったんですがその日は割と暇がなくって、
    昨日と、
    今日で読み切ったっす。。。


    かぐりんが気になったところだけな。
    「太宰治」
    人間失格のパロディやな。
    つまり、
    作家「太宰治」の文体を模倣してるのではなく、
    人間失格をパロッてるだけ。


    「村上春樹」
    エレベーターの階数表示?
    どこでカップ焼きそば作ってる設定なんだ?!
    村上春樹さんは湯切りが下手なイメージ?


    「コナン・ドイル」
    外国人の書いたものってなんか回りくどい感じがしませんか?
    そういう意味ではコナン・ドイルかと聞かれると困るが、
    外文っぽくはある。


    「松尾芭蕉」
    文豪?
    歌人ではなく?


    「漫才」
    人ですらなくなった。。。


    「池上彰」
    文豪?
    文豪どころは作家でもない。
    つか、
    劇団ひとりに、
    東ちづるに、
    土田晃之の人選って・・・。


    「相田みつお」
    予想つきませんか?


    「夏目漱石」
    と、
    本宮ひろ志が夏目漱石を描いたらを田中圭一が描いたらともども、
    くだらん笑


    「週刊文春」
    ゲスってキーワードでネタというか、
    元ネタが分かるのもどうかと思うよね。


    「シェイクスピア」
    ロミオとジュリエットのパロ。
    あの回りくどさがこうなるのかって関心。


    「イケダハヤト」
    つか、
    消耗って使えばイケダハヤトだと思ってませんか?
    もしくは、
    高地とかnoteとか。。。


    「小林よしのり」
    小林よしのりさんをやるんなら、
    マンガで表現して欲しかったなぁ。。。


    「西尾維新」
    西尾維新さんって読んでみたいんですよね。
    オススメってありますか?


    「週刊プレイボーイ」
    「君」を「クン」にすればいいと思ってる?


    「稲川淳二」
    怖くなるよねぇ。。。
    つか、
    もうそういうイメージしかないよね。
    元お笑い芸人ですかね?


    「西野亮廣」
    偏ってる感じがする、すべてにおいて。。。


    「俵万智」
    もう、
    サラダ記念日しか知らない笑

     
    「松浦弥太郎」
    こういうのを意識高い系っていうのですか?
    かぐりん的には1番めんどい人。


    とりあえず、
    買う必要はないかな?
    ヴィレッジヴァンガードで立ち読みして、
    おもしろかったら買えばいい。
    気になったのは、
    「湯切り」なんですよ!
    そんなに湯切りって難しい?
    そんなに湯切りって失敗する?
    そんなに湯切りって大事なことなん?

    昨日読んで、
    今日読み終わったんですが、
    眠い。
    さっき食べっちゃいました!



    変な時間に炭水化物取ると眠くなる。。。
    おやすみなさい。。。

  • もし文豪たちが「カップ焼きそばの作り方を」書いたら、というよりは、
    もし「カップ焼きそば焼きそばを作る場面がある物語を」文豪たちが書いたら・・・
    のほうが内容的にはしっくりくる本ですが、
    面白い。

    学生のころ、「原稿用紙に、大作家の小説をただ書き写すだけで勉強になる」と言われたけど、
    それをしてなくても、登場人物がいかにもだったり、小道具が凝っていて、ニヤリとさせられてしまう。

    いや、読んでない作家さんだとその面白さが半減してしまう。未読のものは是非、代表作なりを読んで、またこっちも読んでみたらもっと面白いのではと言いたい。

  • 今日、図書館で、ネット予約してた、この本を借りた。

    『1973年のカップ焼きそば』を読んで、少しだけ笑った。

    吉本隆明、蓮實重彦、村上龍×坂本龍一『EV cafe』のカップ焼きそば文章に笑う。
    コレ、いつの時代の文章だよ?かなり古いよね?
    とくに、『EV cafe』の、村上と坂本の、シッタカブリの偉そうな物言いは、ホントにうまく再現してるよね。
    作者は、どうして、こんな古い文章知ってるんだろ?

    星新一とか椎名誠も、おもしろかった。

    終わりの方に出てくる村上春樹風文章はデキがイマイチだったな。

全68件中 1 - 25件を表示

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらに関連する談話室の質問

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする